いびきは何歳から?赤ちゃんや子供がいびきをかく割合は

投稿日:2017年11月5日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

子供もでもいびきをかく

先日、子供たちが寝てから帰宅した夫との会話--。

パパ「おとなりさん、けっこう早く寝るんだね。まだ9時だよ。」
ママ「え?この時間まだ帰ってきてないはずだけど。」
パパ「だって、いびき聞こえるじゃん。……あれ?」
ママ「そう、それうちの娘……。」

3歳の娘は豪快ないびきをかきます。5歳の息子もいびきをかきます。夫に「100%パパの遺伝じゃん。」って言ったら「お前のいびきもバイク並みじゃん。」と返される……。そう、うちはいびき一家なんです。

100歩譲ってわたしがいびきをかくのは諦めるとして、子供たち、とくに娘がいびきをかくのは不憫です。「子供もいびきかくの?」と思う人もいるかもしれませんが、音の大小や時間の長短はありますが、子供がいびきをかくのは普通のことです。

では、子供は何歳くらいから、どれくらいの割合で習慣的にいびきをかくのでしょうか。もしかして、0歳の赤ちゃんもいびきをかくのでしょうか。

今回は、子供がいびきをかく年齢や割合について調べてみました。

いびきとは

鼾(いびき)とは、「軟口蓋(なんこうがい)」や「舌根(ぜっこん)」が呼吸の通り道である気道を塞いで気道が狭くなり、空気が出入りする際に軟口蓋、舌根、のどの粘膜が振動して音がなる現象です。

口呼吸と鼻呼吸の空気の通り方の違い

日本大学医学部附属板橋病院 | 睡眠センター | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

日本人はいびきをかきやすい

日本人は欧米人に比べて顎が小さいため気道も狭く、とくに寝ているときは喉の筋肉が緩むため、余計に気道が狭まり、いびきも出やすくなります。

また、子供は風邪やアレルギー性鼻炎で鼻が詰まりやすいこと、咽頭扁桃(アデノイド)や口蓋垂(のどちんこ)が喉に占める割合が大きいこと、感染によってどちらも腫れやすいことが、主ないびきの原因になります。

夜、いびきをかく、と言われました|一般社団法人日本呼吸器学会

ただし、子供がいびきをかきやすいといっても、習慣的にいびきをかく子供は「睡眠時無呼吸症候群」を発症している可能性があります。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠が不安定になるため慢性的な睡眠不足になるだけでなく、日常生活や成長に影響を与える恐れもあります。

赤ちゃん・子供がいびきをかく割合

現在のところ、赤ちゃんや子供が習慣的にいびきをかく割合を調査した結果は少なく、とくに日本では具体的な数字が見当たりません。

アメリカでは1歳児の6.6%、4歳児の13.0%がいびきをかく

一方、アメリカの国立生物工学情報センター(NCBI)に掲載されている情報によると、イギリスのレスターシャー州に住む1-4歳の子供6811人に対する調査において、過去12か月間で59.7%の子供がいびきをかいたことがあるとわかりました。

また同調査において、習慣的にいびきかく子供は1歳で6.6%、4歳になると13.0%に増えることがわかっています。

Snoring in preschool children: prevalence, severity and risk factors. - PubMed - NCBI

また、米国小児科学会がまとめた参考値として、習慣的にいびきをかく2-8歳の割合は3.2-12.1%という数値もあります。

小児のいびきは就学前から小学校低学年で多く、いびきの有病率については、米国小児科学会が既報をまとめた結果、2~8歳で習慣的にいびきをかく小児の割合は3.2~12.1%であり、1歳児の6.6%に習慣的ないびきがあるとの報告があります。

いびき、睡眠時無呼吸症候群(小児) | 南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

0歳児の情報はありませんが、1歳児の6.6%が習慣的にいびきをかくということは、0歳児の赤ちゃんでも習慣的にいびきをかく可能性は十分に考えられます。

さらに、前述した通り日本人は欧米人に比べて顎が小さく気道が狭いため、いびきをかく子供の割合が増えることも予想されます。

習慣的ないびきでなければ問題ない

子供がいびきをかく原因はさまざまですが、習慣的ないびきではなく、一過性のいびきであればとくに問題はありません。

習慣的ないびきは病気が原因の場合もあり、その病気自体が子供に影響を与えたり、前述した睡眠時無呼吸症候群による健康面、生活面で影響を受ける場合もあります。いびきの原因と影響は、以下を参考にしてください。

子供のいびきが健康に及ぼす影響
・発育障害
・睡眠障害
・肥満
・注意力・集中力の低下
・その他

娘のいびきの原因

ちなみに、娘はわりと頻繁にいびきをかきますが、毎日ではありません。とても疲れているとき、風邪で鼻づまりのとき、寝相によって枕が高くなりすぎるときなど、いくつかの条件でいびきをかきます。

少し前に子供たちを小児科で診てもらったところ、2人とも他の子より少々扁桃腺が大きくて、いびきをかきやすいのは間違いないようですが、心配する程ではないとのこと。小学校低学年までは、しっかり運動をさせて心肺機能を高めれば大丈夫だそうです。

ここで、「わたしのも見てもらえませんか?」とはさすがに言えず……。女はいくつになっても、いびきをかくのは恥ずかしいものです。

子育ては科学的に学べます!

子育ては日々変化しています。今日OKな子育てが、明日はNGになるかもしれません。

「なんで泣き止んでくれないの?」「わたしの言うこと聞いてよ!」「もっとしっかり食べてほしいのに……。」こんな悩みを解決する子育てはできてますか?

今もっとも正しい方法は、脳科学や心理学的を使った子育てです。赤ちゃんや子供の心を理解できれば、子育てがもっと楽しくなります。

まーさ
わたしも保育士として、年10回は発達心理学、栄養学、衛生管理学などの研修を受けます。

保育士が心理学を学ぶのは当たり前。幼児教育に力を入れる園ほど研修は多いです。子供の気持ちを知りたいママは、以下から資料を請求してください。

\無料で資料請求できます!/

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

子育ての悩みが解消されます!
子供の才能をより引き出せます!
保護者やママ友にアドバイスできます!

子供の気持ちを理解できるようになって、乳幼児教育アドバイザーという第二の人生を始めてもいいですね。

昔からの子育てには正しい方法もありますが、ママが辛いだけの方法もあります。「うちの子かわいい!」がずっと続くよう、楽しい子育てをしてください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.