ハンドリガード・フットリガードはいつからいつまで?しない理由は

ハンドリガードで手を咥える赤ちゃん

この記事の読了時間は約 5 分です。

赤ちゃんはぢつと手を見る

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る

石川啄木 著「一握の砂」

さっきまで「あーあー」唸っていた赤ちゃんが、急に黙って手を見つめています。不思議そうに手を見つめる赤ちゃんはとても可愛いくて、見てるこっちがニヤニヤしてしまいます。

ただし、赤ちゃんが見つめる手は、石川啄木のように開いた手ではなく、ほとんどが握りこぶしです。手を大きく上に上げて見ていることもあり、なんだかガッツポーズにも見えたり。

赤ちゃんの発達の過程で見られるこの行為は、「ハンドリガード(hand regard)」と言います。赤ちゃんは、なぜじっと手を見つめるのでしょうか。

今回は、赤ちゃんのハンドリガードにどのような意味があるのかについてお話したいと思います。

ハンドリガードとは

ハンドリガードとは、生後2-3か月の赤ちゃんが仰向けのまま拳を握り、手を上げるなどして見つめる行為を言います。

赤ちゃんは握りこぶしを見つめるだけでなく、手を開いたり、振ったり、握り拳をパクっと咥えることもあります。また、自分の髪の毛をむしって、それを不思議そうに見ている子もいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、自由に身体を動かせないだけでなく、自分の存在を認識することもできません。母乳を飲んだり、排泄をするなど、赤ちゃんが生きるために必要な行為の多くは反射で賄われています。

そんな赤ちゃんが、徐々に自分の意思で手が動かせるようになると、ある日ふと手の存在に気付きます。そして「あー、これ動かせるんだ!」ということがわかって、ハンドリガードにつながります。

つまり、ハンドリガードは赤ちゃんが手を確認する行為であり、さまざまな発達の結果起こるものです。

ハンドリガードはいつからいつまで?

生後2-3か月に始まったハンドリガードは、生後5-6か月ごろには徐々に見られなくなっていきます。生後5-6か月ごろは、寝返りができるよになり、早い子はお座りし始める時期です。

身体を動かすことに興味があったり、物を掴んで一人遊びを始めることに興味が出始める時期でもあるため、ハンドリガードだけでは満足できないんでしょうね。

ハンドリガードができる赤ちゃんの発達

赤ちゃんのハンドリガードは、以下の身体機能の発達によって行えるようになります。

発達1.視力の発達

新生児の視力は0.02-0.03ほどで、16-17cm程度まで物に近づいてようやく見える程度です。生後2-3か月になると0.04-0.06ほどになり、見るものの焦点が合い始め、目で物を追う追視ができるようになります。

物が見える様になった赤ちゃんは、よく動くものの中で一番近くにある手に興味を持ちます。

発達2.運動機能の発達

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自分の意思で手足を自由に動かせません。その代わり、生後数日から手足のバタバタが始まります。

赤ちゃんは、手足をばたつかせることで運動機能を高めたり、筋肉の発達を促してトレーニングを行っていると言われています。手足のバタバタは生後2か月ごろまで続き、赤ちゃんが自分の意思で手足を動かす手助けをします。

発達3.筋肉の発達

一般的に赤ちゃんは、起きているときも、寝ているときも手をグーにしています。これは手を開く筋肉が未発達のためです。赤ちゃんの筋肉が発達してくると、手を開いたり閉じたりの動作が増え、手を動かすことができる認知につながります。

発達4.認知機能の発達

赤ちゃんが意識的に手足を動かしたり、物を追視できるようになると、「自分が動かしている手が目の前にある」と理解できるようになります。つまり、独立した物事を連動させて認識する認知機能が発達していることになります。

発達5.好奇心の発達

赤ちゃんは、自分で動かせる手の存在を認識すると、色々な動きをしたり観察をしようという好奇心が強くなります。そこで、握りこぶしを見つめたり、手を自分の意思で振ったり、両手を合わせたり、口の中に入れるなどのハンドリガードを行うようになります。

フットリガードとは

ハンドリガードが手の確認作業であることに対し、赤ちゃんの足の確認作業を「フットリガード(foot regard)」と言います。

フットリガードは足のため、手のように止まった姿勢のままじっと見つめることは難しいのですが、赤ちゃんが手で足を触ったり、大股開きで両足を持つ姿が印象的です。

また、赤ちゃんは開いた足をパンパンと合わせたり、足の指を開いたりなども器用に行います。

手足どちらも、どのように動くのか、どのような形状をしているのかなどの確認作業ですが、ハンドリガードは手を目の前でじっと見つめる行為が多いため「かわいい……。」と感じ、フットリガードは動作が大きくなるため「あら、元気ね。」と嬉しくなります。

フットリガードは、ハンドリガードよりも少し遅く、生後4-5か月ごろから始まり、生後6-7か月ごろに消失していきます。

ハンドリガードをしない赤ちゃん

赤ちゃんがじっと手を見つめる行為が必要だと認識しているママは、赤ちゃんがなかなかハンドリガードをしないと心配になるはずです。

ただ、赤ちゃんのハンドリガードは生後2-3か月よりも遅れる場合がありますし、手の存在を認識する行為は、赤ちゃんによって異なります。

一般的な手を見つめるハンドリガードをせずに、すぐに指しゃぶりを始めたり、おもちゃをつかんで口に含んむなど遊び出す子もいます。

赤ちゃんは物の形や感触を舌(口の中)で認識する「共感覚」という能力があるため、指をしゃぶったり、おもちゃを口に咥えていれば、手の存在を認識して次のステップを踏んでいると考えて良いでしょう。

自分の手を認識できた赤ちゃんは、目の前のものを触ったり、おもちゃをつかんで遊ぶようになり、少しずつ自分の存在を認識することで、自分と他人の違いを認識できるようになり、1番近いママの認識につながっていきます。

そのため、赤ちゃんのハンドリガードが見られたら、「もうすぐわたしのこと認識してくれる♪」と楽しみにしておいてください。