妊娠・出産・育児で感じるストレス、ノイローゼ、うつの違いとは

投稿日:2017年1月12日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

産前産後うつや育児ノイローゼの意味は?

女性は妊娠、出産、育児において、さまざまな感情を味わいます。

妊娠が発覚したときの高揚感、出産を終えた後の達成感、育児中の子供の笑顔による満足感は気分を良くしてくれますし、子供を産んで良かったと感じさせてくれますね。

反対に、妊娠が発覚したときの今後の不安、出産に対する恐怖、子育てで感じるイライラした気持ちは、神経を削り心に鈍痛を感じます。そして、多くの場合、プラスよりもマイナスの方が心に残ります。

そんな妊娠、出産、育児におけるマイナスの感情やマイナスの状態を表す言葉には、「産前うつ」「産後うつ」「育児ストレス」「育児ノイローゼ」などたくさんありますが、大きくわけると「ストレス」「ノイローゼ」「うつ」という言葉が含まれます。

では、「ストレス」「ノイローゼ」「うつ」にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、ストレス、ノイローゼ、うつの違いと妊娠、出産、育児における症状の種類についてお話したいと思います。

ストレス、ノイローゼ、うつの違い

ストレスとは

ストレスとは、人が生活するうえで、物理的・心理的なプレッシャーや圧迫感を感じることを言います。

一般的にストレスは良くないことをイメージする人が多いと思いますが、良い悪いは関係ありません。人は生きている限りストレスは感じるもので、「快ストレス」と「不快ストレス」にわかれます。

たとえば、秋口に吹く向かい風の中を歩くと心地良い涼しさを感じますが、向かい風を受けて歩くこと自体は抵抗が生じているため、ストレスがあると言えます。

快・不快は環境や状況、個人の性格によって受け止め方も変わりますが、その人が思う不快なストレスを感じ続けると精神的な症状が現れる場合があります。

ストレス (生体) - Wikipedia

ノイローゼ(神経症)とは

ノイローゼとは神経症のことを指し、ストレスによる不安や恐怖の感情により、普段の生活が不便になるほどの症状が現れることを言います。

たとえば、ママ友コミュニティに初めて参加するときは誰でも緊張しますが、緊張が強すぎるとママ友コミュニティに参加する事自体に恐怖を感じ、ときには頭痛や嘔吐、呼吸困難などの症状に現れる人もいます。

このように精神的な不安や恐怖によって、身体に変化が現れた場合は何らかの神経症と診断され、原因を取り除く治療が必要になります。ただし、現在はノイローゼという言葉はほぼ使われていません。

神経症 - Wikipedia

うつとは

うつとは、うつ病と呼ばれる精神病の一種で、精神的な障害によって気分の落ち込み、喜びの喪失、気力の低下などとともに病的症状が継続する状態を言います。

うつ病の症状は軽症、中等症、重症にわけられ、不眠、過眠、疲労、精神の焦燥、罪の意識、思考力や集中力の減退、体重の減少や増加、反復的な自殺念慮など精神病性の特徴を伴います。

ただし、わたしたちがよく知っているうつ病は「抑うつ神経症」のことを指し、神経症に分類されます。うつ症状があるからといって精神病の一種であるうつ病とは限りません。

うつ病 - Wikipedia

ストレス、ノイローゼ、うつには流れがある

前述したストレス、ノイローゼ(神経症)、うつの違いをまとめると、以下のようになります。

人は誰でも「ストレス」を受けて生きていますが、不快なストレスを受け続けると、精神的な不安や恐怖によって身体に変調をきたす「ノイローゼ(神経症)」になり、重度の神経症として「抑うつ神経症(うつ症状)」になる恐れがあります。

また、「うつ症状」とともに継続した精神障害があると判断された場合は、精神病の「うつ病」ということになります。

つまり、ストレス、ノイローゼ、うつは全く同じ物でも別物でもなく、精神的な負担を感じる症状の流れだとわかります。ちなみに、神経症と精神病には、それぞれ該当する病気があります。以下一例を挙げます。

神経症の一例
不安神経症、抑うつ神経症、パニック障害、広場恐怖、強迫神経症、対人恐怖症、各種恐怖症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害、解離性障害、身体表現性障害(ヒステリー)
など

精神病の一例
統合失調症、躁うつ病、うつ病
など

精神病と神経症の違いと治療法|心の悩み相談 西新宿カウンセリング

妊娠、出産、育児における症状の種類

では、妊娠、出産、育児において、ストレス、ノイローゼ、うつに該当する症状にはどのような種類があるのでしょうか。

妊娠中(出産前)の症状
・プレグナンシーブルー
・産前うつ

出産後の症状
・マタニティブルー
・産後うつ

育児中の症状
・育児ストレス
・育児ノイローゼ

妊娠、出産、育児におけるストレス症状の種類には一般的に上記がありますが、ストレス、ノイローゼ(神経症)、うつの違いを理解していれば、名称に注目をしても意味がないことがわかると思います。

つまり、産後うつや育児ストレスなどの名称で症状や対応策を判断するのではなく、以下のように考えるべきでしょう。

・妊娠中にストレスを感じるか、神経症で苦痛を感じるか、病的なうつ症状に陥るか
・出産後にストレスを感じるか、神経症で苦痛を感じるか、病的なうつ症状に陥るか
・育児中にストレスを感じるか、神経症で苦痛を感じるか、病的なうつ症状に陥るか

妊娠、出産、育児において不快ストレスを全く感じない人はいません。ただ、ストレスを気にしすぎたり、反対に放置することで神経症を患い、うつ症状(抑うつ神経症)が現れることがあります。

もっとも大切なことは十分な睡眠

妊娠、出産、育児のストレス症状に対して大切なことは、現在の自分の状態を把握し、強い不快ストレスを受けていると感じた場合は、休息をとったり、リラックスできる環境を作ることです。

ストレスによる睡眠不足は体調を悪化させ、体調不良はより強いストレスになります。自分では元気なつもりでも、「日中のやる気がでない」「集中力が続かない」「いびきをかく」「イライラする」「便秘気味」な人は、睡眠不足の影響を受けているかもしれません。

家族に頼ったり、さまざまなサービスを利用することは当然として、食事に気を使ったり、睡眠サプリを使うなど、とにかく根本的な睡眠の質を上げることを考えましょう。

妊娠、出産、育児は連続した長い期間続くものです。そのため、家族の協力によって、休息やリラックスを取り入れる生活習慣の改善が必要になります。

不快ストレスは、精神的な不安定な状態から身体に変調をきたし、徐々にさまざまな症状に現れるようになります。もし、心身が改善しない状態が続いたら、神経症を疑って、早めに医師に相談をしましょう。

子育ては科学的に学べます!

子育ては日々変化しています。今日OKな子育てが、明日はNGになるかもしれません。

「なんで泣き止んでくれないの?」「わたしの言うこと聞いてよ!」「もっとしっかり食べてほしいのに……。」こんな悩みを解決する子育てはできてますか?

今もっとも正しい方法は、脳科学や心理学的を使った子育てです。赤ちゃんや子供の心を理解できれば、子育てがもっと楽しくなります。

まーさ
わたしも保育士として、年10回は発達心理学、栄養学、衛生管理学などの研修を受けます。

保育士が心理学を学ぶのは当たり前。幼児教育に力を入れる園ほど研修は多いです。子供の気持ちを知りたいママは、以下から資料を請求してください。

\無料で資料請求できます!/

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

子育ての悩みが解消されます!
子供の才能をより引き出せます!
保護者やママ友にアドバイスできます!

子供の気持ちを理解できるようになって、乳幼児教育アドバイザーという第二の人生を始めてもいいですね。

昔からの子育てには正しい方法もありますが、ママが辛いだけの方法もあります。「うちの子かわいい!」がずっと続くよう、楽しい子育てをしてください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.