正産期・正期産・臨月の意味の違いは?いつから?過ごし方は?

眠っている生後間もない赤ちゃん

この記事の読了時間は約 4 分です。

臨月は出産に適した時期?

妊娠でお腹が大きくなって、もうすぐ赤ちゃんが生まれそう!という時期を「臨月(りんげつ)」と言いますね。

臨月の時期になるとお腹の張りがあって苦しくなったり、腰がやたら重くなったり、食欲が旺盛になったり、実際に体重が増えたり……など色々な体調の変化があります。

また、もうすぐ生まれる赤ちゃんのことを想像してボーっとしたり、入院準備の心配をしたり、授乳やおむつ替えの予習をしたり、出産後の生活を考えたりなど、気持ちがふわふわして心が落ち着かない時期でもあります。

ところで、臨月は一般的に出産に適した期間と思われていますが、一体いつからいつまでのことを言うんでしょうか。

「正産期と臨月の時期はいっしょ?正産期?正期産?あれ……どっちだっけ?」とこんがらがっているママもいるかもしれません。

そこで今回は、正産期と正期産と臨月の違い、出産前の過ごし方についてお話したいと思います。

正産期(せいさんき)とは

正産期と正期産と臨月の違いを明確に理解したいなら、まず正産期から押さえた方が良いでしょう。

正産期とは、「妊娠37週0日から妊娠41週6日まで」の5週間の期間を言います。「生産期」ではありません。

WHO(世界保健機関)は、正常に妊娠して出産をした妊婦の妊娠期間の統計を取り、最終の生理開始から出産に至った日が280日間(妊娠40週0日)になると定義しました。

正産期の妊娠37週0日から妊娠41週6日という期間は、WHOの出産の平均が妊娠40週0日であるということが反映されたうえで、医学的に決められているものです。

そのため、正産期は胎児の成長状態から最も出産に至りやすい時期であり、正産期で自然に出産を行えることは、母子ともに出産リスクが低い時期だとされています。

正期産(せいきさん)とは

正期産とは、「妊娠37週0日から妊娠41週6日まで」の正産期に赤ちゃんを出産することを言い、正期産で産まれた赤ちゃんを「正期産児」と言います。正規産ではありません。

正期産と正産期は、同じ文章内に使われていることもあるため間違えやすいのですが、正産期は「正しい(ちょうど良い)出産を行う期間」、正期産は「正しい(ちょうど良い)期間で行う出産」と覚えましょう。

正期産に対して、妊娠42週0日以降の出産を「過期産(かきさん)」と言い、妊娠22週0日から妊娠36週6日に行われる出産を「早産(そうざん)」と言います。

また、早産のうち妊娠34週0日から妊娠36週6日に行われる出産を「後期早産(こうきそうざん)」と言います。まとめると、以下のようになります。

出産時期の名称
流産|-妊娠妊娠22週6日
早産|妊娠22週0日-妊娠36週6日
後期早産|妊娠34週0日-妊娠36週6日
正期産|妊娠37週0日-妊娠41週6日
過期産|妊娠42週0日-

ちなみに、出産予定日から2週間以上過ぎた状態を「過期妊娠(かきにんしん)」と言います。

臨月(りんげつ)とは

臨月とは、「妊娠36週0日から妊娠39週6日まで」の4週間の期間のことです。

臨月は出産に適した期間という意味で、正産期よりも一般的に使われる用語ですが、たとえ臨月の妊娠36週6日で赤ちゃんが生まれたとしても、医学的には早産ということになります。

臨月の「臨(りん)」には、「その場、その時に直面する。」という意味があります。臨の意味通り、出産直前ということですね。そのため、昔から出産を予定する月という意味で臨月が使われています。

また、臨月と正産期を混同してしまう人は、臨月の名前を見てわかる通り「月」が付くため、出産に適した妊娠月数を表すと考えてください。つまり、妊娠36週0日-妊娠39週6日は「妊娠10か月目」だということです。

正産期と臨月の違い
正産期|出産に適した期間(妊娠37週0日-妊娠41週6日)
臨月|出産に適した妊娠月(妊娠36週0日-妊娠39週6日)

正産期と臨月の過ごし方の違い

正産期は妊娠37週0日から妊娠41週6日まで、臨月は妊娠36週0日から妊娠39週6日までと微妙に期間が違いますが、正産期と臨月の2つの期間で意識することや過ごし方の違いはとくにありません。

妊娠9か月ごろ(妊娠32週-35週)には前駆陣痛が始まるため(早い人は妊娠30週ごろ)、妊婦はそのころから少しずつ出産に向けた心と体の準備を作っていきましょう。

もちろん、可能なら正産期の出産が最も適していますが、正産期は出産に適した期間というだけで、必ずしも正産期に出産しなければ健康な赤ちゃんを生めないということではありません。

ちなみに、出産予定日と実際の出産日は9割以上がズレます。以下のプレママタウンのアンケート結果を見る限り、出産予定日よりも多少早めにズレることが多いようです。

出産予定日と実際の出産日

出典|出産予定日|プレママタウン

予定日よりも2週間以上早かった|14.5%
予定日よりも1週間以上2週間未満早かった|17.0%
予定日よりも1日以上1週間未満早かった|25.8%
予定日通りの出産だった|5.6%
予定日よりも1日以上1週間未満遅れた|23.1%
予定日よりも1週間以上2週間未満遅れた|10.8%
予定日よりも2週間以上遅れそうになった|3.2%

赤ちゃんを早く生みたいという気持ちの焦りが、お腹の中の赤ちゃんに伝わってしまうのかも……(^_^;)

ただ、前述した通り前駆陣痛が始まったり、妊娠9か月に入ったら、臨月や正産期の違いは気にする必要はありません。もうすぐ出産があることを意識して、医師の指導に従った規則正しい生活をするように心がけましょう。