屈曲反射

育児・教育

屈曲反射・交差性伸展反射とは?出現・消失時期と確認方法

投稿日:2019年1月16日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

赤ちゃんに出現する屈曲反射

赤ちゃんには、生きるためにさまざまな反射行動が備わっています。赤ちゃんにとって大切な反射は、大きく「原始反射」と「姿勢反射」に分けられます。

原始反射とは
脊髄、脳幹に反射中枢をもち、ある刺激に対して中枢神経系を経由して起こる反射行動のこと。原始反射の多くは、胎児のときから備わっているが、神経機構の発達に伴って徐々に消失する。

姿勢反射とは
姿勢や平衡を維持するために、乳児の成長に伴って発現する反射行動のこと。神経中枢による筋緊張反射(原始反射)と姿勢や平衡を維持する反射に分けられる。

今回ご紹介するのは、原始反射の「屈曲反射」です。

赤ちゃんに必要な屈曲反射とは、どのような反射なのでしょうか。また、出現時期や消失時期はいつなのでしょうか。

屈曲反射の確認方法、出現しない場合の原因と合わせてお話したいと思います。

屈曲反射(くっきょくはんしゃ)とは

屈曲反射(withdrawal reflex)とは、赤ちゃんの足の裏を針など先の細いもので刺激すると、足を曲げて引っ込める反射行動のことです。

屈曲する部位は足裏だけでなく、刺激を与えた部位の屈筋が収縮するのですが、刺激が強いほど収縮の範囲は広範囲に及び、体幹に向って折りたたまれます。

このように刺激から逃れるために起こる反射のため、「逃避反射」「防御反射」とも呼ばれます。また、皮膚にある痛覚を刺激する反射のため、「皮膚反射」とも呼ばれます。

また、屈曲反射と同時に対の伸筋を収縮させる「交差性伸展反射(こうさせいしんてんはんしゃ)」が起こります。

屈曲反射の出現理由

前述した通り、屈曲反射は刺激から逃れるために起こる身体の防御反応です。赤ちゃんに随意運動が始まるまでは、屈曲反射が備わっていることで、刺激から逃れる役割を果たします。

また、屈曲反射と同時に交差性伸展反射が起こることで、姿勢を保持してバランスを保つ役割を果たしています。

屈曲反射の出現時期・消失時期

屈曲反射はいつから?

屈曲反射の出現時期は、在胎30週以降に出現すると言われています。また、交差性伸展反射も同じころに出現します。

屈曲反射はいつまで?

屈曲反射の消失時期は、生後1-2か月ごろです。また、交差性伸展反射の消失時期は、生後3-8か月ごろです。

屈曲反射が正しく出現・消失しない場合の異常

正しく出現しない原因

屈曲反射、交差性伸展反射は認知、判断などを必要としない「脊髄反射(せきずいはんしゃ)」としておこる反射行動のため、神経経路が脊髄内で完結しています。

そのため、もし屈曲反射が正しく出現しない場合は、脊髄や脊髄までの神経系に異常があることを疑います。

消失しない原因

屈曲反射、交差性伸展反射が消失しない場合も、脊髄や脊髄までの神経系に異常があることを疑います。


Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.