立ち直り反射

育児・教育

立ち直り反射が必要な理由は?出現・消失時期と確認方法

投稿日:2019年1月15日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

赤ちゃんに出現する立ち直り反射

赤ちゃんには、生きるためにさまざまな反射行動が備わっています。赤ちゃんにとって大切な反射は、大きく「原始反射」と「姿勢反射」に分けられます。

原始反射とは
脊髄、脳幹に反射中枢をもち、ある刺激に対して中枢神経系を経由して起こる反射行動のこと。原始反射の多くは、胎児のときから備わっているが、神経機構の発達に伴って徐々に消失する。

姿勢反射とは
姿勢や平衡を維持するために、乳児の成長に伴って発現する反射行動のこと。神経中枢による筋緊張反射(原始反射)と姿勢や平衡を維持する反射に分けられる。

今回ご紹介するのは、姿勢反射の「立ち直り反射」です。

赤ちゃんに必要な立ち直り反射とは、どのような反射なのでしょうか。また、出現時期や消失時期はいつなのでしょうか。

立ち直り反射の確認方法、出現しない場合の原因と合わせてお話したいと思います。

立ち直り反射とは

立ち直り反射(righting reaction)とは、頭部を中心として、肩部、体幹、腰部を正しい位置に保って、自動的に正常な姿勢に修正する反射行動を言います。立ち直り反応とも呼ばれます。

立ち直り反射は、赤ちゃんの寝返りの動きに強く関係しています。通常、寝返りは以下のように下半身を補助をして、赤ちゃんに体験させます。

寝返りの流れと練習方法
1.赤ちゃんの足を深く交差させる
2.足を軽く補助しつつ、おしりを押す
3.腰を押しながら、腕を交差させる
4.上半身を押して横向きの体制にする
5.さらに上半身を押してくるりと回転させる
6.下敷きになっている腕を抜いてあげる

下半身を捻って、その動きに上半身がついてくることを「body righting reaction」と言います。一方、以下の動画のように、頭を捻ると身体がついてくることを「neck righting reaction」と言います。どちらも立ち直り反射です。

立ち直り反射の出現理由

生まれたばかりの赤ちゃんは、頭部、肩部、体幹、腰部の協調運動ができないため、姿勢が崩れるともっとも重い頭から落下します。ところが、立ち直り反射が出現すると、身体が強調して、頭を中心とした姿勢に立て直そうとします。

そのため、身体の各部を連動させてバランスを取ることができるようになり、身体が傾いても重力に逆らって姿勢を立て直し、怪我などを回避することができます。

立ち直り反射の種類

立ち直り反射には、「視性立ち直り反射(しせいたちなおりはんしゃ)」「迷路性立ち直り反射(めいろせい)たちなおりはんしゃ」という種類があります。

視性立ち直り反射

視性立ち直り反射(optical righting reaction)とは、座位の姿勢から赤ちゃんを前後左右に傾けると、傾けた方向と反対方向に頭を傾けて、頭を垂直に保とうとする反射行動のことです。

視性立ち直り反射は、視覚の発達により現れる反射行動です。

迷路性立ち直り反射

迷路性立ち直り反射(labyrinthine righting reaction)とは、座位の姿勢で目隠しをした赤ちゃんを支えて、身体を前後左右に傾けると、傾けた方向と反対方向に頭を傾けて、頭を垂直に保とうとする反射行動のことです。

迷路性立ち直り反射は、耳石の発達により現れる反射行動です。

立ち直り反射の出現時期・消失時期

立ち直り反射はいつから?

頭、および身体の立ち直り反射は、生後3-6か月ごろに出現します。とくに、身体の立ち直り反射が出現しなければ、赤ちゃんが寝返りをすることはできません。

一方、視性立ち直り反射、および迷路性立ち直り反射は、座位で生後5-6か月ごろ、立位で生後6-7か月ごろに出現します。どちらも、出現することで、お座りやつかまり立ちのときにバランスを保てるようになります。

立ち直り反射はいつまで?

頭、および身体の立ち直り反射、また迷路性立ち直り反射は、5歳ごろに消失します。消失してからは、随意運動によって頭と身体を強調させて、身体のバランスを保ちます。

一方、視性立ち直り反射は、消失することはありません。

立ち直り反射が出現・消失しない場合の異常

立ち直り反射は、生後3か月、または生後6か月の乳児健診で視性立ち直り反射を確認します。また、生後6か月の乳児健診で立ち直り反射を確認します。

正しく出現しない原因

もし立ち直り反射が正しく出現しない場合は、姿勢反射の中枢である延髄や脊髄、またそれらを統べる中脳や大脳皮質の異常を疑います。

姿勢反射の中枢は中脳にあります。姿勢の保持には頸筋の筋紡錘、前庭器官(半規管と耳石器)、眼からの入力が関与しています。また姿勢が変化する際に、視線を保つための眼球運動も同時に起こります。

立ち直り反射について – 医教コミュニティ つぼみクラブ

消失しない原因

頭、および身体の立ち直り反射、また迷路性立ち直り反射は、5歳ごろに消失しますが、もしそれ以降も反射行動が見られる場合は、同様に延髄や脊髄の連絡系統、または中脳や大脳皮質の異常を疑います。

視性立ち直り反射は消失しないため、出現しない場合のみ異常を疑えばよいでしょう。


  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.