赤ちゃんの夜泣き時期はいつからいつまで?原因やイライラ対策は

夜泣きは何か月から

この記事の読了時間は約 9 分です。

永遠に続きそうな赤ちゃんの夜泣き

赤ちゃんの夜泣きは辛いですよね。とくに、ママが育児と仕事を両立していると、日に日にストレスと疲労が溜まっていくのがわかります。

赤ちゃんは、お腹がすいたわけでも、おむつが気持ち悪いわけでも、病気なわけでもありません。なぜか夜中になると突然泣くんです。

・昼間よく遊んで疲れているのに夜中に突然泣き出す
・体調も機嫌も良かったのに夜中突然泣き出す
・お腹は減っていないのでおっぱいを嫌がる
・背中トントンしても抱っこしてもなかなか泣きやまない
・何日も続く場合もあれば、1日おきや不定期に泣き出す
・とにかく泣く、1時間以上泣くこともザラ
・やっと寝た……と思った瞬間に起きる
・1日に複数回夜泣きすることもある
など

どうですか。文字だけでなかなかの絶望感があるでしょ。授乳周期的にお腹が減ったとか、体調不良で赤ちゃんが泣いて起きるのは仕方ないのですが……。

さて、そんな恐怖の夜泣きの時期は、いつから始まりいつまで続くのでしょうか。また、夜泣きの原因は特定できるのでしょうか。そして……効果的な夜泣き対策はあるんでしょうか。

赤ちゃんの夜泣きの時期や特徴、原因がわかっていれば、わたしたちママはある程度心の準備ができますし、夜泣きに合わせた体調管理や予定管理もできます。

そこで今回は、赤ちゃんの夜泣きがいつから始まりいつまで続くのか、また、夜泣きの原因やその対策についてお話したいと思います。

夜泣きとは

赤ちゃんや小さな子供が、夜中に泣き出すから「夜泣き」だと思っているママは多いと思いますが、夜泣いて起きたから「夜泣き」ではありません。

新生児は1日の7割ほど寝ています。もちろんずっと寝続けるわけではなく、一般的には3-4時間周期で起きるため、ママはその度に授乳をしたり、おむつを替えたりします。

夜中に起きる赤ちゃんは授乳が主な目的なので、ある程度飲むと「くぅー。」と寝てくれます。

最初は大変ですが、ある程度身体が周期を覚えだすと、ママも心構えができて、半分寝ぼけながらでも何とか授乳やおむつ替えができるようになりますね。

この調子で3-4か月ほどが過ぎますが、そのころには赤ちゃんの睡眠周期は多少長くなり、ママも慣れて少し楽になります。生後3-4か月ごろの赤ちゃんの睡眠周期の目安は以下の通りです。

・夜睡眠時間|4-5時間毎に寝たり起きたりを繰り返す
・お昼寝時間|午前1時間、午後2-3時間、夕方1時間
・睡眠時間計|14-15時間程度

ところが、赤ちゃんの夜泣きが始まると、せっかく慣れてきた周期がガラッと変わります。夜泣きには、周期や規則や法則はありません。

赤ちゃんの夜泣きの原因

結論を言うと、赤ちゃんが夜泣きをしても原因を特定することはできません。医学的にも夜泣きの理由は解明されていません。

赤ちゃんの様子を見る限り、お腹がすいたわけでも、おむつが気持ち悪いわけでも、病気なわけでもないのですが、なぜか夜中になると突然泣くんです。

夜泣きは成長過程で表れる生理的な現象なので、ママの接し方に問題があるわけではありません。

わたしたちでも、とくに何もないのにふと切なくなったり、悲しくなったり、物事が嫌になったり、イライラすることがありますね。赤ちゃんにとって、たまたまそういう時期が続くことが夜泣きなのかもしれません。

ただし、泣いている原因が明確にある場合は解決しなければいけないため、ママは黄昏泣きのときと同じように、赤ちゃんが泣いている原因を消去法でチェックしていきましょう。

・授乳時間に母乳は飲むか?
・母乳を飲んだあとに満足しているか?
・しっかりゲップが出ているか?
・最近ミルクを変えたか?
・おむつが濡れていないか?
・おしりがかぶれていないか?
・熱はないか?
・嘔吐下痢はないか?
・鼻が詰まってないか?
・部屋は暑く(寒く)ないか?
・お腹が張っていないか?
・その他体調が悪そうな様子はないか?

そして、赤ちゃんが泣いている原因が上記の理由でなかったら、「ただの夜泣きか。あー良かった。」と思ってください……(^_^;)

夜泣きはいつからいつまで?

夜泣きが始まる時期

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は、一般的には生後3-4か月を過ぎてからです。

ただし、早い子は生後2-3か月、遅い子は1歳近くで始まることもあります。1歳を過ぎて「うちの子夜泣きなかった!」と思っていても、2歳になって突然始まることもあるので要注意です。

また、赤ちゃんの夜泣き時期が一度終わっても、1歳、2歳と何度も夜泣きが訪れる子もいます。反対に、まったく夜泣きがない親孝行な子もいます。夜泣きがない代わりに、毎日黄昏泣きをする赤ちゃんもいます。

夜泣きが終わる時期

夜泣きが始まる時期でさえこれだけばらばらで、法則性がないということは……残念ながら夜泣きがいつまで続くのかもわかりません。

わたしの経験や周囲のママ友、保護者ママたちの話を総合して考えると、赤ちゃんの夜泣きは始まってから4-6か月以内には終わるという肌感はありますが、明言はできません。

たとえば、息子の夜泣きは生後7か月から始まり、1歳過ぎまで週4-5日ペースで4-5か月ほど続きました。時間帯は1-2時か4-5時で、一度夜泣きをすると30分-1時間ほど泣いて、背中トントンでダメなときは抱っこやおっぱいに頼る感じでした。

娘の場合は、1歳が過ぎ「おっ、夜泣きなかった。」と思った直後に始まりました。「うわー始まった……。」と思いましたが、週3-4日ペースで2か月で終わりました。

……と思った途端、今度は息子の夜泣きが再発。「もう3歳なのに……。」それからは、週2-3日ペースで約6か月間、幼稚園入園前から入園後3か月ほどまで夜泣きが続きました。

新生児期の夜泣き

夜泣きが始まる時期は、生後3-4か月を過ぎてからですが、新生児期~生後2か月でも赤ちゃんが夜中に起きて困るというママはいるでしょう。

ただ、新生児が夜中に起きるのは、夜泣きではありません。新生児は「昼夜の区別がない」「睡眠サイクルが短い」という2つの理由で、夜中に起きてしまいます。

新生児は朝・昼・夕に関係なく2-3時間毎に泣きながら起きますが、この睡眠時間はあくまでも目安です。生後2か月を過ぎると、光を意識するようになり、少しずつ夜の睡眠が長くなっていきます。

効果的な夜泣き対策はある?

赤ちゃんの夜泣き原因が特定できないため、夜泣き対策は……やっぱりありません。そのため、夜泣きは如何に早く泣き止ませて、如何に早く寝かしつけるかという対処療法で考えます。

もう1つ大切なことは、ママがどうやって赤ちゃんの夜泣き時期を乗り越えるかです。個人的には夜泣きをどうするかよりも、ママの健康対策の方が大事だと思います。

対策1.原因を考えない

夜泣きの原因は、赤ちゃんが不安を抱えていたり、昼間の怖かった体験を夢で見たり、うまく眠ることができなかったり……などなど様々な可能性が考えられますが、実際は赤ちゃんに聞いてみないとわかりません。

「不安をなんとかしたい。」「昼間に怖いことが起こらないようにしたい。」とママが問題解決方法を考えていても、夜泣きの原因は日々変わるかもしれません。

そのため、赤ちゃんの夜泣きが始まったら「夜泣きの原因は何だろう?」と考えるとハマります。そういう現象だと割りきってください。

対策2.基本の寝かしつけ方を覚える

世の中には、夜泣きで起きる子を寝かしつける方法がたくさんあります。きっと100や200ではないでしょう。

効果が高いと言われる方法も万能ではなく、赤ちゃんに合う合わないがあります。それらを試していくことが楽しいと感じるママは、それを糧に夜泣きに向きあえば良いでしょう。

そうでなければ、夜泣きに淡々と対応する基本的な寝かしつけ方法を3-10種程覚えておきましょう。夜泣き対策に一喜一憂すると精神的に疲れてしまいます。

対策3.パパに協力してもらう

ママは新生児期に2-4時間毎に起きて授乳するため、パパや家族はママが夜中に起きる耐性がついていると思い込んでいるかも知れません。

でも実際は、授乳のためにある程度定期的に起きることと夜泣きで突然起こされることは、天地の差があります。そのため、ママは赤ちゃんの夜泣きをパパに詳しく教えて、少しでも協力してもらい、負担を軽減できるようにしましょう。

最低限パパに労ってもらうだけでも、今よりイライラすることは少なくなります。

対策4.近所にあいさつしておく

たとえ住まいがマンションじゃなくても、敷地面積の狭さ、木造家屋などの日本の住宅事情を考えると、欧米のように夜泣きをしている赤ちゃんを放置しておくこと(泣かせ尽くし|cry it out)はなかなか難しいですよね。

「うちの子の夜泣きで、お隣さん迷惑してるかも……。」とご近所迷惑を考えると、ママのストレスは余計に溜まります。

そのため、赤ちゃんの夜泣きが始まったら、「ご迷惑おかけします。」とご近所にあいさつしておきましょう。面倒でも先手をうった方がママのストレスは和らぎます。

対策5.自分のせいだと考えない

夜泣き対策を淡々と追求することはまだ建設的ですが、赤ちゃんの夜泣きがひどくなると「わたしが原因かも……。」と悩むママがいます。

たしかに、昔の説では、赤ちゃんとのスキンシップ不足や育児の仕方や生活リズムが適切ではないことが、夜泣きの原因だと言われていましたが、現在の育児ではその考えは否定されています。

仮に、昼間ヘトヘトになるまで赤ちゃんと遊んでも、生活リズムをきっちり整えていても、夜泣きは突然起こります。極端な生活リズムでない限り、赤ちゃんの夜泣きが激しくても、ママが自分のせいだと悩む必要はありません。

対策6.体調管理を優先する

赤ちゃんの夜泣きで一番の注意点はママの体調です。夜泣きが始まったら、まず自分の体調を考えて以下の対策をしましょう。

夜泣き時のママの体調管理
・見たいテレビ番組は録画して早く寝る
・なるべく出来合いの食事宅配サービスを使う
・家族にマッサージしてもらったり、家事を手伝ってもらう
・両親が近くにいるなら日中少しでも預けて仮眠をとる
・可能であれば保育園の一時保育に預ける日を作る
・たまにはパパに夜泣きのお付き合いをしてもらう
・ベビーシッター・ファミサポ・家事代行などを使う
など

赤ちゃんに夜泣きがあると、意識していなくてもイライラが溜まります。ママのイライラが伝わると、余計に赤ちゃんが起きる原因にもなります。この負のスパイラルだけは避けたいです。

ママの健康は第一優先です。健康を害すとどんな準備が必要になるかを考え、そうならないように予防しましょう。

対策6.良い睡眠時間の確保

夜中の授乳が必要な時期に、夜泣きが始まるとダブルパンチです。そんなときは、睡眠時間の確保が難しくなります

自分では元気なつもりでも、「日中のやる気がでない」「集中力が続かない」「いびきをかく」「イライラする」「便秘気味」な人は、睡眠不足の影響を受けています。

前述した通り、家族に頼ったり、様々なサービスを利用することは当然として、仮眠をとったり、睡眠サプリを使うなど、とにかく睡眠の質を上げることを考えましょう。睡眠サプリは、試しやすそうなものをいくつか選んでみてください。

たとえば、「ネムリス」は、筑波大学・裏出教授が監修して、国内初の科学的効果を発見した睡眠サプリメントです。今なら、以下の公式キャンペーンサイトで、30日分7,000円が初回86%オフの980円+送料無料になるので試してみましょう。

⇒送料無料、初回980円の睡眠サプリ「ネムリス」の限定キャンペーンサイト

対策7.早めに病院で相談

夜泣きはママの体力を奪うだけではなく、精神的にも負荷がかかります。

もちろん、「考え過ぎない」「無理し過ぎない」「気分転換する」「睡眠の質を上げる」と思いながら夜泣きに臨みますが、それでも体調不良や精神不安定になることはあります。

その場合は、ママ自身がかかりつけ医や心療内科に相談して、落ち着く方法や薬などを処方してもらえないか聞いてください。赤ちゃん用・ママ用の漢方を処方してくれる小児科もあります。

「夜泣きがなければ楽になる。」と考えることはわかりますが、いつ夜泣きが終わるのか誰にもわからないため、それよりは日々の体調管理の方が大切です。

夜泣きは仕方がない!まずはママの環境から

赤ちゃんの夜泣きの症状や現在の住宅環境、家庭環境は千差万別なので、最善の夜泣き対策を一括りでアドバイスすることは難しいでしょう。

それでも、あえて一般化して言うなら、夜泣きはいつか終わります。それも1年、2年毎日続くことはありません。夜泣きはいつか始まるもので、いつか終わるものだと割り切った方が良いです。

夜泣きは自分だけに降りかかる災難ではなく、全てのママに起こりうる子育ての通過儀礼の1つです。そして、赤ちゃんもママも、誰も悪いわけではありません。

子供の夜泣きが他の子と比べて重い・軽いと考えることは意味がありません。もし、夜泣きで苦しんでいる他人の話を聞くことで自分の精神が落ち着くなら……それもありかもしれません。

赤ちゃん(と家族)がストレスのはけ口にさえならなければ、ママが夜泣きをするわが子に多少イライラしたって構いません。

夜泣きがあることは当たり前のこと!心の準備だけはして、少しでも自然体で過ごせるように周囲の環境を整えましょう。

⇒送料無料、初回980円の睡眠サプリ「ネムリス」の限定キャンペーンサイト