赤ちゃんの由来・語源は?嬰児、稚児など赤ちゃんを意味する言葉

ハンドリガードする赤ちゃん

この記事の読了時間は約 5 分です。

赤ちゃんは正式名称?

わたしたちは、たとえ赤ちゃんでも、人に自分の子の話をする際は「うちの子が~~」「子供が~~」という言い方をしますね(最近はベビが~~、ベビちゃんが~~と言う人もいるようですが)。

あまりに広く使われているため忘れがちですが、「赤ちゃん」という呼び方は、正式名称ではなく愛称のようなものです。

たとえば、妊娠中でお腹の中にいる赤ちゃんを「胎児」と呼ぶことは誰もが知っていますね。

何をもって正式名称かは意見があるかもしれませんが(ここではそうします)、胎児という呼び方は、日本の法律的にも、医学的にもお腹の中の赤ちゃんを表すための用語として使われています。

ところが、「生まれた赤ちゃんの正式名称は?」と言われて、パッと答えられる人、明確にわかる人は意外と少ないかもしれません。

そこで今回は、赤ちゃんの法律的・医学的な正式名称、また、なぜ赤ちゃんと言うようになったのか、その語源や由来に関して調べてみたいと思います。

日齢、月齢、年齢に応じた赤ちゃんの正式名称

お腹の中にいる赤ちゃんを「胎児」と呼ぶように、生まれた赤ちゃんの正式名称をパッと答えるのが難しいのは、日齢、月齢、年齢によって呼び方が変わったり、定義によって複数の呼び方があるためです。

たとえば、生後28日未満(生後0日-27日)の赤ちゃんの呼び方は「新生児」ですが、新生児の中でも生後7日未満の赤ちゃんの呼び方は「早期新生児」と言います。これは母子保健法での定義で、出産予定日がズレた早産児も同じです。

それとは別に、生後1歳未満の赤ちゃんは「乳児」と呼びます。これは児童福祉法での定義です。ちなみに、満1歳から小学校入学まで(6歳になってから初めて迎える4月1日まで)は「幼児」と呼びます。

赤ちゃん・子供・乳児・幼児は何歳まで?赤ちゃんの定義とは?

ちなみに、医療分野における胎児の定義は、妊娠8週目(妊娠56日目)からを言い、それ以前は胎芽(たいが)と呼びます。

妊娠の始まりとは?妊娠確率と医師が妊娠確定する3つの診断基準

赤ちゃんと呼ぶ語源・由来

では、なぜ赤ちゃんは、赤ちゃんと呼ばれるようになったのでしょうか。その由来は、いくつかの説があります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、分娩時の圧力や産まれてからすぐに泣き始めることで血流が良いこと、さらに皮膚が薄いため体中の血管が透けていることから、赤っぽい肌の色をしています。

その見た目の赤さから、「赤子・赤児(あかご)」と呼ばれていました。それが「赤ん坊」になり、「赤ちゃん」と呼ばれるようになったというのが、赤ちゃんの語源の有名な説です。

その他には、「夜が明ける」から来ていて、子供が産まれることは朝日が昇るイメージがあるため、「夜が明ける子→明け子→赤子」になったという説や、子供を太陽に見立てて赤をイメージしたから「赤子」と呼ばれるようになったなどの説があります。

どちらにしても、赤ちゃんという呼び方は、赤い明るいなどの色のイメージがあることがわかります。

ところが、赤ちゃんという呼び方の他に、赤ちゃんを意味する「緑児」「嬰児」という呼び方も昔からあります。

嬰児、緑児とは

緑児、嬰児は、どちらも「みどりご」と読みます(または嬰児をえいじと読む)。

もともとは、緑児(みどりこ)が使われていましたが、「みどりご」と濁り、その後、嬰児(みどりご、えいじ)が使われるようになりました。

緑児、嬰児の読み方
緑児|みどりこ、みどりご、りょくじ
嬰児|えいじ、みどりご

良い言葉ではありませんが、嬰児殺(えいじごろし)という言葉もあるため、赤ちゃんの正式名称が「嬰児」だと勘違いしている人もいるようですが、緑児も嬰児も法律や医療で使われているわけではないため、赤子・赤児という呼び方と変わりません。

嬰児(緑児)とは、現在は生まれたばかりの赤ちゃんを意味することが多いのですが、もともとは幼子のこと、つまり乳幼児のことです。

三省堂の大辞林には、「生まれて間もない子供」の他に、「生後三年ぐらいまでの子供」という表記があります。そのため、乳幼児を表す言葉だと考えて良いでしょう。赤ちゃんよりも年齢幅が少し広めですね。

ただ、幼児となると前述した通り、満1歳から小学校入学までの呼び方のため、嬰児の「生後三年ぐらいまでの子供」は、なんだか微妙な区切り方だと感じます。乳児+3歳未満児のような意味合いを持つ言葉です。

緑児の由来は、702年に制定された大宝令(たいほうりょう)において、三歳以下の児を「緑」とした記述があったことによります。

もともと「みどり」は色ではなく、新芽や若葉を言い、生命力溢れてい様を指して「緑児」が使われていました。ちなみに、緑色は後から色の名前として使われるようになったそうです。

参考|緑児(りょくじ)とは – コトバンク
参考|鍾非著:私の東大クイズ〈4〉広辞苑を感性で読み解く170問

他にもある赤ちゃんの類語・同義語

昔からある赤ちゃんの呼び方は、他にも様々あります。

「孩児(がいじ)」は年齢関係なく幼い子供の呼び方、「稚児(ちご)」は子供を表す言葉ですが、語源は乳飲み子が縮まったものなので赤ちゃんの意味も含みます。

また、「乳飲み子(ちのみご)」は、一般的には、おっぱいを飲む赤ちゃんをイメージしますが、最近は1-2歳でもおっぱいを飲む子はいるため、おっぱいを飲む幼児であれば、乳飲み子という解釈をしても良いのでしょう。

アメリカ小児科学会やWHO(世界保健機関)では2歳以降までの授乳が推奨されています。

参考|妊娠中および授乳期の食品安全と栄養|世界保健機関 (WHO)

このように、赤ちゃんは昔から多くの呼び方があり、今も様々な分類があります。もし、緑児・嬰児が定着していたら、今ごろ赤ちゃんではなく、緑ちゃんと呼ばれていたかもしれません。

今どき育児用語の「ベビちゃん」が、将来の赤ちゃんの呼び方になっていても、おかしくないのかも……。