突然の嘔吐下痢や湿疹!ミルクアレルギーの症状と原因、割合など

哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃん

この記事の読了時間は約 7 分です。

粉ミルクでアレルギー症状が起こる場合がある

「離乳食が始まったら、アレルギーちゃんと見ないとなぁ。」

アレルギーを起こすアレルゲンには、牛乳、小麦粉、そば、甲殻類、卵など色々な物がありますが、赤ちゃんのアレルギーは離乳食に慣らしながら、少しずつ気をつけて確認していかなければいけません。

ところが、離乳食前の赤ちゃんでも注意が必要なアレルゲンがあります。それは、粉ミルクです。

ある日、ママが母乳育児から混合育児に変えようと哺乳瓶でミルクを飲ませました。すると、赤ちゃんは少しして「ゴボッ」とミルクを吐き出しました。

「あれ?そんなに飲んでないんだけど……。」と思っていると顔が徐々に赤くなっていき、口から頬にかけて湿疹が……。これは、赤ちゃんが「ミルクアレルギー」を起こしている可能性があります。

肌の赤味や湿疹の症状であればまだ良いのですが、アレルギー症状は嘔吐下痢、血便、血圧低下などによって、さらに重いアレルギー症状を併発する恐れもあります。

赤ちゃんが完全母乳育児であれば、ミルクを飲ませなくても良いのですが、ママの体質や生活環境によっては、粉ミルクに頼らざるを得ない場合もあるため、ミルクアレルギーが出ることは命にかかわる重要事項です。

そこで今回は、赤ちゃんのミルクアレルギーの症状と原因、また、どのように対処すれば良いかについてお話したいと思います。

ミルクアレルギー(新生児・乳児消化管アレルギー)とは

ミルクアレルギーとは、粉ミルクの原料がアレルゲンになって、胃や腸などの消化器官にアレルギー反応が起こる消化管アレルギーの一種で、正式名称を「新生児・乳児消化管アレルギー」と言います。

粉ミルクは牛乳から作られるのですが、その原料の中にミルクアレルギーを起こす「β-ラクトグロブリン」と「カゼイン」というタンパク質があります。

β-ラクトグロブリンは乳清タンパク質のことで、牛や羊などの哺乳類の母乳に多く含まれますが、人の母乳にはほとんど含まれていません。

また、カゼインは母乳にも含まれますが、粉ミルクのカゼインは分子サイズが大きく、赤ちゃんが消化吸収しにくいため、消化器官に異物反応を起こすとされています。

つまり、ミルクアレルギーを起こす赤ちゃんは、成長して牛乳を飲んだ際に、牛乳アレルギーを起こす可能性も高いということです。

ミルクアレルギーを起こすと、皮膚の赤味や発疹・じんましんの他に、呼吸の乱れや嘔吐下痢など、反応する消化器官によってさまざまな症状を起こします。

アレルギーが起こる仕組みや一般的な症状など、アレルギーの詳細は以下を参考にしてください。

ミルクアレルギーの割合

厚生労働省研究班の調査によると、赤ちゃんは500人に1人以上の割合で、粉ミルクに対するアレルギーを持っていることがわかっています。

割合的には0.2-0.3%程度なので少なく思えますが、毎年の出生数が100万人ほどなので、全国で毎年2,000-3,000人の赤ちゃんがミルクアレルギーを持っているということになります。

参考|母乳でも起こる 赤ちゃんのミルクアレルギー | ニュース&トピックス | ケータイ家庭の医学

赤ちゃんのミルクアレルギーは、成長とともにアレルギー症状が出なくなる場合がほとんどです。胃腸が発達し、タンパク質を上手く分解できるようになる目安は3歳ごろのため、それまではミルクアレルギー対策を行ったり、牛乳を飲ませないようにします。

ミルクアレルギーの発症時期

ミルクアレルギー症状の7割は生後1か月までに起こっており、さらに半数くらいは生後10日以内に起こります。

ただ、以下のグラフの通り、離乳食が始まるまで完母を続ける割合も3分の1以上あるため、しばらく赤ちゃんがミルクアレルギーを持っていることに気付かない場合もあります。

厚生労働省の資料によると、完母・混合・完ミの月齢での推移は以下のグラフになります。

授乳期の栄養方法_月齢別

そのため、離乳食後に初めてミルク授乳を行ったママは、赤ちゃんのアレルギー症状を見て「えっ!何?どの食材が原因??」というパニックを起こしてしまうかもしれません。

ミルクアレルギーで起こる症状と影響

では、ミルクアレルギーで起こる症状を確認しておきましょう。

ミルクアレルギーに限らず、何らかのアレルゲンによってアレルギー症状を起こすと、よく皮膚や粘膜が反応を起こします。症状は、じんましん、かゆみ、皮膚の赤み、目のかゆみ、唇や舌の腫れ、まぶたの腫れなどです。

また、抗アレルギー作用によって発熱を伴うこともあります。

さらに、食物アレルギーの症状を起こす場合は、消化器官のどこに反応するかによって、それぞれ異なるアレルギー症状を伴います。

国立成育医療研究センターでは、診断治療指針として、主に嘔吐と血便によって4つのグループに分け、消化器官に与える影響と症状を判断しています。

参考|新生児-乳児消化管アレルギー(新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎)診断治療指針|国立成育医療研究センター

1.アレルギー症状が主に嘔吐下痢の場合

嘔吐後に下痢を伴うアレルギー症状が見られる場合、アレルギーによって主に食道や胃の粘膜などの上部消化器官で炎症を起こしている可能性があります。

2.アレルギー症状が下痢やお腹の張り・膨満の場合

慢性的にお腹が張って(膨らんで)いたり、慢性的な下痢のアレルギー症状が見られる場合は、アレルギーによって主に小腸に炎症を起こしている可能性があります。

このアレルギー症状が出ると、慢性的な下痢のせいで体重の増加が鈍くなる傾向があります。

3.アレルギー症状が慢性的な血便の場合

慢性的に血便を伴うアレルギー症状が見られる場合、アレルギーによって大腸末端炎(大腸に炎症)を起こしている可能性があります。

このアレルギー症状が出ると、血便の他に下痢も起こす場合があり、体重の増加が鈍くなる傾向があります。

4.アレルギー症状が嘔吐と血便の場合

嘔吐後に血便を伴うアレルギー症状が見られる場合、アレルギーは全消化器官に及んでいる可能性があります。

発症時期はとくに新生児期の早い段階で、アレルゲンが体内に入った後、早ければ0.5-3時間後に嘔吐が始まり、続いて粘液を伴う血便が起こります。

5.アレルギー症状が失神・痙攣・意識混濁の場合

アレルギー症状で最も怖いのは、血圧低下によって失神・痙攣・意識混濁などを起こすことで、場合によってはアナフィラキシーショックを起こし、死に至るケースもあります。

これはミルクアレルギーも同様ですが、アレルゲンによるショックで急激な血圧低下を伴うこともあれば、血便などの影響で徐々に貧血気味になり、血圧が低下していく場合もあります。

ミルクアレルギー用の粉ミルクを使う

もし、赤ちゃんがミルクアレルギーを持っている場合は、アレルギー症状の原因を取り除いたミルクアレルギー用の粉ミルクに切り替える必要があります。

ミルクアレルギー用の粉ミルクは、アレルゲンの種類によって使い分けなければいけません。そのため、必ず医師の指導の元、アレルギー用粉ミルクを選ぶようにしましょう。

種類1.加水分解乳(かすいぶんかいにゅう)

加水分解乳とは、タンパク質を低分子化させた一般的なアレルギー用粉ミルクです。

加水分解乳は、アレルギー反応を起こすカゼインを加水分解した「カゼイン加水分解乳」、β-ラクトグロブリンを加水分解した「乳清加水分解乳」の2種類に分かれます。

種類2.アミノ酸乳

アミノ酸乳とは、タンパク質をアミノ酸にまで分解したアレルギー用粉ミルクです。ミルクアレルギー症状が強く、大豆アレルギーを持っている赤ちゃんに対して使われます。

ただし、アミノ酸乳は高額なうえに肝臓に負担がかかるため、アレルギー症状の改善がみられたら、すぐに別のミルクアレルギー用粉ミルクに替える必要があります。

種類3.大豆乳

大豆乳とは、大豆タンパク質を使ったアレルギー用粉ミルクのことです。もちろん、大豆アレルギーを持つ赤ちゃんには使えません。

実は母乳でもアレルギーがある

「うちは完全母乳の予定だから、ミルクアレルギーは心配しなくても大丈夫。」

もちろん、母乳が十分に出るかどうかはおいといて、実は母乳でもミルクアレルギーが起きる可能性があります。そのため、母乳育児でも注意しなければいけません。

粉ミルクにしろ、母乳にしろ、ミルクアレルギーによって赤ちゃんに何らかの症状が見られる場合は、すぐにかかりつけの小児科を受診してください。

じんましん、かゆみ、皮膚の赤み、目のかゆみ、唇や舌の腫れ、まぶたの腫れなど、一般的なアレルギーの症状は、対象のアレルゲンを摂取後数時間ほどで見られるため、ママは授乳後に注意して赤ちゃんを観察しましょう。

病院の受診によってミルクアレルギーが疑われる場合は、血液検査を行ってどのようなアレルゲンを持っているか検査されます。

前述した通り、赤ちゃんのミルクアレルギーは、3歳を目安にしてアレルギー症状が起こらなくなる場合が多いのですが、赤ちゃんは今栄養を確保して生きていくための対策を取らなければいけません。

そのため、母乳がだめなら粉ミルク、ミルクがだめなら、ミルクアレルギー用粉ミルクに切り替えるのですが、赤ちゃんの口に合うかどうかは試してみなければわかりません。赤ちゃんの口に合わなければ、ミルク不足が起きたり、吐き戻しをするかもしれません。

ママは赤ちゃんの授乳・栄養補給でしばらく大変な時期が続くかもしれませんが、授乳が必要な期間は最低1年ほどなので、赤ちゃんの成長を見ながら将来のためにがんばってください。


参考|ミルクアレルギーとは?知って損なし!アレルギーについての知識を高めよう | 生理のことから妊娠・出産・育児まで。女性のための情報サイト |ルナルナ※リンク切れ
参考|アレルギー用ミルク