わたしの産後脱毛症が長引いた原因、治った抜け毛が復活した原因

髪の毛を気にする女性

この記事の読了時間は約 7 分です。

ようやく産後の抜け毛が治ったと思ったら…

「1……2……3……今日も100本超えた……。」と出産後に抜け毛で悩む女性は多いですよね。

お風呂の排水口がやたら早く詰まったり、朝起きて枕にモサっとついた抜け毛に驚いたり、髪の生え際の頭皮が目立つようになると、「このまま更年期に突入するんではなかろうか……。」とさえ思ってしまいます。

このように、出産後に起こるひどい抜け毛の症状を「産後脱毛症(さんごだつもうしょう)」と言います。

抜け毛の原因は、主に妊娠中に過剰に分泌されていた女性ホルモンが減少するためです。ただ、多くの女性は産後6か月以内、長くても1年で抜け毛が止まり、心配が解消するはずです。

ところが、産後1年以上経過しても、髪の毛にボリュームが出ないまま抜け毛が続く人もいます。

また、1度治った抜け毛が、しばらくして再発することもあります。わたしも、産後2か月から3か月近く抜け毛が続き、ようやく治ったと思ったら、数か月後に抜け毛が復活しました……。

そこで今回は、産後脱毛症が長く続く原因、抜け毛が再発してしまった原因とその対処法についてお話したいと思います。

産後の抜け毛が長く続く原因と復活した原因

産後脱毛症は、女性ホルモンによって髪の毛のヘアサイクルが揃って休止期に入るために起こります。そのため、産後の抜け毛は誰にでも起こり得ます。

ただ、一定時期がすぎればヘアサイクルは成長期に入って、また毛量が増え始めます。ところが、抜け毛が長く続く人や抜け毛が再発する人には女性ホルモン以外の原因も考えられます。

原因1.育児によるストレス

産後の育児ストレスが溜まると、自律神経が乱れて交感神経(活動神経)の働きが優位になることで血管が収縮します。血管が収縮すると頭皮の血行が悪くなってしまいます。

髪の成長に必要な栄養は血流によって運ばれるため、血行が悪くなると髪の毛の栄養が不足します。その結果、髪の毛の細胞の成長が止まったり、髪の毛を留める細胞が弱くなり、抜け毛が増えてしまいます。

原因2.無理なダイエット

抜け毛と並ぶ産後の悩みの1つが、産後太りですよね。妊娠中に油断して食べすぎた人は、骨盤を元に戻しつつダイエットをがんばろうと思うものです。

ところが、産後は体力が落ちているうえに、食生活やホルモンバランスが乱れて食欲不振になることも多く、結果的に十分に食べられない時期が多い人もいます。食事で十分な栄養を摂取しないと髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛が増えてしまいます。

原因3.睡眠不足

出産すぐから生後3か月ごろまでは、赤ちゃんの授乳が昼夜問わず不定期にやってきます。そのため、ほとんどのママがこの時期は睡眠不足になります。

夜中の授乳時期が過ぎた後も、赤ちゃんの黄昏泣きや夜泣きが始まり、6か月……1年……と寝不足が続くママもいます。

睡眠中は副交感神経(休息神経)の働きが優位になるため、全身の血管が拡張して血流が良くなります。ところが、睡眠不足が続くと交感神経が優位になり、血管が収縮した状態が続いて血流が悪くなってしまいます。

つまり、睡眠不足は体力を奪い、ストレスが溜まるだけではなく、血流も悪くなることで結果的に抜け毛の原因になってしまいます。

原因4.年齢的な要因

女性の生毛密度(平方センチメートルあたりの髪の毛の本数)は、30代前半をピークに徐々に毛髪量が減少し始めます。さらに、髪の毛の太さも40代前半をピークにどんどん細くなっていきます。

年齢と毛髪の本数
年齢と毛髪の太さ

出典|花王株式会社|セグレタ|女性の抜け毛

近年は高齢出産が増えており、30代後半-40代前半の出産も珍しくありません。そのため、産後と年齢の条件が重なることで、より抜け毛が増える可能性はあります。

原因5.母乳育児

妊娠中、とくに妊娠初期から中期にかけて、抜け毛や髪のパサつき、切れ毛が増えるのは、髪の毛に栄養が行き渡らないからです。

髪が栄養不足になる理由は、妊娠16週ごろまで子宮拡大や胎盤形成に大量の糖を使うからです。そのため、低血糖が起こったり、糖を運ぶ血流が増えて、貧血を起こすこともあります。

同じように、産後に抜け毛、髪のパサつき、切れ毛が増えるのは栄養不足のためですが、その理由は産後の授乳、つまり母乳育児をするためです。母乳を生成している間は血液がおっぱいに集中するため、髪の毛にまで栄養を供給する余裕がありません。

原因6.体質・肌質の変化

シャンプやトリートメントは、体質によって合う・合わないがあります。これは髪の毛ではなく、頭皮・肌に合うか合わないかです。

前述した通り、産後の髪の毛は、栄養不足によって抜け毛や髪のパサつき、切れ毛が増えます。さらに、エストロゲンの減少によって肌環境が変わることで、地肌が乾燥して皮脂が増えてしまいます。

そのため、妊娠前は気にせず市販のシャンプーやトリートメントを使っていた人も、妊娠・出産で体質が変わると、いつものシャンプーが頭皮環境に合わないため、髪の毛のトラブルが起きます。

原因7.頭皮トラブル

もし抜け毛に伴って、頭皮のかゆみや湿疹・炎症などが見られる場合は、何らかの頭皮トラブルが起こっている可能性があります。

この場合は産後の抜け毛とは直接関係はありませんが、前述したとおり体質が変わったことでシャンプーやトリートメントが肌に合わなくなってしまった可能性はあります。

原因8.何らかの疾患

抜け毛の原因には、内臓の機能疾患や甲状腺機能の低下なども考えられます。

抜け毛に悩んだら診察を考える医科

単純に産後の抜け毛が半年以上など長く続いている、また産後脱毛症が治った後に抜け毛が再発する場合は、女性ホルモンの作用以外で抜け毛が増えている可能性があります。

そのため、抜け毛が長く続いたり、再発した場合は、産後脱毛症ではなくストレス性の脱毛症、または別の疾患が関係した抜け毛の可能性も疑って、早めに医師に相談しましょう。

一般的に、産後脱毛症が疑われる場合は婦人科に診てもらい、頭皮トラブルが疑われる場合は皮膚科に診てもらいます。また、内臓や甲状腺機能の疾患が疑われる場合は内科を受診してください。

と言っても、抜け毛の状態だけを見ても、どのようなトラブルが起こっているかはわかりません。そのため、まずは婦人科で診察してもらい、現在の抜け毛の症状を細かく話しましょう。

もちろん、産後の抜け毛にしろ、抜け毛の復活にしろ、頭皮や髪の毛のトラブルが気になる人は、栄養バランスが良い食生活を心がけ、適度な運動と十分な睡眠を摂るなど、生活習慣の改善努力も忘れないでください。

また、体質が変わったことを自覚して、頭皮に刺激が少なく、自分の肌質に合ったシャンプーも探してください。おすすめは、髪の毛に必要な成分を含んだ無添加シャンプー、スカルプシャンプー、ノンシリコンシャンプーです。

シンスボーテは、100%天然素材で作られた「オーガニックシャンプー・トリートメント」のヘアケアセット(各300ml)で、海藻ミネラルのサクランの他、バオバブオイル、ツバキオイル、カミツレエキス、ツボクサエキスなど多くの天然素材を含んでいます。

⇒シンスボーテの「オーガニックシャンプー・トリートメント」公式サイト

海藻ミネラルで外から栄養不足を補い、ヒアルロン酸の10倍の保湿力をもつサクランが髪を保護することで、抜け毛、パサつき、切れ毛を防いで、頭皮環境を整えます。公式サイトのみ初回半額(5,800円→2,900円)、送料無料で購入できるので、試してみましょう。

わたしの産後の抜け毛が再発した理由

冒頭でお話した通り、わたしは産後脱毛症期間が3か月続き、治まったと思った抜け毛が数か月後に再発した経験があります。

寝起きで、枕につく髪の毛が増えていることは、気づいていました。当時は子育ての生活習慣にも慣れて混合育児にしていましたし、ご飯も食べていました。また、寝不足気味でしたが体調も悪くはなかったはずです(産後太りはおいといて)。

至った結論は、「仕事の再開を検討したから。」でした。元々子育てが落ち着いたら、職場復帰はするつもりでしたが、いざ具体的に子育てとの両立を考えたときにストレスになったのかも……。また、当時は夫も仕事で揉めていた時期で、将来の不安を感じていたのかもしれません。

とは言え、妊娠前はストレスで抜け毛はなかったはずなのに、出産後はストレスで抜け毛が増えるなんて……。同じように、体質の変化によって、長く続く産後脱毛症や抜け毛の再発に悩む人は少なくないはずです。

家庭環境は、出産で大きく変わります。家族は大人中心から子供中心の生活スタイルになり、出費も増えます。自分の時間は子供に取られますし、子供がいることで人付き合いも変わります。

わたしの抜け毛は、すぐに仕事復帰しなかったこと(?)で、徐々になくなっていきました。今は仕事もしていますし、ストレスがあっても抜け毛は増えていません。このように、産後は些細なことに影響を受けるため、産褥期だけでなく、最低1年は心身ともに注意が必要です。

産後の女性の抜け毛と同じ時期に、赤ちゃんも抜け毛、薄毛が気になる場合があります。こちらも大抵は心配はいりませんが、気になる人は以下を参考にしてください。

⇒シンスボーテの「オーガニックシャンプー・トリートメント」公式サイト