赤ちゃんが4000g以上の原因は?巨大児の障害や後遺症リスク

赤ちゃんの肩と手

この記事の読了時間は約 6 分です。

出生体重4000gの赤ちゃんは大きすぎ?

うちの子供は、息子・娘とも3600gで産まれました。どちらも帝王切開で早めに出産したため、自然分娩だったらもっと大きくなっていたのかもしれません。

なぜなら、胎児発育曲線で見ると、息子も娘も標準から外れて+2.0SDで上位2.3%に入っていたからです。

もし、出生体重が4000gを超えていた場合、「大きくて元気な子」と言うと聞こえは良いのですが、妊娠用語では「巨大児(きょだいじ)」と言いますね。

もちろん、胎児の成長が未熟で、体重が少ない低体重児を出産するよりは安心……と言えば安心ですが、実は赤ちゃんが大きすぎても、母子ともにリスクがあります。

母体の体重や身体の大きさによって、分娩が困難な胎児の体重は違うため一概には言えませんが、一般的には4000gを超える巨大児は難産の原因になり、場合によっては赤ちゃんが何らかの障害を負うリスクもあります。

なぜ巨大児になると、難産の原因になるのでしょうか。また、巨大児に起こる障害などのリスクとは何でしょうか。

今回は、巨大児の分娩時に起こる問題や巨大児で産まれてくる障害や後遺症リスクについてお話したいと思います。

巨大児(高出生体重児)とは

巨大児とは、見た目でわかる奇形がなく、体重が4,000g以上で産まれてくる赤ちゃんのことで、医療用語では「高出生体重児(giant baby)」と言います。

また、出生体重が4,500g以上で生まれた赤ちゃんは「超巨大児」、医療用語では「超高出生体重児(exceptionally large baby)」と言呼ばれます。

出生体重による分類
超高出生体重児(超巨大児)|4,000g以上
高出生体重児(巨大児)|4,000g以上
正出生体重児|2,500g以上4,000g未満
低出生体重児(低体重児)|2,500g未満
極低出生体重児|1,000g以上1,500g未満
超低出生体重児|1,000g未満

巨大児には「対称性巨大児」と「非対称性巨大児」という種類があり、対称性巨大児は遺伝的に身体が大きく、自然に体重が増えた赤ちゃんのため、体重が重いこと以外は健康な場合がほとんどです。

一方、非対称性巨大児は母体の高血糖による栄養過多で、不自然に出生体重が増えた赤ちゃんのため、何らかの病気や後遺症を伴う可能性があります。

参考|巨大児とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

どちらにしても、胎児は胎内にいる間は成長し続けます。そのため、出産予定日を過ぎても妊婦の陣痛が始まらない場合は、陣痛促進剤を投与し、なるべく正産期の中で分娩ができるように調整をすることが増えます。

妊娠週数ごとの平均的な胎児体重は、以下を参考にしてください。

巨大児が産まれる原因

巨大児が産まれる原因はいくつかありますが、対称性巨大児と非対称性巨大児になる原因は異なります。

原因1.遺伝

対称性巨大児は、父母の骨格が大きく成長余地が高い遺伝が原因となり、巨大児になる可能性が高まります。

原因2.妊娠糖尿病

非対称性巨大児は、母体の妊娠糖尿病が原因となり、巨大児になる可能性が高まります。妊娠糖尿病で母体が高血糖になると、胎児に供給される糖が増え、胎児も高血糖になります。

そのため、胎児には血糖値を下げる胎児インスリンが分泌されます。胎児インスリンは成長促進ホルモンでもあるため、胎児の体重がどんどん増加します。

日本産科婦人科学会周産期登録データベースによると、妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠による巨大児の出産頻度は7.1%にものぼります。

参考|巨大児の取り扱いについて|日本産科婦人科学会

原因3.糖尿病

糖尿病は、妊娠糖尿病とは発症原因は異なりますが、巨大児を出産する要因は同じものです。

巨大児を出産するリスク・影響

巨大児を出産することで、母子に以下のリスクや影響があります。

影響1.難産のリスク

巨大児は、体重が重いだけでなく頭や肩幅も大きいため、分娩に時間がかかります。分娩に時間がかかると、母体に負担がかかるだけでなく、胎児の呼吸障害、胎児ジストレス(胎児仮死)による後遺症につながる可能性があります。

影響2.母体の裂傷リスク

巨大児の出産は、産道に大きな負担をかけるため、「子宮裂傷」「産道裂傷」「会陰裂傷」などの恐れがあります。

影響3.胎児の骨折などのリスク

巨大児は分娩時に肩甲が引っかかりやすく(肩甲難産)、胎児の骨折原因になります。また、吸引分娩などを行うと、胎児の頭を傷つけて頭蓋内出血の原因になる場合があります。

影響4.後遺症や病気のリスク

非対称性巨大児の場合、高血糖によって新生児に呼吸不全などの呼吸障害、心不全、出産後の低血糖、低カルシウム血症、多血症、高ビリルビン血症などが起こることがあり、結果として新生児に後遺症が残る恐れがあります。

影響5.DM児のリスク

妊婦の妊娠糖尿病や糖尿病によって、胎児が高血糖になると、生まれた赤ちゃんが糖尿病を患う可能性があります。出生児に糖尿病を患った赤ちゃんは、糖尿病(diabetes mellitus)から、「DM児」などと呼ばれます。

巨大児の予防するためには?

対称性巨大児の多くは遺伝が原因のため、予防は難しいでしょう。また、遺伝による自然な体重増加なので、巨大児による胎児の疾患や障害はそれほど心配する必要はありません。

非対称性巨大児は、高血糖によって赤ちゃんが糖尿病にかかることを防ぐ必要があり、そのためには妊婦の妊娠糖尿病を防ぐことが、最も効果的な巨大児予防になります。

妊娠糖尿病を防ぐためには、妊婦が血糖値を抑える食事療法や適度な運動が必要です。医師の指示に従い、栄養バランスが良い食事を摂りつつ、間食を避け、適度な食事量に保ちます。

食事療法や運動を行っても血糖値が高い場合は、インスリン治療が必要になることもあります。

巨大児にはデメリットしかない?

巨大児を出産するママは、食事管理がだらしないとか、自己管理ができてないなどと揶揄する人もいます。

たしかに、妊婦健診で医師から、「高血糖だと巨大児の可能性があるので、食事習慣を変えて糖質を減らしましょう。」と指導を受けたにもかかわらず不摂生をする……。

巨大児のリスクを知っていて、なお妊婦が生活習慣を変えられなければ、自己管理ができていないと言われても仕方がないと思います。

ただ、巨大児は遺伝の可能性もありますし、元々ママが糖尿病を患っている可能性もあります。また、さまざまな病気によってインスリンが抑制され、高血糖になる場合もあります。

重要なことは、赤ちゃんが元気に産まれてくるために、ママが何をできるかです。

仮に巨大児を出産しても、赤ちゃんが元気で健康であれば問題ありません。一般的に身体が大きく健康な状態であれば、ある時期までは体力もあり、病気にも比較的強い子に育つというメリットもあります。

そのため、分娩は苦労するかもしれませんが、大きく元気な赤ちゃんを産むことは一概に悪いことだとは言えません。

ただし、巨大児のデメリットを最小化するために、巨大児になりそうだとわかったら、予定帝王切開などの出産方法も含めて医師と話し合い、母子ともに無事に出産をできるようにしましょう。