離乳食は生後4・5・6か月のいつから?開始時期の目安とサイン

初めて離乳食を食べる赤ちゃん

この記事の読了時間は約 5 分です。

離乳食はいつから始めるもの?

赤ちゃんが生後4か月を過ぎたころに、親から「もうそろそろ、離乳食の準備しなきゃダメよ!」と言われた人はいませんか?

「あれ?離乳食って生後6か月になってからだから、まだ先のはずなんだけど……。」

さて、今の育児では離乳食は生後6か月から、また、余裕を持って生後7か月から始めても問題ないと言われています。以前は、以下のように言われていましたが、現在この考え方は否定されています。

・出産後6か月以降の母乳は栄養価が下がるため、生後5か月から離乳食を与える方が良い
・生後7か月を過ぎてから離乳食を与えたのでは、咀嚼力を付けるのに遅すぎる

世界保健機関(WHO)では、生後6か月までの赤ちゃんは母乳摂取のみを推奨しています。そのため、焦って離乳食を開始する必要はありません。

参考|妊娠中および授乳期の食品安全と栄養|世界保健機関 (WHO)

もちろん、赤ちゃんの成長速度には個人差があるため、「離乳食を始める時期も、一概に生後何か月とは言えないんじゃないの?」と思う人がいても当然です。では、赤ちゃんの離乳食を始める適切なサインはあるのでしょうか。

今回は、赤ちゃんが離乳食を始めるためのサインと見極めポイントについてお話したいと思います。

離乳食を始める平均的な時期

さて、WHOが離乳食開始時期を6か月以降としていることはわかりましたが、近年の日本の平均的な離乳食の開始時期はいつごろなのでしょうか。

少し古い資料ですが、「平成17年度乳幼児栄養調査結果」から作成された「授乳・離乳の支援ガイド」によると、昭和60年、平成7年、平成17年の比較で離乳食の開始時期と完了時期は以下のように推移しています。

離乳食の開始時期と完了時期

出典|離乳食の進め方 – 厚生労働省

平成17年度の離乳食開始時期の割合
3か月未満|0.4%
3か月|4.2%
4か月|10.9%
5か月|47.6%
6か月|28.6%
7か月以降|8.3%

昭和60年の離乳食開始時期で最も多いのは生後4か月で34.9%、平成7年になると生後5か月で43.5%、平成17年になるとさらに生後5か月が増えて47.6%、また、生後6か月も28.6%まで増えています。

離乳食を開始する適切な時期は、以前よりも遅くて良いことが一般的に認識されてきているということですね。

これに伴い、厚生労働省では平成19年の「授乳・離乳の支援ガイド」から、離乳食の開始時期を「生後5か月になった頃」から「生後5,6か月頃」と変更しています。

離乳食を始めるサインと見極め方

わたしたちは、離乳食開始時期についてあまり神経質になる必要はなく、WHOの提言通り生後6か月間は母乳育児をすれば問題ありません。

ただ、新しいことを始めるときは何となく自分自身が納得できる区切りが欲しくなる人もいますね。そのため、赤ちゃんに以下のサインが見られたら、離乳食を始める1つの目安だと考えましょう。

離乳食開始の目安1.よだれがよく出るようになる

赤ちゃんは離乳食時期になるとよだれ(唾液)が多く出るようになります。唾液は、消化作用と自浄作用を持っています。

消化作用は、よだれ中のアミラーゼという酵素でデンプンをブドウ糖に分解し吸収しやすくします。自浄作用は、口内の食べ物や残差を洗い流して、菌の定着を防ぎます。

離乳食開始の目安2.お座りができるようになる

飲み込むことが難しいため、寝転がったまま離乳食を食べさせるのはいけません。そのため、赤ちゃんの首がすわって、自分で身体を起こしていられるようになれば、離乳食開始の目安になります。

もちろん、支え無しでお座りができていると、離乳食を食べさせることがより楽になります。赤ちゃんのお座り時期は、早い子で生後5-6か月ごろです。

お座り時期の目安
生後04-05か月未満:0.5%
生後05-06か月未満:7.7%
生後06-07か月未満:33.6%
生後07-08か月未満:68.1%
生後08-09か月未満:86.3%
生後09-10か月未満:96.1%
生後10-11か月未満:97.5%
生後11-12か月未満:98.1%
生後12-13か月未満:99.6%

離乳食開始の目安3.ママの食べるマネをする

赤ちゃんが食事をするママの姿や口元をじっと見たり、ママの真似をして口をパクパク動かしたり、飲み込む仕草をしていれば、食べ物や食べることに興味を持っていると考えられるため、離乳食開始の目安になります。

離乳食開始の目安4.食べ物を見せると口を開ける

赤ちゃんが食べマネをすることと同じように、赤ちゃんに食べ物を見せると口をあーんと開ける場合も、食べる行為に興味を持っているため、離乳食を始める目安の1つと考えて良いでしょう。

離乳食開始の目安5.押し出し反射がなくなる

赤ちゃんが母乳を飲むために備わっている哺乳反射の中には、舌に乳首や哺乳瓶以外の固形物が触れるとそれを押し出そうとする「押し出し反射」という反射行動があります。

生まれたばかりの赤ちゃんにとって、固形物は異物です。そのため、異物を飲み込んで窒息しないように押し出し反射が起こります。押し出し反射の消失時期は生後5-6か月ごろで、押し出し反射がなくなる時期は離乳食を開始するサインの1つです。

離乳食の開始時期で大切なこと

上記のように、赤ちゃんの離乳食開始のサインと時期の見極め方はいくつもあります。これらの離乳食開始のサインは、赤ちゃんの成長を見極めるうえでも、とても大切なことです。

ただ、赤ちゃんのよだれが多くなったからといって生後4か月前に離乳食を始めることが適切とは言えませんし、生後8か月を過ぎてお座りが安定しないから、もう少し離乳食を待とうというものでもありません。

赤ちゃんは、固形物を受け入れられるように胃腸の機能も成長しますが、それは赤ちゃんの外見の様子からは見極められません。

そのため、まずは生後6か月を離乳食を開始する目安と考え、その他のよだれやお座り、押し出し反射の消失などを合わせて見ることで、ママ自身が納得して離乳食を始めれば良いと思います。

離乳食が始まると、ゴックン期、モグモグ期、カミカミ期、パクパク期など、月齢による目安で離乳食の状態や回数も変わります。次回は、離乳食の時期の区分についてお話します。