赤ちゃん・子供が熱中症になる理由は?熱中症のサインと予防方法

赤ちゃんの熱中症

この記事の読了時間は約 6 分です。

外で遊ぶ子供、室内の赤ちゃん、どちらも熱中症が怖い

これだけ毎日暑いと、外で元気に遊んでいる子供、外で習い事を頑張っている子供が、熱中症にかからないか心配になります。

もちろん、大人なら誰でも、高齢者、赤ちゃん、子供が熱中症にかかりやすいイメージを持っていますね。

では、なぜ外で遊ぶ子供だけでなく、室内にいる赤ちゃんが熱中症にかかりやすいか、その理由を知っていますか。

わたしたち大人が熱中症を予防しようと思ったら、こまめに水分を取りつつ、身体を適度に冷やし、直射日光を浴びたり、室温が高くならないように気を付けます。つまり、意識をすることで熱中症を防ごうとします。

ところが、赤ちゃんや子供は持っている身体の機能、環境、知識が大人とは違うため、ママが考えている以上に、熱中症にならないよう気をつけて見てあげなければいけません。

今回は、なぜ赤ちゃんや子供は熱中症にかかりやすいのか、赤ちゃんや子供に起こる熱中症の症状と熱中症の注意点などをお話したいと思います。

赤ちゃんが熱中症になりやすい理由

「子供は外で遊ぶけど、赤ちゃんはほとんど外出しないから安心だわ。」と考えているママは気をつけてください。

熱中症は気温25度前後から増え始めるため、気がついたら室内でお昼寝をしていた赤ちゃんが熱中症で体温が上がり、脱水症状を起こしていた……なんてこともあり得ます。

わたしたちは、どうしても熱中症に屋外のイメージを持ってしまいます。そのため、外に出ない赤ちゃんの様子を見ることを忘れ、身体の変化に気が付かず、熱中症を放置してしまう可能性があるんです。

理由1.体が小さいため熱の影響が大きい

熱中症の症状の1つは、身体の熱が上がってしまい、体温調節ができなくなることです。赤ちゃんの身体は小さいため、大人に比べて熱が上がりやすく、熱中症になりやすいと言えます。

理由2.体温調節機能が発達していない

赤ちゃんは、そもそも大人のように体温を上げたり下げたりコントロールする機能が発達していません。

たとえば、体温を下げる場合は、血管を弛緩させ表面積を大きくすることで熱を放出したり、汗をかいて(汗が蒸発することで)体温を下げようとします。赤ちゃんは、そんな体温調節機能が未発達で、うまく熱を放出できないため、体温が上がったままになります。

体温調節機能はいつから働く?赤ちゃんの体温管理が必要な理由

理由3.水分が多く熱伝導率が高い

大人の身体は60-65%ほどが水分ですが、子供はもっと水分割合が多く、赤ちゃんになると身体の75%ほどが水分です。

水分は熱伝導率が高いため、全身に占める水分の割合が多い赤ちゃん・子供の方が、外気温の影響を受けて体温が上がりやすく、熱中症にかかりやすくなります。

理由4.腎臓で電解質の調整を行えない

大量の汗や下痢などによって身体の水分が不足すると、水分以外に、電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)も不足します。

赤ちゃんは腎臓の働きが悪いため、身体の電解質割合が低い場合に、体外に出る電解質の再吸収などの調整を行えず、電解質異常を起こしてしまいます。

たとえば、低ナトリウムは頭痛やだるさなどの症状が起こり、低カリウムは不整脈や心停止を起こし、低カルシウムは手足のしびれをおこします。

理由5.言葉で体調不良を訴えられない

赤ちゃんは頭が痛い、ふらふらする、のどが渇いた、身体が熱いなどを言葉で伝えることができません。そのため、ママが気づかなければ、熱中症はドンドン進行します。

また、1日の多くを寝て過ごすため、起きた時にはすでに熱中症になっていたということもよくあります。

理由6.水分のろ過・再吸収機能が未熟

腎臓には、必要なくなった血液を腎臓でろ過して原尿を作り、原尿から再利用できる成分(と水分)が腎臓の尿細管で再吸収され、残りをおしっことして膀胱に運ぶろ過・再吸収の機構があります。

ところが、腎臓が未発達の赤ちゃんは、水分の再吸収をあまりできません。つまり、飲んだ水分がそのままおしっこやうんちとして出てしまうため、水分が不足しやすく、すぐに脱水症状につながります。

赤ちゃんのおしっこ量・回数が減る原因と脱水症状の判断基準

理由7.床に近いため熱の影響を受ける

赤ちゃんがいる場所は床に近く、立って生活する大人よりも床・地面に近い赤ちゃんの方が熱い空気を感じやすく、熱の影響をうけやすくなります。

そのため、赤ちゃんが日中外で遊ぶことはないと思いますが、室内でも大人が感じるより、赤ちゃんの体感温度の方が高くなります。

子供が熱中症になりやすい理由

赤ちゃんと子供が熱中症にかかりやすい理由に大きな差はありません。ただ、赤ちゃんと子供では生活環境が違うため、ママが気をつけるべきことが少し変わります。

理由1.体温調節がまだうまくできない

子供は、赤ちゃんと違って外で元気に遊びますが、実はまだ体温調節機能は未発達な状態です。体温調節機能は、一般的に2-3歳までに大人と同程度になりますが、個人差でそれ以上かかる子供もいます。

もし、普段からすぐに顔が真っ赤になってしまう子供は、とくに熱中症に気を付けましょう。

理由2.地面の反射熱を受けやすい

夏場は地面の照り返し熱(反射熱)がすごいですよね。子供は身長が低いので、大人よりも反射熱を多く受けています。

駐車場などで遊んでいる子をよく見かけますが、アスファルトの上は熱中症になりやすいため、気を付けなければいけません。

理由3.遊びなどに熱中しやすい

子供は大人と違って、自分の健康に気をつけようという意識・知識がありません。遊びに夢中になると、喉が乾いても気にしません。そのため、気付かないうちに体温が上がり、熱中症になってしまいます。

一生懸命に遊んでいたとしても、定期的な休憩をとり、水分補給を忘れないで下さい。水分補給は、麦茶や薄めたスポーツドリンク(アクエリアスやポカリスエットイオンウォーター)などが良いでしょう。

子供の脱水症状予防に最適な飲み物は?スポーツドリンクと麦茶等の成分比較

赤ちゃん・子供の熱中症は予防が大切

赤ちゃんと子供が熱中症になりやすい共通点はありますが、何もしていなければ、身体の機能が未発達の赤ちゃんの方が熱中症の被害を受けやすくなります。

一方、子供は赤ちゃんよりも身体機能は発達していますが、親が目を離すことで熱中症の被害を受けやすくなります。

どちらの熱中症対策も、ママやパパ、周りの大人が様子を見てあげること、定期的に授乳や水分補給してあげること、高温多湿な部屋に長時間いさせないことが大切です。

また、熱中症や脱水症状を起こしているかどうかを判断するために、以下の症状が見られないかを注意深く見守ってあげてください。

熱中症・脱水症状を疑う症状
・ぐったりして元気がない
・おしっこの量や回数が少ない
・おしっこの色が濃い
・うんちの量が少ない
・泣いているのに涙が出ていない
・よだれが少ない
・肌や唇がかさかさしている
・口の中が乾燥している
・体が熱いのに汗をかいていない
・顔がやけに熱くて赤い
・顔の血の気が引いて青い
・めまいや立ちくらみをしている
など

もし、熱中症の疑いがある場合は以下の対応をとりましょう。

子供の熱中症初期症状の対策や予防法は?重症化した時の対応は

赤ちゃんや子供は熱中症の進行が早いため、熱中症にならないようにどう予防するかがとても大切だと認識しておきましょう。