つわり症状はいつまで続く…ピークは?原因と予防・治療法

吐き気を催す外国人女性

この記事の読了時間は約 9 分です。

妊娠中の吐き気が辛い…

妊娠未経験の人が、妊娠と聞いて思い浮かべる言葉の1つに「つわり」があると思います。「うっ……ま、まさか赤ちゃん……?」というベタなドラマはたくさんありますね。

つわりは、全ての妊婦に起こる症状ではありませんし、個人差もあります。また、「うっ……。」と突然吐き気を催すことだけがつわりではありません。

吐き気にも、常に気持ちが悪かったり、だんだん吐き気がしたり、また反射の様に食べた物がこみ上げたりなどの種類があります。

妊婦によっては、つわり症状のせいで食欲不審に陥り、妊娠前よりも体重が減ってしまうなど、胎児の成長が心配されることもあります。

なぜ妊娠をするとつわりが起きるのでしょうか。また、つわりは、いつから始まり、いつピークが来て、いつまで続くものなのでしょうか。

今回は、妊婦が体験する辛いつわりの症状や原因、またつわりの時期についてお話したいと思います。

つわりとは

つわり(悪阻)とは、一般的に妊娠5-6週前後に始まり、妊娠14-17週前後に消失する嘔吐、吐き気、食欲不振、食べ物の好みの変化などを伴う一連の消化器症状を言います。

また、吐き気、嘔吐などの消化器症状の他にも、全身の倦怠感、頭痛、眠気などを感じるつわりもあります。

つわりを経験する妊婦の割合は明確ではなく、一般的には妊婦の50-80%以上に起こると言われますが、ルナルナ(運営元|エムティーアイ)が行なったアンケート調査では、つわり症状は妊婦の92.8%に発症しています。

そのため、個人差はあるものの、妊娠をしたら何らかのつわり症状が現れる覚悟をした方が良いでしょう。とくに、普段の生理(生理前症候群|PMS)で吐き気を感じる人は、つわり症状が重い場合があります。

また、つわりは経産婦より初産婦に起こる割合が多いとされていますが、症状は経産婦の方が重くなる傾向があります。さらに、多胎妊娠の妊婦、以前に妊娠悪阻や妊娠高血圧症候群を経験した妊婦の方が重度になる場合があります。

つわりの症状が重度のものを「重症妊娠悪阻(にんしんおそ)」と言い、一般的なつわりとは分けられます。重症妊娠悪阻の頻度は、妊婦の0.1%前後です。

つわりは全妊婦の50~80%に発症するが,妊娠悪阻の頻度は全妊婦の0.1%前後といわれる.また,経産婦より初産婦にその頻度は多いとされているが,重症化するものは経産婦に多い.季節的変動はみられない.妊娠悪阻の頻度を上げる他の因子としては多胎妊娠,妊娠悪阻の既往,妊娠中毒症の既往などがある

引用|妊娠悪阻にまつわる諸問題|日本産科婦人科学会

つわりの種類と症状

主なつわりは妊娠初期に起こりますが、妊娠中期、妊娠後期に起こるつわりもあり、それぞれ原因が違います。

妊娠初期・中期・後期
妊娠超初期|妊娠1か月(妊娠0週0日-妊娠3週6日)
妊娠初期|妊娠2-4か月(妊娠4週0日-妊娠15週6日)
妊娠中期|妊娠5-7か月(妊娠16週0日-妊娠27週6日)
妊娠後期|妊娠8-10か月(妊娠28週0日-妊娠39週6日)

また、つわりには、日常生活で吐き気を催す「吐きつわり」、食べ物の匂いや強い匂いで吐き気を催す「匂いつわり」、空腹時に吐き気をを催す「食べつわり」、常にだるく眠気に襲われる「眠りつわり」などの種類があります。

中でも多いつわりの種類が吐きつわりと匂いつわりで、これらのつわり症状が起こることで妊婦は食欲不振に陥り、体重が減少する場合もあります。詳しいつわりの種類、その症状や対処法は以下を参考にしてください。

一般的につわりの症状と言われるものは、胸やけ、胃もたれ、吐き気、嘔吐、眠気、食欲不振、嗜好の変化、下痢、便秘など、主に消化器系の症状に加えて、慢性的な吐き気や嘔吐による心理的不安、頭痛、肩こり、腰痛などが生じることもあります。

つわりの原因

つわりのメカニズムは、明確に解明されているわけではありません。ただ、原因の1つとして、妊娠初期の急激なホルモン分泌、代謝の変化、環境の変化に対して、母体が適応できないため起こると考えられています。

つわりを起こす原因を大別すると以下の6つに分かれると推測されます。

つわりが起こる主な原因
・ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)
・甲状腺ホルモン
・プロゲステロン(黄体ホルモン)
・エストロゲン(卵胞ホルモン)
・子宮・胎盤形成による低血糖
・精神・心理学的因子

これらつわりの原因によって、最終的に直接的な嘔吐神経への刺激によって生じる「中枢性嘔吐」と交感神経などを介して嘔吐中枢が刺激され生じる「反射性嘔吐」のどちらも引き起こします。

つわりはいつからいつまで?ピーク時期は?

前述した通り、一般的なつわりは妊娠5-6週前後に始まり、妊娠14-17週前後に消失するものです。ルナルナ(運営元|エムティーアイ)が行なった調査情報をグラフにすると以下の様になります。

参考|「“つわり”について」の調査結果~妊娠と共にやってくる“つわり”という試練を乗り越えよう!~|株式会社エムティーアイのプレスリリース

つわりが始まった時期は?

つわりが始まった時期

妊娠3週以前|5.0%
妊娠4-5週|40.0%
妊娠6-7週|30.1%
妊娠7-8週|6.1%
妊娠8-9週|11.2%
その他|7.6%

アンケート結果では、75%以上の人が妊娠7週までにつわりが始まったと答えています。そのため、妊娠を意識していない人でも、つわりによって妊娠に気付く可能性があるでしょう。

まれに、妊娠超初期の妊娠3週未満でつわり症状が出る人もおり、妊娠超初期のつわりの原因も妊娠5-6週ごろから始まるつわりと同様、hCGや甲状腺ホルモンやその他女性ホルモンが原因と言われています。

つわりが治まった(終わった)時期は?

つわりがおさまった時期

妊娠8-11週|8.2%
妊娠12-15週|28.6%
妊娠16-19週|33.2%
妊娠20-23週|13.4%
出産まで続いた|6.3%
その他|10.3%

妊娠19週までにつわりが治まったと答えた人は70%以上、妊娠19週までが83%以上のため、多くの人は妊娠中期につわりが治まるようです。一方、出産までつわりが続く妊婦も6.3%(16人に1人)います。10か月も吐き気や頭痛など、つわり症状に苦しめられるということです……。

つわりのピーク時期は?

つわりのピーク時期は人によって違いますが、一般的には妊娠8-10週前後です。理由はhCGの分泌量がピークを示す時期のためです。

この時期を過ぎてもつわり症状が改善がしない場合は、その他の要因で吐き気や頭痛、肩こりが起こったり、症状が悪化すると妊娠悪阻に至る可能性もあります。

妊娠3週の尿中hCG量|0-50 mIU/ml
妊娠4週の尿中hCG量|20-500 mIU/ml
妊娠5週の尿中hCG量|500-5,000 mIU/ml
妊娠6週の尿中hCG量|3,000-19,000 mIU/ml
妊娠8週の尿中hCG量|14,000-169,000 mIU/ml
妊娠12週の尿中hCG量|16,000-160,000 mIU/ml
妊娠24週の尿中hCG量|2,500-82,000 mIU/ml
妊娠36週の尿中hCG量|2,400-50,000 mIU/ml

つわりの予防や対処法

つわりの原因の多くは女性ホルモンのため、予防することは難しいでしょう。ただし、吐き気や嘔吐の症状は消化器官に負担をかけ、身体の水分や電解質を多く失います。そのため、つわり症状が出た後の対処はとても大切です。

つわりの対処法

妊婦がつわりを意識すると、精神的な要因から余計に吐き気を催す場合があります。そのため、散歩をしたり、映画を見て気分転換するなど、自分なりのリラックス方法を探しましょう。

また、妊娠初期でお腹が膨らんでいなくても、身体を締め付けない服を着たり、吐き気や眠気があるときは積極的に横になって休みましょう。嘔吐後は匂いで吐き気が誘発されることもあるため、水で口の中をゆすいで、匂いや吐物をこまめに取り除きましょう。

匂いつわりは、妊娠前まで大丈夫だった匂いも苦手になり、何も食べられない場合があります。サプリメントを摂取して、出産に必要な栄養が不足しないようにしましょう。

嘔吐で不足しがちな栄養素は、葉酸、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維、タンパク質、ビタミンC、ビタミンB群などです。栄養素に偏りがなく、バランスが取れたサプリメントを摂取するようにしましょう。

また、嘔吐後は水分といっしょに電解質も失います。とくに夏場に嘔吐が続く場合は、脱水症状に気を付け、水分と塩分(ナトリウム)を同時に摂取するようにしましょう。

つわりの治療法

単なる吐き気や嘔吐の症状だから……とつわりの辛さを医師に相談しない人がいますが、つわりは症状が重くなると「重症妊娠悪阻(じゅうしょうにんしんおそ)」に至る可能性があります。

日本やアメリカでは、つわりの治療に対するガイドラインがあり、場合によって薬物治療を行なっています。

アメリカ産科婦人科学会(ACOG)の推奨

アメリカ産科婦人科学会(ACOG)では、2015年度の「悪阻(つわり)治療に関するガイドライン(Practice Bulletin)」において、ビタミンB6またはビタミンB6+抗ヒスタミン薬doxylamineを薬物治療として推奨しています。

参考|つわりのファーストライン治療にビタミンB6+doxylamine|ニュース|Medical Tribune

上記ガイドラインでは、「つわりの薬物治療は各個人が決めるべきことだが、重いつわりは重症妊娠悪阻に至る可能性があるため、ある程度コントロールできる方が良い」としています。

できるだけ薬に頼りたくない人は、ビタミンB6を多めに摂取するなど、早いうちから民間治療も試してみると良いでしょう。

もし薬に頼る前に別の方法でつわりに対処したい場合、いくつかの「民間療法」(例えばショウガ入りの飲料、クッキーなど)も有用な選択肢であり、自分でビタミンB6を摂取してみることも有効だとCaughey 氏らは話している。

参考|つわり治療に関するガイドラインを11年ぶりに更新-米国産科婦人科学会 – QLifePro 医療ニュース

日本産婦人科学会(JSOG)の推奨

日本産婦人科学会(JSOG)では、「産婦人科診療ガイドライン–産科編」において、つわりの治療法として以下を推奨しています。

つわりの治療法
推奨A
1.少量頻回の食餌摂取と水分補給を促す。
2.脱水に対して充分な輸液を行う。
3.輸液にはthiamine(塩酸チアミン;ビタミンB1 )を添加してWernicke脳症を予防する。
推奨C
4.抗ヒスタミン薬やpyridoxine(ビタミンB6 )などの薬物療法を考慮する。
5.深部静脈血栓の発症に注意する。

参考|産婦人科診療ガイドライン–産科編 – 日本産科婦人科学会

つわりが重い場合は重症妊娠悪阻かも

妊婦のつわり症状が重いと、吐き気でほとんど飲食ができない時期が続く場合もあります。このとき心配になるのは、赤ちゃんがちゃんと育つのかどうかですね。

日本産婦人科医会は、つわりがひどくて嘔吐を繰り返している場合でも、一時的な症状であれば赤ちゃんの成長に問題はないとしています。

参考|つわりがひどくて、食べても吐いてしまいます。栄養がいかなくて赤ちゃんに良くないのでしょうか? – 日本産婦人科医会

ただし、つわりによって妊婦体重が5%以上減少するなどの摂食障害がある場合は、「重症妊娠悪阻」として治療・入院も考えなければいけません。

重症妊娠悪阻は、妊娠高血圧症候群、肝機能障害などの合併症を起こす可能性もあります。そのため、妊婦本人も家族も「単なるつわり」とは思わずに医師に相談したり、少しでも吐き気を解消する努力を試みてください。

前述したとおり、つわりの治療にはビタミンB6が推奨されています。そのため、個人差はありますが、ビタミンB6を多く含んだサプリメントを摂取することで、症状が和らぐ妊婦もいるでしょう。

ただし、ビタミンB6単一では栄養が偏るため、妊婦に必要な栄養素をバランスよく摂取しましょう。妊活用の葉酸サプリの中で、ビタミンB6が多めに含まれているサプリを選んでください。


たとえば、「マカナ」は他の妊活サプリ(健康食品)と違い、栄養成分基準値を満たした栄養機能食品に認定されています。ビタミンB6も1回4粒(1.6g)で2.5mg含まれていて、効率良く摂取できます。わたしが調べた限り、他の妊活サプリは0.3-1.8mgほど。

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

公式サイトのみ送料無料で初回6580円が3980円になるため、一度試してみてください。

つわりが妊娠中期(妊娠16-27週)に入っても治まる気配がない場合、また、つわりが辛くて何も食べられない場合は、医師の指導のもとで対処療法や生活指導を受けてください。また、重症妊娠悪阻の症状や原因は以下を参考にしてください。