子供の名前で迷う…音の響き・画数・漢字の意味などの名付け方法

赤ちゃんの名前を決める方法

この記事の読了時間は約 6 分です。

赤ちゃんの名付け方法はたくさんある

結婚したばかりの夫婦やもう少しで結婚する2人の話題によくあがるのは、赤ちゃんの名前についてですね。

もし、夫婦に赤ちゃんが欲しいという共通意識があった場合、「赤ちゃんができたらなんて名前にする?」という話はしたことがあるはずです。

たとえ今のパートナーが結婚相手かどうかわからないとしても、今一人身だとしても、「赤ちゃんができたらこんな名前にしたい!」という妄想をしたことがある人は多いはずです。

ところが、いざ赤ちゃんができると、考えていた名前がガラッと変わってしまうこともよくあります。なぜなら、本格的に赤ちゃんの名前を考えると、参考にすることがたくさんあると知ってしまうからです。

もちろん、何も参考にせずにフィーリングで赤ちゃんの名付けをしたい人もいますが、それでもいざ名付けの場になると嫌でもたくさんの名付け方法の情報が入ってきてしまいます。

「何年も前から決めていた名前だから思い入れがあるんだけど、漢字の意味や画数があまり良くないみたい……。」なんてこともあるかもしれません。

そこで今回は、名づけ本番の前に知っておきたい赤ちゃんの7つの名付け方法や名前の考え方についてお話したいと思います。

赤ちゃんの名前の付け方・考え方

名前の付け方1.音感・音の響き

今の赤ちゃんの名前の決め方で一番多いのがこの方法でしょう。音感や音の響きが可愛いと感じる名前に、漢字を充てる名付け方法です。

日本語には、きらきら、さらさらなどの擬音語・擬態語、さくら、すみれなど響きが可愛い名詞がたくさんあります。

このような音の響きをもじったり、組み合わせることで赤ちゃんの名前を決め、それにあった漢字をあてて名付けをします。

名前の付け方2.漢字の由来や意味

漢字には一文字ごとに意味があるため、その意味を赤ちゃんの将来に期待して名付ける方法です。

たとえば「あいこ」という名前でも、「あい」が愛と藍では意味が違いますし、「こ」が子と心でも意味が違います。

愛があふれる子に育って欲しいなら「愛」ですし、美しい装いや優れた人という意味を大切にしたいなら「藍」の漢字を使った名前を付けます。

名前の付け方3.姓名判断

姓名判断を重視する名前の決め方もありますが、どちらかというと最終ジャッジで姓名判断を参考にする使い方が多そうです。

もし、姓名判断から赤ちゃんの名前を決める場合は、苗字の画数に対して相性が良い名前の一覧を見ながら決めることになるでしょう。

たとえば、以前ご紹介した以下のサイトは、苗字を入力すると画数で相性が良い名前候補の一覧を見ることができます。

参考|赤ちゃんに相性の良い画数で名づけできる命名サイト mei2.jp ~めいめい~
参考|子供の名前決め・名付け支援サイト「 赤ちゃん命名ガイド」

ただし、姓名判断はそれぞれの占い方法によって結果が異なります。どれを信じるかはアナタ次第……(^_^;)

名前の付け方4.両親から漢字をとる

「この子はわたしたちの子ども!」という思いが強ければ、パパとママの名前から1文字ずつ取って、漢字を組み合わせた名前を付けても良いでしょう。

パートナーが納得するなら祖父母の名前から取っても構いませんし、尊敬する人物、歴史上の人物の名前から取っても構いません。

もちろん、漢字を組み合わせたときの音の響きが良く、漢字の意味に共感ができれば、より思い入れも強くなり、将来子供に意味を教えてあげたい名前になります。

名前の付け方5.生まれた月日・季節

生まれた季節が春だから「春」を使う、生まれた月が3月だから「やよい」という音を使う、生まれた日が快晴だったから「晴」を使うという名前の決め方もあります。

また、夏に生まれたから関連した「海」や「祭」、4月に生まれたから関連した「桜」や「桃」という名付け方法も多いですね。

生まれた月日・季節にまつわる名前の決め方は昔からポピュラーですし、子供が成長してから、なぜこの名前を付けたのかという理由を聞いたときも納得しやすいと思います。

名前の付け方6.人に決めてもらう

これは両親や祖父母だけの話ではなく、たとえば有名な書道家、お寺の住職、尊敬する作家などに決めてもらうことで、特別な思い入れがある名前にする名付け方法です。

わたしの夫の名前はこの名付け方法で、ある有名なお寺の住職に付けてもらったそうです。ただし人に名前を決めてもらう方法は、名付けをお願いしたたものの、出てきた名前が気に入らなかったときにとても困ります(^_^;)

そのため、入れたい漢字や音の響き、または候補をいくつか挙げて、その中から選んでもらうと後から変な気持ちにならなくて良いでしょう。

名前の付け方7.パパとママの思い出

赤ちゃんは、パパとママがいるからこの世に生まれてきました。そのため、パパとママの思い出を名前に込めるという名付け方法があります。

夫婦が出会った場所の地名や思い出の曲から一文字とったり、2人が共通して好きな言葉、大切にしている思いを基本にして、名前に必要な響きや漢字を使って名前を決めます。

両親から如何に大切にされているかというエピソードを将来子供に聞かせる場合は良いかもしれません。

赤ちゃんの名付けには期限がある

赤ちゃんの名付け方法自体に決まりやルールがあるわけではないので、もし名付けに迷ったら全ての方法を一度試してみれば良いと思います。

ただし、名前に使える文字や漢字には決まりがあります。以下の法務省のサイトを参考にしてください。

参考|法務省:子の名に使える漢字

また、赤ちゃんが生まれたらその日から14日以内に名前を書いた出生届を提出しなければいけません。

出生届の提出が14日間の期限を過ぎた場合は、出生届とともに「戸籍届出期間経過通知書」に遅延した理由を記載して市区町村役所に提出する必要があり、場合によっては「過料」という5万円以下の罰金が科せられます(戸籍法第135条)。

厳密には、追完届を提出すれば”名前のみ”遅れも問題ありません。出生届の提出期限の詳細や遅延時の対応などは、以下を参考にしてください。

14日以内に子供の名前が決まらない場合は、出生届の提出期限内に「子の氏名」欄を空欄にして提出すれば、一旦戸籍が作成されるため遅れたとはみなされません。その場合、名前が決まった後に「追完届」を提出して戸籍の修正依頼をすることになります。

赤ちゃんの名付けより出生届の提出が大切なわけではありませんが、出生届は赤ちゃんが社会に認められる人生最初の書類です。赤ちゃんのためにも名付けの準備はちゃんとして、遅れないように出生届を提出してください。

子供の名前の考え方例

うちの息子、娘の名前はわたしたち夫婦が決めたものです。

息子の名前は夫が決めました。夫には思い入れがあり、どうしても使いたい漢字があったため、その1文字をベースにした名前を色々ピックアップして、その中から選びました。わたしは最終確認をしただけです。

娘の名前はわたしが決めました。わたしは可愛い響きの名前が良く、周りの人にちゃん付けで可愛く呼んでもらえそうな名前を付けました。また、私たち夫婦から1文字ずつとった名前でもあります。こちらも夫が最終確認をしただけです。

どちらの名前を考えるときもこだわったことは、誰が見ても漢字が正しく読めること、漢字に意味があること、あまり個性的にならないこと、日本人らしい響きになることです。そのため、流行りの名前やキラキラネームとは少し雰囲気が違うかもしれません。

もしかしたら、これからの成長の過程で名前をいじられる可能性もあります。ちょっとしたモジリかもしれません。どれだけ良い名前でもそうなる可能性はあるので、そこを心配しすぎても仕方がありません。

子供たちもある程度大きくなりましたが、わたしは今でも息子の名前、娘の名前は気に入っています。そのため、もう少し子供たちが成長したら、なぜこの名前を付けたのか理由を話してあげたいと思います。きっと子供たちも気に入ってくれると信じて。

子供の名前の付け方はこちらも参考にしてください。