産後のマタニティブルーとは?症状を軽くする7つの対処・解消法

悩んでいる女性

この記事の読了時間は約 7 分です。

出産後に突然襲ってくる不安…

長かった妊娠期間を経て、ようやく出産したママは、感動と感謝の気持ちでいっぱい。妊娠中はちょっと頼りなく感じていた旦那さんも感動して、ようやく赤ちゃんがいることを実感できたです。

お父さんやお母さんからも労いの言葉をもらい、仲の良い友だちからはさっそくお祝いのメールが届いています。

早くわたしの可愛い赤ちゃんをお披露目したい!これからがんばって元気に育てていきたい!

そんな希望に満ち溢れたママに、なぜかモヤモヤとした不安が……。出産後の幸せな気持ちの中に、言いようのない不安を感じたら、「マタニティブルー」かもしれません。

マタニティブルーはよく聞く言葉ですが、いまいち症状や原因など正体がわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、マタニティブルーの症状や原因、またマタニティブルーを軽くする解消法についてお話したいと思います。

マタニティーブルーとは

可愛い赤ちゃんが生まれてハッピーなはずなのに、何だか不安を感じてしまうのは、出産後に分泌される女性ホルモンが影響して、情緒不安定な精神状態を作ってしまうからです。

マタニティブルーとは、産後数日から10日程度(長い場合は1か月程度)の情緒不安定な精神状態を言います。

マタニティブルーは、プレグナンシーブルーと同じように「プロラクチン」「オキシトシン」などの分泌によって、ホルモンバランスが崩れることで起きますが、ホルモンの分泌が和らいだり、身体が慣れてくると徐々に気持ちが軽くなっていきます。

情緒不安定になると、それまで気にしていなかった何気ない不安や日々のちょっとしたストレスが増幅され、生活が不便になるほど不安定な精神状態になったり、ストレスが原因で体調を崩す可能性があります。

ちなみに、マタニティブルーは妊娠中に起こる症状ではありません。妊娠中に起こる情緒不安定やストレス症状は、プレグナンシーブルーと言います。

マタニティーブルーの副次的な症状

マタニティブルーの症状は、前述した通り不安が増幅されて情緒不安定になることですが、情緒不安定よって引き出される以下の副次的な症状があります。

・イライラする
・どうしようもない不安に襲われる
・急に涙もろくなる
・頭痛や吐き気がする
・常に疲労感や倦怠感がある
・食欲がなくなる
・育児に自信が持てない
・涙もろくなる
・何も考えられなくなる
・夫に対する愛情が薄れる

この情緒不安定な精神状態は、不安やストレスを引きずることで症状が悪化し、その後産後うつ(産後のうつ症状)につながり、心療内科などでの治療が必要になる場合もあります。

マタニティブルーの対処・解消法

女性が出産後にマタニティブルーが起こることは仕方がないことですが、この状態を引きずると生活に支障があります。

また、いくらマタニティブルーが仕方がないことでも、なるべく短く軽く済ませたいはずです。そこで、マタニティブルーを軽くする対処法、解消法を知っておきましょう。

対処・解消法1.家族に助けてもらう

旦那さんや他の家族、実家の両親など、頼れる人にはできる限りの助けを求めましょう。

昔は大家族だったため、赤ちゃんが泣いているときにママが手一杯でも、家族の誰かが赤ちゃんを抱っこしたり、あやしていました。ところが、今は核家族のため、旦那さんが仕事に行くとママは赤ちゃんと2人きりです。

いくら可愛い赤ちゃんでも、ずっといっしょで目を離すこともできなければ、精神的に辛くなります。たまには家族に赤ちゃんのお世話をお願いして、友人と食事するなどリフレッシュできる時間を設けましょう。子供が2人以上いればとくにです。

対処・解消法2.とにかく安静と睡眠

「産後床上げ3週間」と言うように、出産後にある程度動けるようになるまでには、3週間から1か月ほどかかります。

もちろん、「家事も育児もあるから3週間も休んでいられないよ!」という気持ちはわかりますが、出産後は予想以上に体力を消耗しているため、周囲の人が理解して助けてあげなければいけません。

産後数週間は横になれるように布団は敷いたままで、ちょっとした用事と赤ちゃんのお世話をする程度に考えましょう。

また横になるだけでなく、疲れたら睡眠をとることも大切です。母乳育児の場合は授乳間のタイミングで睡眠をとり、ミルクで間をつなげる場合は旦那さんや家族に1回の授乳をお願いすると、4-5時間は身体を休められます。

対処・解消法3.不安はぶちまける

出産後の女性は、ホルモンのせいで精神不安定になること、そして、ストレス解消のために不満や不安をぶつけるかもしれないことを先に言っておきましょう。

旦那さんは一番近い身内であり、一番近い理解者であるべきです。大きな不満はなるべく旦那さんにぶつけ、小さな不安は先輩ママ友や母親に相談するようにしましょう。

対処・解消法4.完璧な育児を考えない

まず理想とする完璧な子育てのイメージを捨てましょう。どれだけ調べても完璧な育児方法は見つかりませんし、完璧な育児を実践できるママもいません。なぜなら、赤ちゃんの個性はバラバラで、型にはめた対応は不可能だからです。

実際の育児では、育児書に書いてないことばかり起きますし、赤ちゃんが病気をしても小児科で言われたこととは少し違う症状が出ることもあります。

世の中に完璧な恋愛や完璧な結婚生活がないように、「完璧な育児はない」と割りきって、気楽に育児に取り組む心の余裕を持ちましょう。

対処・解消法5.人は人、自分は自分

マタニティブルーになるママは、自分の子と人の子を比べてしまいます。または自分の環境と人の環境を比べてしまいます。

赤ちゃんの個性や環境の違いは、上を見ても下を見てもキリがありません。まずは周辺状況が落ち着くまでは、今ある環境の中で心穏やかに過ごせるように心掛けましょう。

わたしも出産後すぐに息子が手術をすることになったときは、「なんでうちの子が……。わたしのせいだ……。」と自分を責めましたが、子供が大きくなるにつれて、どのママも大なり小なり悩みを抱えていることがわかります。

何でも比べてばかりいると、ずっと心に不安な波風が立っている状態を作ってしまいます。

対処・解消法6.軽い運動をする

軽い運動と言っても、産後は競ったり、走ったりなどのスポーツはできないため、軽いストレッチやウォーキング(散歩)をしましょう。長時間ではなく、短時間こまめに行うことが継続のコツです。

ただし、帝王切開や会陰切開などの傷がある場合は、塞がるまでは身体を動かさないようにしましょう。

マタニティブルー解消法7.模様替えやアロマで環境を変える

もしイライラや不安が募ってしまうなら、今の環境を少しだけ変えましょう。と言ってもカーテンを変えたり、家具を買い足す程度です。その程度でも、新しい生活がスタートする気がして気持ちが前向きになります。

また、ラベンダーなどのアロマオイルを焚いて、香りでリフレッシュしましょう。普段はアロマを使わない人でも、イライラしているときは意外と気持ちが落ち着くものです。ただし、生後6か月未満の赤ちゃんがいる部屋でのアロマは気をつけてください。

赤ちゃんは、同じ匂いの刺激を嗅ぎ続けると、嗅覚の発達の妨げになったり、場合によっては乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因になるとも言われています。

赤ちゃんに心地良い場所を作る

赤ちゃんが生まれると生活すべてが良い方に変わって、パッと家庭が華やぐイメージを持つ人もいると思いますが、そうとは限りません。「赤ちゃんがいれば、今のギスギスした夫婦関係が良くなるかも……。」と考えるのも間違っています。

生きていれば誰にでも悩みはあります。それが産後のマタニティブルーで強調されることは、女性の身体の仕組み上仕方ないことです。

マタニティブルーの症状を和らげるには、ママの気持ちの切り替えと周囲の温かい助けが必要です。1年かけて出産という大業を成し遂げたママを労って、気持ち良い睡眠くらいさせてあげましょう。

ちなみに、ストレスは睡眠に影響を与えます。ストレスによる睡眠不足は体調を悪化させ、体調不良はより強いストレスの原因になります。自分では元気なつもりでも、「やる気がでない」「集中力が続かない」「いびきをかく」「イライラする」「便秘気味」という人は、睡眠不足の影響かもしれません。

家族に頼ることは当然として、食事に気を使ったり、睡眠サプリを使うなど、根本的な睡眠の質を上げるようにしましょう。睡眠サプリは、試しやすそうなものをいくつか選んでみてください。

たとえば、「ネムリス」は、筑波大学・裏出教授が監修して、国内初の科学的効果を発見した睡眠サプリメントです。今なら、以下の公式キャンペーンサイトで、30日分7,000円が初回86%オフの980円+送料無料になるので試してみましょう。

⇒送料無料、初回980円の睡眠サプリ「ネムリス」の限定キャンペーンサイト

ママや家族は、赤ちゃんによって家庭が華やぐのではなく、居心地の良い温かい場所に赤ちゃんを迎え入れてあげることをイメージして、みんなでストレスが少ない良い環境を作っていけるようにしましょう。