子供の肘が抜ける原因は?小児肘内障の症状と予防・治し方

ママの手を引っ張る外国の女の子

この記事の読了時間は約 6 分です。

パパ・ママの両手つなぎジャンプは危ない!

小さな子供がパパとママの間に挟まれて両手をつないで、「それー!」なんて手を引っ張ってジャンプする(持ち上げる)……そんな光景を見たことがありますよね。

というか、わたしもよくやっていました。子供もキャッキャ言って喜びますし、端から見ても家族の仲が良く見えて楽しそうです。

……ところが、親が調子に乗って子供の手を引っ張ぱり過ぎたり、子供がバランスを崩すとけっこう危ないんです。

もし、パパとママが子供の腕を引っ張ったときに、子供が肘の痛みを訴えたり、腕が上がらない、肘が曲がらないという症状が見られたら、「小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)」かもしれません。

今回は、日常生活でもよく起こる小児肘内障の原因と症状、また予防や治し方についてお話したいと思います。

小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)とは

小児肘内障とは、1歳から5-6歳ごろの幼児に起こりやすい肘の亜脱臼のことで、正式名称は「橈骨頭亜脱臼(とうこつとうあだっきゅう)」と言います。

腕の肘から下の部分には、「橈骨(とうこつ)」と「尺骨(しゃっこつ)」という並走する2本の骨があり、橈骨は「橈骨輪状靭帯(とうこつりんじょうじんたい)」というバンド状の靭帯によって、尺骨に固定されています。

小児肘内障

出典|「肘内障」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

子供が急に腕を引っ張られると、橈骨がこのバンド状の靭帯から抜けて亜脱臼を起こしてしまいます。

幼児の間は骨や関節の発達が未熟で、橈骨の引っかかり(橈骨頭)も小さいためバンド状の靭帯が抜けやすいのですが、骨や関節が発達する小学生以降になると、小児肘内障はあまり見られなくなります。

参考|小児肘内障害(しょうにちゅうないしょう)|古東整形外科・内科

小児肘内障の症状

小児肘内障は、肘の曲げ伸ばしを行う橈骨(とうこつ)がバンド状の靭帯から抜けたり、ズレてしまった脱臼状態のため、肘から下がダランと下垂した状態で、腕を曲げることができなくなります。

また、腕が自然に伸びている状態ではなく、腕をピンと伸ばしたり、曲げようとしたり、肘を触ったりなど、何らかの動きがあったときに肘やその周辺部の痛み、また手首や肩などに痛みを伴う場合があります。

脱臼といっても、橈骨(とうこつ)の関節端が関節包内で少しずれた不完全な脱臼状態のため、脱臼の中では比較的軽度のものです。

ただし、骨折や打撲のように腫れたり赤くなったりはしないため、すぐに子供の異変に気づかないことがあります。

参考|子供の肘の脱臼 肘内障|秋元接骨院

小児肘内障の原因

小児肘内障は、子供の手を急に引っ張るなど強く引く力や捻る力で起きるのですが、「急に腕を引っ張ることって、そんなにないんだけど……。」と思っているママもいるかもしれません。

ところが、日常生活で子供の腕が強い力で引っ張られることは意外とあります。そのため、以下のことに注意しましょう。

肘内障の原因1.子供を持ち上げるとき

冒頭でお話したように、親が子供の両手を引っ張って持ち上げる行為は小児肘内障を起こす危険があります。

子供がバランスを崩したり、ふと手の力を抜くなど予想外の動きをした際に、子供の体重も加わって手が引っ張られて肘が抜けてしまいます。

肘内障の原因2.子供と手をつないでいるとき

子供と手をつないでお散歩をしているとき、急に走り出した子供を静止するために思わず手を引っ張ったり、道路に飛び出した子供の手を掴んで反射的に引き寄せたことはあるはずです。

肘内障の原因3.地面に寝そべった子供を起こすとき

イヤイヤ期の子供は、道路や床に寝そべって「行きたくないーー!」「欲しいーー!」などと駄々をこねるものです。

そこで、ママがイラッとして手を引っ張って連れて行こうとすると、小児肘内障を起こす危険があります。転んだ子供を起こそうとして手を引っ張る場合も同様です。

肘内障の原因4.子供同士のケンカのとき

おもちゃの取り合いなど、子供同士のケンカでは腕を引っ張ることが多いですが、その際に小児肘内障を起こす可能性があります。

肘内障の原因5.うつ伏せ寝をしているとき

子供がうつ伏せ寝で体の下に腕を入れたまま捻ってしまったり、変な位置に体重がかかると、小児肘内障を起こす危険があります。

小児肘内障の治し方と注意点

小児肘内障は比較的発生しやすい代わりに、治療(整復)は難しくありません。実は、以下の方法で家庭でも治すことが可能だそうです。

参考|小児肘内障(子供の脱臼)の治し方(整復法)!原因・症状・予防解説|しみず鍼灸整骨院

上記は整骨院のプロによる小児肘内障の治し方の紹介ですが、ページ内にも「あくまで緊急処置が必要と感じたときにのみ」とあるため、家庭で整復を行う前に、必ず整形外科など医師の治療を受けてください。

そのうえで、今後小児肘内障が起こった場合に、家庭でどこまで対処して良いかを医師に相談してください。

整形外科での小児肘内障の治療法

病院に行くと、前述した小児肘内障の治療を行います。治療後に橈骨輪状靭帯(とうこつりんじょうじんたい)が橈骨(とうこつ)にハマり、子供の肘や腕に痛みがなければ治療は完了です。

ただし、小児肘内障の衝撃が強いほど、治療後に痛みが残る場合があります。痛みが強い場合は、骨折や靭帯を痛めている恐れもあるため、別途レントゲンを取るなどの対応があります。

小児肘内障の予防法

子供の突発的なリスクを回避するために起こる小児肘内障は、ほぼ仕方がないと思います。それ以外は親の意識で、予防できる確率を上げられます。

肘内障の予防1.手を引っ張らないように意識する

小さな子供は体重が軽いため、遊んでいるとつい持ち上げたくなります。子供も手に力を入れている状態なら良いのですが、大人の力で勢い良く腕を引っ張って持ち上げることはやめましょう。

とくにパパは、子供を喜ばせようとして力任せに持ち上げることがあるため、小児肘内障のリスクを説明しておいてください。

肘内障の予防2.散歩する際は迷子ひもを使う

子供の迷子や突発的なリスクを防ぐための「迷子ひも」を使えば、急に手を引っ張ることは格段に減るでしょう。

ただし、迷子ひも自体に偏見があったり、間違った使い方で良くない見られ方をされないよう、使う場所や時間などは十分認識してください。

批判もある迷子ひも(幼児用ハーネス)の必要性と正しい使い方

小児肘内障になったときの注意点

1.小児肘内障を繰り返す場合は?

子供は、小児肘内障に限らず一度亜脱臼を起こすと癖になりやすく、何度も小児肘内障を繰り返すことで橈骨頭の成長が妨げられ、大人になっても肘が抜けやすくなる可能性があります。

もし、何度も小児肘内障を再発する場合は、肘のサポーターを付けるなど、子供の関節と骨が成長する小学生低学年まで固定する対応も考えましょう。

2.小児肘内障を放置しても良い?

「小児肘内障は、放置していても自然に治る」という話があります。

たしかに、小児肘内障は自然に治ることもあるようですが、小児肘内障を放置すると関節や靭帯が硬くなり、整復が難しくなる可能性もあります。そのため、子供の肘や腕周辺に異変が見られたら、まず病院に連れて行ってください。

3.肘内障治療後も子供が痛がる…

小児肘内障は、橈骨輪状靭帯(とうこつりんじょうじんたい)が抜ける衝撃で痛みが続く場合があります。そのため、元に戻っても数日は痛がる子もいるそうです。

肩の回旋や手を握ったりできれば整復できている可能性が高いため、痛みが引くまでは三角巾などで手を固定して、あまり動かさないようにします。

もちろん、痛みが引かない場合や違和感が残っている場合は、躊躇せずに医師に相談をしましょう。

親の小児肘内障に対する意識

どれだけ親が気をつけていても、子供の橈骨(とうこつ)は亜脱臼しやすい形のため、小児肘内障のリスクはあります。

ただ、親が小児肘内障に過敏になりすぎると、子供の急なリスク回避に躊躇してしまい、危険を及ぼす可能性もあります。

たとえば、子供が車道に飛び出したり、階段から落ちそうになったり、どこかに頭をぶつけそうになったり……などの危険からとっさに守ろうとしたときは、「小児肘内障が~~」なんて意識はしませんよね。

また、「子供が小児肘内障を起こすかも……。」と親が過剰な心配をして、いっしょに遊んであげなかったり、激しい運動を制限するのは、子供の成長にブレーキをかけてしまう行為です。

子供と身体を使って遊ぶ過程で、子供が手の力を急に抜くことをたしなめたり、親が調子に乗って強い力で引っ張り上げる行為に気をつければ、多くの小児肘内障は防ぐことができるはずです。

そのうえで、ママは子供が小児肘内障を起こしても、慌てず冷静に対応するようにしましょう。

ちなみに、冒頭でお話した、親が子供と両手をつないで引っ張ってジャンプさせる(持ち上げる)行為は、よく小児肘内障を引き起こすため「肘引っ張り症候群(プルドエルボーシンドローム)」と呼ばれるそうです。


参考|肘内障 – gooベビー※リンク切れ
参考|肘内障 — 日本小児外科学会
参考|「肘内障」について | 健康コラム | 杉並区阿佐ヶ谷インタッチ接骨院※リンク切れ