子供とのスキンシップの効果は?3歳までの子育てに必要な理由

抱っこで遊ぶ親子

この記事の読了時間は約 6 分です。

3歳までの子育てで大切なことは?

子供にとって3歳までの子育てがとても大切だということは、ママなら誰でも聞いたことがあると思います。

言葉の良し悪しや受け止め方は置いておくとして、「3歳児神話」や「三つ子の魂百」までといった”3歳”を連想させる言葉はいくつもあります。

3歳までの子育てで最も大切なことは、親子(養育者と子供)が積極的にスキンシップを取ることです。

では、なぜ3歳までの子育てにおいて、スキンシップが重要だと言われるのでしょうか。

今回は、親子がスキンシップをすることで得られる効果についてお話したいと思います。

スキンシップとは

スキンシップとは、人と人が肌を触れ合わせることによる心と心の交流のことを言います。つまり、肌の触れ合いが目的なのではなく、肌が触れ合うことで親密感や共有感を感じ、愛着関係や信頼関係を築くことが目的です。

ちなみに、スキンシップとは和製英語で、正しくは「physical intimacy」「physical contact」と表現します。

スキンシップを肌を合わせるだけの意味で捉え、ベタベタすることだと思っている人もいるでしょう。

でもそれは勘違いで、たとえ肌と肌が触れても、親密感や共有感を互いに感じなければスキンシップではありません。電車の中で、男性が女性のおしりを触っても心は通いませんよね(^_^;)

そのため、スキンシップは子供をベタベタと甘やかして、親が一方的に満足することではありませんし、単純に抱きしめてあげたり、手をつないで歩くこととも違います。

子供とのスキンシップで大切なことは、子供に触れるだけではなく、心を通わせることを念頭においた触れ合い・交流を行わなければいけません。

親子のスキンシップが子供に与える効果

では、心を通わせることを念頭においたスキンシップをすると、子供にどのような効果があるのでしょうか。

効果1.子供にストレス耐性ができる

親子のスキンシップは、子供の脳にオキシトシンの分泌を促します。オキシトシンは、心拍数を下げ、副交感神経を高めることでストレス状態を和らげる効果があります。

また、スキンシップを繰り返すことで子供にオキシトシンが分泌しやすい脳が形成されると、成長に合わせたストレス耐性も高まります。

効果2.子供の感情コントロール力がつく

感情をコントロールするとは、自制ができるということです。つまり、独りよがりやワガママを抑える能力がつくということです。

自制をするためには、起こった出来事に対して感情的にならずに思考を働かせて、考え方を変える、気分を変えることによって、欲求を抑えてコントロールする必要があります。

親子のスキンシップを繰り返すことで、子供の脳はオキシトシンが分泌されやすくなります。オキシトシンが分泌されやすい脳を作れば、心の安定やストレスの解消につながり、感情をコントロールすることができるようになります。

効果3.親子の愛着関係を築く

スキンシップによって、愛情ホルモンのオキシトシンが分泌されると、子供はスキンシップの対象に安心感を覚えます。

特定の他者に対して安心感を覚える信頼関係ができた状態を「愛着関係」と言い、とくに生後6か月から2歳過ぎまでの親子の愛着関係が子供の身体的、精神的な成長を促進してくれます。

効果4.子供の情緒が安定する

情緒とは、感情のようにそのときの気持ちではなく、普段の雰囲気を表す言葉です。つまり、情緒不安定とは、普段から落ち着きがなく、何か突拍子もない行動をとったり、常に不安を抱えている状態を言います。

スキンシップによって親子の愛着関係を築くと、子供は親を安全基地と認識して、自信を持った自発的な行動を取ることができるようになります。そのため、不安な気持ちが解消され、情緒も安定します。

効果5.子供の早い自立につながる

親子のスキンシップによる愛着関係は、子供に自己肯定感を生み、自己肯定感が自信と好奇心を育てることで、子供が自発的な行動をとれるようになります。

自発的な行動が増えることで、子供は経験と自信を相互に高め、より早い自立につながります。

効果6.子供の知能が発達する

親子のスキンシップを繰り返すことで、子供の知能が発達する可能性があるという実験結果があります。

ドイツにあるマックス・プランク研究所が行ったもので、43組の母子を対象に行われました(子供の平均年齢5.5歳)。まず、母子でソファに座ってもらい、そこで遊ぶ自然な姿をビデオで撮影しました。その後、収録したビデオをもとに、遊んでいる最中の双方のスキンシップ(母→子、子→母)の様子を分析し、それぞれの子供の脳の動き(安静時脳活動)と照らし合わせました。

すると、遊びの最中に母親が触れる頻度が多い子と少ない子の脳の動きに違いが見られたのです。とくに顕著だったのは、「社会脳」と呼ばれる部分の活動だったそうです。この「社会脳」とは、共感したり、相手の気持ちを察したりするときに活躍する領域で、スキンシップが豊富な子はこの部分の動きがより活発だったということでした。

引用|育児でスキンシップが大事と言われる一番の理由 [子育て] All About

上記の社会脳とは、社会的認知能力を司る扁桃体、眼窩前頭野、側頭葉のことを示しており、社会的認知能力とは、人が社会的な状況を認知・分析する際に必要な情報の取捨選択を担う能力のことです。

簡単に言うと、子供に現在の状況を理解する能力がつくため、頭の回転が早くなるということですね。

効果7.子供の身体能力・運動神経が高まる

子供の身体能力・運動神経の向上に欠かせないことは、好奇心の高まりと自発的な行動です。

前述した通り、自信と好奇心を持った子供は、「自分でやってみたい。」「自分でできる。」という気持ちから挑戦意欲が高まり、挑戦を繰り返すことで身体能力・運動神経が向上します。

効果8.他者への信頼感が生まれる

スキンシップによって親子の愛着関係ができると、他人を信頼する心が育まれます。

信頼すること、信頼されることが喜びや安心感につながることを理解すると、自分も他人を受け入れて、信頼関係を構築することができるようになります。

親子のスキンシップは3歳までで良い?

一般的に、子供の方から親に触れてくるのは小学校低学年ぐらいまでで、それ以降はベタベタすることが恥ずかしいと思う気持ちが芽生えます。

ただ、スキンシップの意味さえ勘違いしなければ、たとえば子供が何かを達成したときにハイタッチをしたり、グーパンチを合わせたり、おしりを叩くこともスキンシップだと言えます。

そのため、スキンシップは親子である限りずっと行なっていけるのが理想ですね。親子から始まるスキンシップをお友達と行い、将来的にはパートナーと行い、そして将来の家族と行なっていく流れが大切なのだと思います。

ちなみに、子供は保育園などで集団生活を体験すると、他者との関係性を通して自我が急激に発達します。子供が急に大きくなって、生意気になったように感じるのはそのためです。

3歳までの親子のスキンシップが大切なのは、親子のスキンシップを習慣にするためです。実際に、仕事が忙しくて親子のスキンシップを疎かにしていたパパは、子供の成長に戸惑うかもしれません(^_^;)

では、他の家庭はどうしているのか、親子でどのようなスキンシップをとれば良いかわからないというパパは以下を参考にしてください。