会陰切開したくない…会陰裂傷しない分娩前の準備と出産後のケア

リラックスした妊婦さん

この記事の読了時間は約 6 分です。

会陰切開・会陰裂傷は産後が辛い…

赤ちゃんをスムーズに分娩するため、「会陰裂傷(えいんれっしょう)」のリスクを軽減するためなどの理由で、日本では昔から「会陰切開(えいんせっかい)」をすることが当たり前の様に言われています。

そのため、「産後は会陰の傷口の痛みで動けない。」「イスに座るきはドーナツクッションが手放せない。」「赤ちゃんを抱っこしたくても力が入らない。」「トイレで踏ん張れない。」「擦れてずっと気になる。」なども、仕方がないことだと思われていました。

ところが、近年は病院でもなるべく会陰切開をしない出産を行う傾向があるようです。ちなみに、会陰切開の方法は以下を参考にしてください。

会陰切開は、出産を助ける医療技術のひとつとして世界中で行われていますが、日本ほど当たり前の様に会陰切開が行われている国はそれほど多くないそうです。

そのため、できれば会陰切開をしないで出産をしたいのですが、会陰切開を行わなかったせいで重度の会陰裂傷を起こしてしまう、というリスクも避けたいところです。

そこで今回は、なるべく会陰裂傷を起こさず、会陰切開をしないで出産する方法と出産後の会陰ケアについてお話したいと思います。

会陰切開をしないで出産する方法

絶対に会陰切開の必要がない、会陰裂傷が起こらない出産をすることは難しいですが、可能性を高めることはできます。

会陰切開しない方法1.助産院で出産する

助産院では切開などの医療行為を行えないため、助産院で出産するということは会陰切開もしないということです。会陰切開が嫌で、助産院を選ぶ妊婦もいます。

もちろん、どれだけ素晴らしい助産師でも妊婦の体質や準備不足、出産の状況によっては、会陰裂傷が起こる場合もあります。

会陰切開しない方法2.医師に会陰切開したくない意志を伝える

病院で出産する場合は、医師によって会陰切開に積極的かどうかが変わります。そのため、まず医師に会陰切開したくない旨を伝えておき、自分なりの準備をするようにしましょう。

ただし、場合によっては、医師が会陰裂傷を避けるために会陰切開を選択することは仕方がないと思ってください。

会陰切開しない方法3.会陰マッサージ

会陰マッサージとは、妊娠後期からオイルなどを使って固く張った会陰をマッサージすることで、会陰の伸長を促す行為です。または、産後に会陰マッサージを行うことで、傷の治りを早くするためにも行われます。

マッサージで全ての会陰裂傷や会陰切開を避けられるわけではありませんが、会陰の伸びが良くなることで傷を最小限に留め、産後の傷の早期回復を期待できます。会陰マッサージのやり方は、以下の動画を参考にしてください。

会陰マッサージ用オイルは、100%天然素材のAMOMAの「カレンデュラオイル」がおすすめです。ベトつかず肌に優しいため、会陰マッサージ以外にも授乳で傷つきやすい乳首のオイルパックとケア、新生児の乳児湿疹のケアやおむつかぶれのオイルパックとケアにも使えます。

⇒送料無料、専用ポンプがもらえる「カレンデュラオイル」AMOMA公式

わたしは、帝王切開の傷跡が張って痛かったので、保湿で肌を柔らかくするために使っていました。もちろん、お肌に合う合わないはありますが、1度使って判断してみてください。160mLで1本2000円ほどなので、割と使いやすい値段だと思います(2本あると便利)。

会陰切開しない方法4.会陰を温める

会陰マッサージと併用して、身体を温めることで会陰が伸びやすくなります。

そのため、夏でも末端の冷え予防に靴下を履いたり、根菜類を多く取って身体を温める様に努めましょう。使い捨てカイロをタオルで巻いたり、ケースに入れて会陰を直接温めても良いと思います。

会陰切開しない方法5.ソフロロジー式分娩

本来出産は必要以上にいきむ必要がなく、子宮の収縮によって赤ちゃんは自然に出てくるようになっています(とは言いますが……)。

ところが、妊婦は陣痛が苦しく早く出産をしたいため、つい必要以上に力を込めていきんでしまうため会陰が裂けてしまいます。

ソフロロジー式分娩とは、イメージトレーニングや腹式呼吸を使って、なるべくリラックスして行う出産方法のことで、母体がリラックスしていると膣口も開きやすくなり、会陰裂傷や会陰切開が減るそうです。

また、リラックスによって陣痛の痛みや苦しみ・出産への恐怖・不安などを和らげる効果があるとされています。

会陰切開しない方法6.フリースタイル出産(分娩)

一般的な分娩といえば、分娩台で仰向けになって行うものですが、仰向けでは骨盤の開きが悪くなり、会陰が伸びきらないことがあります。

また、一般的な仰向けの分娩では、赤ちゃんの頚椎に負担をかけたり、妊婦のストレスになり、リラックスした分娩が行えない場合もあります。

そのため、最近では横向き、四つん這い、人に掴まったまま、立ったままなど、自由な出産体勢で分娩を行う「フリースタイル出産(分娩)」が行われることが多くなりました。

フリースタイル出産なら、骨盤や会陰が開きやすい姿勢を見つけられれば、通常の仰向け出産よりも会陰裂傷が起こる可能性が軽減できます。

会陰切開・会陰裂傷のケア

出産の際に会陰切開せざるを得なかったり、会陰裂傷が起こった場合、出産後はどのように会陰ケアをすれば良いのでしょうか。

会陰切開・会陰裂傷は、基本的には身体の他の部位同様、切り傷ケアのようにケアします。ただし、会陰はとてもデリケートな部分であり、汚れやすい部分でもあります。

産後の1か月検診まではお風呂に浸かることはできないため、シャワーで会陰周辺部の汗や汚れや血を洗い流します。排便後はウォシュレットで膣周辺を清潔にし、ウォシュレットがなければ清浄綿(濡れコットン)を使うなど、常に会陰を清潔に保たなければいけません。座るときに切開・裂傷部に刺激を加えないように、ドーナツクッションを使うなどの一手間も必要です。

また、会陰の切開・裂傷部が塞がってきたら、周辺が固くならないように、出産前と同く会陰マッサージをした方が良いでしょう。周辺肌は乾燥しやすいため、オイルパックしましょう。産褥パッドなどにオイルを染み込ませて、ナイトケアを試してみても良いと思います。

もちろん、生活習慣を守って、床上げまではなるべく身体を横にしてリラックスして過ごすことが会陰ケアにとっても大切なことです。

無理をして会陰が何度も傷ついてしまうことで、排便に力が入らなかったり、排便が怖くなって、産後に便秘になる人もいます。

出産前に十分な会陰の準備を

一般的に時間がかかる出産を「難産」、時間がかからない出産を「安産」と考えがちですが、たとえ時間がかかっても苦しみが少なく、産後のママの体調も良い方がよっぽど安産だと言えます。

会陰切開は、膣口を切断して強制的に広げるため、出産時間は短縮できますが、そのせいで産後の生活に支障をきたす恐れがあります。

そうではなく、さまざまな方法で、分娩時に会陰をゆっくりと伸長させ、時間をかけて身体になじませながら出産を行えば、会陰切開をせず、会陰裂傷も起きずに出産を行える可能性が高まります。

もちろん、初産の人も含めて、元々会陰部分が伸長しづらい人はいますが、より良い出産を行うため、産後の身体に負担をかけないために、会陰マッサージなど事前の準備を怠らないようにして、出産に臨みましょう。

⇒送料無料、専用ポンプがもらえる「カレンデュラオイル」AMOMA公式