平均何日ずれる?赤ちゃんが出産予定日通り生まれる・遅れる確率

木漏れ日を浴びる妊婦

この記事の読了時間は約 5 分です。

出産予定日を過ぎても陣痛が来ない…

「出産予定日を過ぎたのに、まだ陣痛来ないの……。」と、いつになるかわからない出産を目前にドキドキするママの話はよく聞きます。

わたしは、妊娠35週を過ぎてから予定帝王切開を告げられたため、再設定した予定日通りに手術をするだけだったのですが、自然分娩の場合は胎児の成長に応じて陣痛が起き、子宮の準備が整うまでは分娩を行えません。

そのため、出産予定日が近づいてくるとドキドキしっぱなしです。入院の準備を整え、持ち物チェックをし、外出を控え、気持ちを落ち着けるために瞑想をしたり、頭の中で陣痛のシミュレーションしてみたり……。

そんな状態を何日も過ごすので、出産予定日を過ぎても陣痛が起こらないととても心配になります。

そこで今回は、出産予定日通りに赤ちゃんが生まれる確率はどれ位なのか、出産予定日から遅れたり、早まったりのズレは平均何日位あるのかについてお話したいと思います。

正産期と出産予定日

赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくない時期は、妊娠37週0日から41週6日までの35日間で、この時期を「正産期(せいさんき)」と言います。

ちなみに、出産準備が整う月という意味で「臨月(りんげつ)」を使うこともありますが、臨月は妊娠36週0日から妊娠39週6日までの28日間のことなので正産期とはが違います。

正産期と臨月の違い
正産期|出産に適した期間(妊娠37週0日-妊娠41週6日)
臨月|出産に適した妊娠月(妊娠36週0日-妊娠39週6日)

もちろん、妊娠37週以前に産まれる早産児、妊娠41週以降の過期産児もいますが、赤ちゃんの最適な成長を考えると正産期に生まれる子が圧倒的多数です。そのため、出産予定日もこの正産期のどこかになります。

出産時期の名称
流産|-妊娠妊娠22週6日
早産|妊娠22週0日-妊娠36週6日
後期早産|妊娠34週0日-妊娠36週6日
正期産|妊娠37週0日-妊娠41週6日
過期産|妊娠42週0日-

出産日の平均は妊娠何週何日?

では、実際に赤ちゃんが生まれる出産日の平均は、妊娠何週何日目なのでしょうか。

湘南鎌倉総合病院が、2001年元旦から2005年9月末日までに扱った初産婦の自然分娩1563件のデータによると、正産期のどこで生まれた赤ちゃんが多いかがわかります。

赤ちゃんが産まれる正産期の平均日

出典|出産予定日に生まれる確率はどれくらい? [妊娠の基礎知識] All About

上記棒グラフは、正産期の35日間における出産数を表しています。

妊娠37-38週は徐々に出産数が増え、妊娠39-40週ごろがピークに達し、妊娠41週で徐々に出産数が減っていることがわかります。

この正産期の出産数のデータを妊娠週数で分けると、以下の円グラフの比率になります。

赤ちゃんが産まれる妊娠週数

妊娠37週|3.7%
妊娠38週|12.5%
妊娠39週|30.8%
妊娠40週|34.9%
妊娠41週|18.1%

妊娠39-40週で、65%の出産が行われています。というわけで、正産期だけの出産に限ると、赤ちゃんが産まれる妊娠週数(在胎週数)の平均は「妊娠39週3-4日(妊娠277-278日)ごろ」だと予測できます。

出産予定日通り生まれる確率・遅れる確率・早まる確率は?

次に、出産予定日通りに赤ちゃんが生まれる確率ですが、上記同様、湘南鎌倉総合病院のデータを用いたAll Aboutの記事によると、1563件の中で出産予定日に生まれた赤ちゃんは99件、つまり6.3%だけとのことです。

参考|出産予定日に生まれる確率はどれくらい? [妊娠の基礎知識] All About

たしかに、正産期だけでも35日間という広範囲に出産日が分かれているため、出産予定日通りに出産できることは珍しいことは予測できます。

ちなみに、プレママタウンのアンケートでも初産婦2175人に出産予定日と実際の出産日のズレを聞いていますが、結果は以下の通りです。

出産予定日と実際の出産日

出典|出産予定日|プレママタウン

予定日よりも2週間以上早かった|14.5%
予定日よりも1週間以上2週間未満早かった|17.0%
予定日よりも1日以上1週間未満早かった|25.8%
予定日通りの出産だった|5.6%
予定日よりも1日以上1週間未満遅れた|23.1%
予定日よりも1週間以上2週間未満遅れた|10.8%
予定日よりも2週間以上遅れそうになった|3.2%

出産予定日通りが5.6%なので、湘南鎌倉総合病院のデータ(6.3%)と大きな違いはありません。

出産予定日より1週間未満の早い出産が25.8%、1週間未満の遅い出産が23.1%のため、予定日を起点として半数近く(45.5%)が1週間以上も出産予定日からズレていることがわかります。

100%-(25.8%+5.6%+23.1%)=45.5%

また、出産予定日から遅れるよりも、若干早まる傾向があることもわかります。

このアンケートから読み取ることはできませんが、出産予定日よりも2週間以上早い出産は妊娠37-41週より早い早産の可能性があり、出産予定日よりも2週間遅い出産は過期産の可能性があります(予定日から2週過ぎると過期妊娠)。

どちらにしても、出産予定日通り赤ちゃんが生まれる確率は「6%前後」しかなく、95%近くの赤ちゃんは出産予定日と出産日がズレているということです。

出産予定日は目安に過ぎない

上記データを見ると、出産予定日はあくまでも目安に過ぎないことがわかりますね。

初産婦は経産婦に比べて子宮が収縮しづらく、出産予定日より遅れ気味になると言いますが、上記のデータを見る限りは「その傾向はみられない」と言えます(誤差はあると思います)。

また別のデータも探してみますが、初産婦が出産予定日よりも遅れ気味になるというよりは、経産婦が出産予定日よりも早く生まれやすいという方が正しいのではないかなと(個人の感想です)。

「出産予定日から何日ズレても問題ないか?」「妊娠何週までズレても良いか?」は明確にはできませんが、上記の確率からわかる通り、出産予定日から1-2週間遅れる出産は珍しくありません。

大切なことは胎児の成長具合です。多少早産気味、過期産気味でも、医師は胎児が順調に成長している状態で最適な出産日を判断してくれます。そのため、胎児の成長具合を予測する推定胎児体重はとても重要です。

もちろん、妊婦健診で胎児や妊婦の身体に心配な兆候があれば医師から説明がありますし、反対に妊婦自身が不安なことや、身体に違和感を感じたらすぐに医師に尋ねるべきだと思います。

その結果、母子ともにとくに異常がなければ、出産予定日を過ぎても焦らずにもう少しだけ辛抱しましょう。

焦らし上手な赤ちゃんもなかなか可愛いじゃないですか(^_^;)