出産が帝王切開の確率は?予定帝王切開と緊急帝王切開の割合

手術室で握手

この記事の読了時間は約 5 分です。

帝王切開の割合は全分娩中20%

わたしは、2人の子供を帝王切開で産みました。妊婦当時のわたしは、自分が帝王切開で子供を産むとは思っておらず、医師から帝王切開を告げられたときはショックでした。

なぜなら、「帝王切開=母子の生命の危険」というイメージがあったからです。きっと、同じ様に思っている人も少なくないはずです。

妊娠中の妊婦や子供が欲しい人にとって、帝王切開は身近に感じないかもしれません。ところが、帝王切開の割合は年々高まっており、現在産まれてくる赤ちゃんの約20%が帝王切開で出産されています。

帝王切開娩出術の割合の年次推移

出典|平成26年(2014)医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況|厚生労働省

厚生労働省の平成26年の統計情報によると、一般病院の分娩46,451件中11,543件(24.8%)、一般診療所の分娩38,765件中5,254件(13.6%)、合わせて85,216件中16,797件(19.7%)が帝王切開での分娩になります。

つまり、5人に1人……帝王切開は珍しい出産方法ではありません。

「えっ?帝王切開が頻繁に行なわれるほど出産って危険なの?」という話しではありません。近年行なわれる帝王切開は、一般的なイメージよりもずっとポピュラーで、相対的な母子のリスク軽減のために行なわれる出産方法です。

そこで今回は、帝王切開が増えている理由と予定帝王切開・緊急帝王切開の割合についてお話したいと思います。

帝王切開とは

帝王切開とは、通常の経膣分娩を行うと母体や胎児に出産リスクがあると医師が判断した場合に、母体の腹部を切開して子宮から直接赤ちゃんを取り出す出産方法を言います。

帝王切開は、妊娠経過において経膣分娩が難しいと判断した場合に計画的に行う「予定帝王切開(よていていおうせっかい)」、早産の時期(妊娠22週-36週)や経膣分娩中に母体や胎児にリスクが生じた場合に緊急で行う「緊急帝王切開(きんきゅうていおうせっかい)」に分かれます。

予定帝王切開とは

予定帝王切開とは、逆子や胎児発育不全(FGR)など、妊娠中の母子の状態によって経膣分娩が難しいと医師が判断した場合に、なるべく妊娠36週以降で元々の出産予定日よりも前に手術の日取りを決めて、切開手術による分娩を行うことです。

緊急帝王切開とは

緊急帝王切開とは、胎児ジストレスや臍帯異常、回旋異常、胎盤早期剥離など、妊娠中や分娩中の母子の状態が極めて危険な場合に、緊急で切開手術を行い胎児を取り出す分娩方法のことです。

予定帝王切開と緊急帝王切開の割合

帝王切開の割合は、前述した通り約20%ですが、予定帝王切開と緊急帝王切開それぞれの割合はどれくらいでしょうか。

全帝王切開件数中の緊急帝王切開の割合

出典|クォリティ・インディケータのデータ公表の意義と課題|公益財団法人日本医療機能評価機構※リンク切れ
※データ元は厚生労働省の社会医療診療行為別統計

この資料を見る限り、2006年の緊急帝王切開の割合が38.5%のため予定帝王切開の割合は61.5%、2011年の緊急帝王切開の割合が40.0%のため予定帝王切開の割合は60.0%だということがわかります。

出生数からそれぞれの人数を割り出すと、2011年の出生数は約105万人で帝王切開の割合が19.2%であるため、緊急帝王切開で生まれた赤ちゃんは約8万人、予定帝王切開は約12万人ということになります。

2011年の出生数に対する分娩状況
自然分娩など|約85万人(81.0%)
緊急帝王切開|約8万人(7.6%)
予定帝王切開|約12万人(11.4%)

帝王切開が増加する理由と問題

予定・緊急にかかわらず、帝王切開の割合が増えている背景には母子のリスク軽減があります。医療技術が進歩して「この状態なら帝王切開の方が安全に出産できる。」と判断する医師が増えたためです。

緊急の出産のリスクが軽減される代わりに、帝王切開は開腹手術によるリスクや感染症・合併症などの問題もはらでんいます。

産科医の赤岩明医師はブログの中で以下のように述べています。

実は、リスクのある妊娠や、危険とされる兆候が出た時に、このままで大丈夫なのかの判断がつかないため、予防的に帝王切開が行われているということです。妊婦とその家族も「危険性があるなら無理をせず帝王切開でお願いします」となりがちです。不確実に不都合な事実が示されると安全策を選びたい、不確実な状況を早く終わらせたい、となるのは自然の流れです。

引用|帝王切開が増える本当の理由 日本の産科医療2020年問題 – 現役産科医の視点

つまり、帝王切開が増えている理由として、さまざまな状況・環境の中で経腟分娩を行う経験や知識が欠如した医師が増え、安易に帝王切開を行う医師が増えつつある側面も考えられるということです。

帝王切開の心構え

テレビドラマなどでよく見る「まずいっ!すぐに手術に切り替えるぞ!」というのは、緊急帝王切開のことです。

もちろん、緊急帝王切開でも母子の状態に差はありますが、医師が判断するならおそらく緊急なのでしょう。そして、緊急帝王切開の多くは分娩中に行なわれるため、妊婦の心構えは難しいでしょう。

反対に、わたしのように逆子などで予定帝王切開を行なった人はどうでしょうか。

妊婦の大半は、自分が帝王切開で出産するとは思っていないためショックを受けます。お腹の中の赤ちゃんに申し訳ない気持ち、自分を責める気持ち、手術を怖いと思う気持ちなどが湧きます。

たしかに、帝王切開の中には適正と言えない手術もあるでしょうし、開腹手術のリスク・合併症のリスクも考えられますが、母子の緊急リスク軽減を考えるならば、ある程度は仕方がないのでしょう。

そのため、手術を怖いと思う気持ちはあっても、お腹の中の赤ちゃんに申し訳ない気持ちや自分自身を責める気持ちを持つ必要はありません。

世の中には、「自然分娩で赤ちゃんを産むことこそ尊い。」と思う人もいますが、最終的に母子が無事に出産できれば良いのです(少し寂しい気持ちはあります)。

経膣分娩にしろ帝王切開にしろ、産みの苦しみ(帝王切開は産後の苦しみ?)は味わいます。たとえ帝王切開でも、気を落とさずに健康な赤ちゃんの出産に意識を集中しましょう。

その他の出産方法の種類や割合などは、以下を参考にしてください。