吸引分娩で頭の形が変わる?後遺症や障害・死亡リスクの確率は

産まれたばかりの赤ちゃんの寝顔

この記事の読了時間は約 5 分です。

鉗子分娩と吸引分娩

医療処置が必要な分娩の種類として「鉗子分娩(かんしぶんべん)」を紹介しましたが、鉗子分娩は日本ではそれほど多く行なわれていない分娩方法です。

日本における「急速遂娩術(きゅうそくすいべんじゅつ)」として、鉗子分娩よりも一般的に行われているのが「吸引分娩(きゅういんぶんべん)」です。

本来は吸引分娩よりも、鉗子を使って調整しながら引っ張り出す分娩方法の方が確実で優れていますが、鉗子の扱いや操作は技術と経験が必要なため、日本の産科医療の利用体制では難しいそうです。

では、もう一方の吸引分娩とはどのような方式を言うのでしょうか。また、吸引分娩にはリスクがないのでしょうか。

今回は、吸引分娩の方式と吸引分娩による後遺症・障害リスクについてお話したいと思います。

吸引分娩(きゅういんぶんべん)とは

吸引分娩とは、赤ちゃんが子宮頚部まで降りている状態で、母体や胎児に分娩リスクがあると判断された場合に、緊急手段として吸引器具を用いて、胎児を吸引補助しながら分娩を完了させる以下の図の方法を言います。

%e5%90%b8%e5%bc%95%e5%88%86%e5%a8%a9

吸引カップを赤ちゃんの頭につけて、妊婦のいきみのタイミングに合わせながら吸引して分娩を行うのですが、強制的に吸引するため、柔らかい赤ちゃんの頭は赤くなったり、頭の形が一時的に変形することがあります。

ちなみに、イシコメの調査によると、産婦人科医の98%が吸引分娩を経験しているそうです。

産婦人科医の吸引分娩の経験

出典|吸引分娩が行われるのはどんな時ですか?産婦人科医120名に聞きました | イシコメ

吸引分娩が行われる理由

吸引分娩が行なわれる理由も鉗子分娩と同じです。そのため、以下の場合に吸引分娩が行なわれる可能性があります。

吸引分娩を行う理由
1.頭が大きいため産道を通りにくい
2.肩甲が引っかかり産道を通りにくい
3.臍帯巻絡などへその緒の異常が起きている
4.産道を通る際の回旋がおかしい
5.新生児仮死状態にある
など

吸引分娩を行うための条件

吸引分娩を行うためには条件が必要です。こちらも鉗子分娩と同様、以下の条件の場合は吸引分娩が行えません。

参考|吸引・鉗子分娩について – 日本産科婦人科学会※リンク切れ

吸引分娩が行えない条件
1.児頭骨盤不均衡の場合
2.巨大児の場合
3.水頭症の場合
4.母体が狭骨盤の場合
5.逆子の場合
など

さらに吸引分娩を行うためには、以下の条件が揃っていなければいけません。

条件1.子宮口が全開大である

妊婦に必要十分な陣痛が起こることで、子宮口が10cm程度に開いた子宮口が開大してなければいけません。

条件2.破水し排臨状態である

胎胞の卵膜が破れて破水を起こしていると、胎児は子宮内で下降し、膣口から胎児の頭頂部が見え隠れする「排臨(はいりん)」という状態になります。たとえ破水していても、逆子などが原因で排臨状態にならなければ吸引分娩は行えません。

条件3.母子が経腟分娩に耐えられる

胎児の徐脈が疑われる場合や止まっている場合は、経腟分娩そのものに耐えられるかわかりません。ここから緊急帝王切開に切り替えると余計に時間がかかるかもしれませんが、確実な胎児の娩出は可能です。

また、母体の出血が多い場合なども同様に、確実に胎児を取り出せる緊急帝王切開を選択する可能性があります。

吸引分娩に伴う母子への影響

吸引分娩が母子に及ぼすリスクや影響も鉗子分娩とほぼ同様です。

リスク1.母体への影響

吸引分娩によって母体が受ける影響は、胎児を吸引器具で強制的に引っ張り出すことによって頸管裂傷や膣壁裂傷など、産道が傷ついて出血を起こすことです。

・会陰裂傷
・膣壁裂傷
・子宮頸管裂傷
・尿道・膀胱裂傷
・上記裂傷による失血リスク
など

リスク2.胎児への影響

・圧迫による頭蓋変形・骨折
・産瘤(さんりゅう)
・頭蓋内出血
・頭血腫(とうけっしゅ)
・帽状腱膜下出血(ぼうじょうけんまくかしゅっけつ)
・黄疸(おうだん)
など

吸引分娩を行うと、胎児の頭の形が長く変形する場合があります。ただ、胎児の頭は頭蓋骨に隙間があり柔らかいため、変形は一時的なもので、徐々に元通りになっていきます。

産瘤とは、内出血による赤い膨らみやむくみのことで、頭部に赤い斑点が見られるため心配になりますが、一般的には数日で消え、その後とくに心配する必要はありません。

また、吸引分娩は、鉗子分娩に比べて胎児の頭蓋内出血や帽状腱膜下出血を起こす可能性が高く、稀に大きな出血につながる可能性もあります。

吸引分娩による後遺症・障害リスク

吸引分娩による後遺症・障害リスクで怖い症状は、「脳性麻痺(のうせいまひ)」が起こることです。

脳性麻痺とは、胎児から生後4週までの間に「脳形成異常」「脳出血」など何らかの原因で脳に損傷を受けることで、脳の運動機能が損なわれる病気を言います。

脳性麻痺を発症すると、子供に精神発達障害や運動発達障害などの後遺症・障害が残る可能性があります。

参考|脳性麻痺 – Wikipedia

日本産婦人科医会が平成20年に発表した出産時の脳性麻痺症例は以下の内訳になっています。これを見ると、吸引分娩が鉗子分娩の10倍の症例、つまり100件の脳性麻痺症例のうち20件は、吸引分娩を行っていたことがわかります。

脳性麻痺症例の分娩様式

出典|平成20年報告事例の集計結果|日本産婦人科医会

ただし、上記の分娩方法と脳性麻痺の因果関係はわかりません。そもそも帝王切開をしたり、鉗子分娩、吸引分娩を行うのは、胎児や母体に異常分娩の要素が見られるからです。

また、単純に吸引分娩の方が鉗子分娩よりもリスクが高いわけではなく、そもそも日本では吸引分娩の症例の方が圧倒的に多いという要因も考えられます。

医療の発達により、以前よりも吸引分娩による後遺症・障害リスクは大幅に減っているそうですが、もし心配であれば妊婦健診時に医師に吸引分娩と鉗子分娩について詳しく聞いてみると良いでしょう。

ただし、どちらにしても緊急帝王切開よりは緊急性が低い急速遂娩術であるため、リスクが少ない方を選択した結果として後遺症・障害リスクの可能性が排除できないことは認識しておく必要があります。