子供はいらない男女の割合が増加…夫婦でも作らない理由は?

指の家族

この記事の読了時間は約 7 分です。

子供を欲しいと思わない男女が増えている?

「早く子ども作りなよー。」という友人や親の言葉に、プレッシャーや嫌気を感じている人たちがいます。

わたしの友人にも、子供はあえて作らない夫婦は何組かいますが、彼女たちも当初は親からのプレッシャーが強かったそうです。さすがに、結婚して、10年間「子供は作らない」と言い続けたら諦めたそうですが。

ちなみに、共働きをしながら子供を持たないライフスタイルを選択する夫婦を「DINKs(ディンクス)」と言います。

現在子供がいない夫婦で、今後も子供を作らないと考えている男女は一定数います。独身者においても、将来結婚しても子供はいらないと考えている男女は以前よりも増えています。

では、今なぜ子供を欲しいと思わない独身者が増えているのでしょうか。また、子供を作らない夫婦が一定数いるのはなぜなのでしょうか。

今回は、子供が欲しくない・いらないという人のさまざまな理由についてお話したいと思います。

子供がいらない人の割合

厚生労働省が平成24年に行なった「第12回21世紀成年者縦断調査」によると、20-30代の独身男女において将来子供が欲しいと思わない人の数は、10年前の平成14年よりも増加傾向にあります。

希望子ども数の世代間比較_未婚者

出典|第12回21世紀成年者縦断調査|厚生労働省

子供がいらない独身男性
平成14年|8.6%
平成24年|15.8%

子供がいらない独身女性
平成14年|7.2%
平成24年|11.6%

一方、平成14年にすでに結婚をしていた人に行った同様の調査では、子供が欲しいと思わない人の数は、平成24年になってもほとんど変化はしていません。むしろ、子供を希望する人が微増しています。

希望子ども数の世代間比較_既婚者

子供がいらない既婚男性
平成14年|1.4%
平成24年|1.3%

子供がいらない既婚女性
平成14年|1.9%
平成24年|1.3%

子供はいらない・欲しくない理由とは?

理由1.出産が怖い

妊娠・出産は身体に負担がかかります。とくに、自分が30-40代の場合の流産リスク、子供の障害リスク、妊産婦死亡リスクなどを知っているほど怖く感じてしまうかもしれません。

たしかに、高齢出産になるほど出産リスクは増えますが、「子供は欲しいけど怖い……。」という人は、具体的にそれぞれどの程度のリスクがあるのか知っておいた方が良いでしょう。

理由2.子供が可愛いと思わない

子供を見て可愛いと思う気持ちと、育てて可愛いと思う気持ちは別です。ところが、そんなことは実際に自分の子を育てなければわかりません。

子育て未経験者の多くは、子供の可愛さというと外見の可愛さと考えるはずです。そのため、子供を見て可愛いと思わない人や子供に興味がない人は、子供が欲しいとは思えないかもしれません。

理由3.子供が好きではない

子供を可愛いと思わないだけではなく、なかなか泣きやまない赤ちゃんや公共の場所で騒ぐ子供にイラッとした経験から、子供に嫌悪感を感じてしまう人もいます。

すぐに泣き止む赤ちゃん、公共の場所で常におとなしくできる子供はいません。そのような子供特有の行動がどうしても受け入れられない人は、子供を欲しいと思えないでしょう。

理由4.仕事に対する志が高い

以前と比べて女性の社会的な地位は上がっていますし、働くことに楽しさややりがいを感じる女性も増えています。

ところが、女性は妊娠をすると産休や育休を必要とします。頼り先が少なければ、子育てのために仕事を辞める可能性も考えなければいけません。

残念ながら、仕事は働く人数の調整が必要なので、絶対評価ではなく相対評価で判断されることが多く、1度仕事を辞めてしまうとキャリアを取り戻すことは難しいでしょう。

理由5.経済的な心配がある

経済的な心配とは、今現在の家計状況が苦しいため子供を作ることができないという不安だけではありません。

子供が成長する過程で必要なお金の心配や子供が大人になったときの日本の経済状況を想像して、子供を作ることに抵抗感を持つ人もいます。

理由6.生活スタイルを変えたくない

結婚の理由が、気が合う人といっしょにいたいからという夫婦もたくさんいます。その場合、子供がいる・いないでは、生活スタイルが大きく変わります。

子供がいるとお互いが好きなことに時間を使えず、子ども中心の生活スタイルに変えざるをえません。子ども中心の生活スタイルを許容できない人は、子供を作ろうと思わないでしょう。

理由7.子育ての自信がない

多くの人は、自分が親になる具体的なイメージはできません。不安を抱えながら実際の子育てを通して、少しずつ母親や父親の自覚が生まれます。

ところが、不安が大きくなりすぎると子育ての自信が全く持てず、それが子供を作らない原因になってしまいます。

理由8.親になりたくない

親になりたくないと考える人は、今の自分と子供の親になった自分が全く違うものだと考えています。

たしかに、子育てをしていると時間の大半を子供にとられてしまい、以前のようにおしゃれやメイクは楽しめません。出産によって体型も崩れてしまうかもしれません。

親になることで自分が変わることに抵抗がある人は、子供を欲しいとは思えないでしょう。

理由9.時間を拘束されたくない

自分の時間を自分のためだけに使いたいと考える人は、子供を欲しいとは思わないかもしれません。

仕事であれ、趣味であれ、子供がいることで自分が自由に使える時間は奪われるため、「子供は、自分のことを全てやりきってから。」という人もいるでしょう。

リクルートライフスタイル「乳児のパパ・ママ意識調査」の結果によると、夫婦ともに自分の時間は減ったと感じています。

自分の時間

理由10.夫から欲しいと言われない

男性は、女性のように子供を産めませんし、育児も男性中心になることはほぼないでしょう。そのため、男性は何となく子供が欲しいと思っても、妊娠・出産・子育てを具体的に考えることは少ないかもしれません。

「夫は子供がいたら足かせに感じるかも……。」と女性が考えてしまったら、積極的に子供を欲しいとは言えなくなってしまいます。

理由11.親子に良いイメージがない

過去に虐待を受けていた、親が離婚をして傷ついた、親と良い関係が築けなかったという経験をした人の中には、親子関係に良いイメージを持てない人もいます。

このような人は親に対するマイナスのイメージだけではなく、親になることで自分も同じ過ちをする可能性を考えてしまい、子供を欲しいとは思わなくなるかもしれません。

厚生労働省が発表している児童虐待相談件数は、年々増加しています。この虐待件数の増加が「子供はいらない」と考える男女の増加と関わりがあるのかもしれません。

理由12.肉体的・精神的な病気

子供は欲しいけど病気があるため子供を産むことが難しい、また、重いうつ病を抱えているため子供が欲しいとは思えないという人もいます。

理由13.子作りに義務感があり、先延ばしにしたい

これは男性に多いと思いますが、何となく子作りや子育ての義務感を感じてしまい、「もうちょっと後にしようか。」を繰り返す人がいます。

男性は家庭を持った時点で、家族を守る責任感が強くなると言います。そのため、簡単に家族をもう1人増やしたいと思えないのかもしれません。

理由14.もう別れたい

平成20年度の厚生労働省の統計によると、年間離婚数は約25万組もあり、年間婚姻数の1/3以上になります。これだけ離婚件数が多ければ、もう別れたいという理由で子供を作りたくない夫婦もいるでしょう。

男女、夫婦で子供の価値観を話し合おう

このように子供を作らない夫婦は、単純にどちらかが子ども好きではないという理由で子供を作らないわけではありません。

子供が欲しいけど色々な事情で子供を作らない人もいれば、子供がいる生活は最初から頭にないという人もいます。人の生き方はさまざまなので、夫婦のあり方、家庭のあり方は、他人からとやかく言われるものではありません。

ただし、一般的に結婚をして家庭を持つということは、パートナーは子供がいる生活をイメージしているかもしれません。子供に対する価値観は夫婦でも大きく違います。

ちなみに、わたしも「いつ子供を作ろうか……。夫は子供が欲しいんだろうか……。」と悩んだ時期がありました。勇気を出して「そろそろ子ども欲しいんだけど……。」と言いましたが、あのとき拒絶されていたら……。

というわけで、欲しいにしろ、欲しくないにしろ、子供に対する価値観を夫婦や結婚前の男女が話し合うことは、今後の家庭設計や人生設計において、とても重要なことだと思います。

一生添い遂げるつもりで結婚するんですから、子供に対する価値観は合わせておきたいですよね。