妊娠検査薬の間違い?陰性で妊娠…陽性で生理…薄い蒸発線とは

妊娠検査薬の陽性判定

この記事の読了時間は約 6 分です。

妊娠検査薬の精度は?

妊娠検査薬は本当に便利なアイテムです。だって、病院に行かずに妊娠しているかどうかがわかるんですよ。

もちろん、妊娠したい人は「頼む!陽性!」と思って妊娠検査薬を使いますが、反対に「頼む!陰性!」と思って使う人もいます。

ところが、「陰性だったのに妊娠してた!」「陽性なのに生理が来た……。」「初めは陽性だったのに、時間が経って陰性になった……?」という経験をする人もいます。

そんな話を聞くと、妊娠検査薬が間違っているのか正確性に疑問を持ってしまいます。

ただ、一般的な妊娠検査薬は99%以上の精度をうたっているため、余程でなければ妊娠検査薬の陽性・陰性の表示は正しいはずです。では、なぜ妊娠検査薬で、そんな勘違いや間違いが起こってしまうのか……。

それは、妊娠検査薬の使い方が正しくなかったり、特定の状況において妊娠検査薬が誤判定を表示するケースがあるためです。このような紛らわしい陽性・陰性判定のことを「擬陽性(ぎようせい)」「擬陰性(ぎいんせい)」と言います。

今回は、妊娠検査薬で擬陽性・擬陰性が出てしまう原因、判別が難しい薄い線が出た場合の妊娠の判定についてお話したいと思います。

擬陽性(ぎようせい)・擬陰性(ぎいんせい)とは

擬陽性とは、妊娠検査薬を使って陽性判定が出ているにもかかわらず、”陽性に近いだけ”で、結果的に妊娠していない状態を言います。

擬陰性とは、妊娠検査薬を使って陰性判定が出ているにもかかわらず、”陰性に近いだけ”で、結果的に妊娠していたり、妊娠をしていても継続ができない状態を言います。

妊娠検査薬に表示される擬陽性・擬陰性は、「疑」ではなく「擬」です。

1 どうしようかとはかり考える。思案する。「擬議」
2 他のものと引き比べてみる。本物らしく似せる。なぞらえる。「擬音・擬勢・擬態・擬古文・擬人法・擬声語/模擬」

引用|擬(ギ)とは – コトバンク

つまり、間違って陽性・陰性の判定が出ているわけではなく、1%以下の確率で誤反応が生じていたり、正しい使い方をしなかったため、反対の結果として陽性・陰性が出てしまう何らかの理由があるということです。

妊娠検査薬に、これらの擬陽性・擬陰性が表示される条件はいくつかあります。

妊娠検査薬で擬陽性が出る場合

妊娠検査薬で擬陽性が出てしまう条件、理由は以下の通りです。

擬陽性の条件1.不妊治療でhCG製剤を投与した

不妊治療で排卵誘発剤のhCG製剤を投与すると、しばらく尿中hCGが検出される場合があります。一般的に5000単位では1週間、10000単位では2週間程度がhCGの残存期間とされています。

hCG製剤については、また別途まとめたいと思います。

擬陽性の条件2.絨毛性疾患(じゅうもうせいしっかん)

絨毛性疾患とは、胎盤と母体をつなぐ絨毛細胞におこる疾患の総称で、疾患には「胞状奇胎(ほうじょうきたい)」や「絨毛ガン」などがあります。

絨毛性疾患が起こると、上毛組織が異常増殖して尿中hCGが通常より高い値を示します。疾患のため、ほぼ妊娠の継続はできません。

擬陽性の条件3.化学流産(かがくりゅうざん)

化学流産とは、受精卵が子宮内膜に着床してhCGが分泌されたにもかかわらず、染色体異常などの理由で受精卵の細胞分裂が進まず、胎嚢の形成前に妊娠を継続できなくなることを言います。

擬陽性の条件4.子宮外妊娠(異所性妊娠)

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮内膜ではなく卵巣、卵管など他の部分に着床して絨毛が伸びた状態のことで、放置すると卵管破裂などを起こし、出血による母体の危険を伴うこともあります。

子宮外妊娠は、妊娠検査が陽性であるときに、早ければ妊娠5週、通常は妊娠6週以降で胎嚢が存在しない場合に疑う症状です。

擬陽性の条件5.流産・中絶の後

流産・中絶の後は、しばらくの間は尿中hCG値が高い場合があります。hCG分泌量や分泌時期は人によって差があり、数週間から数か月のあいだ尿中hCG値が下がらない場合もあります。

擬陽性の条件6.閉経によるhCG擬似物質

女性が閉経すると、妊娠とは無関係なhCG擬似物質が分泌されるため、陽性反応を示す可能性があります。

擬陽性の条件7.黄体形成ホルモンの誤反応

卵胞期末から排卵期にかけて分泌される「黄体形成ホルモン(LH)」によって、妊娠検査薬が誤反応を起こし、陽性反応を示すことがあります。

擬陽性の条件8.蛋白尿、血尿の誤反応

蛋白尿や血尿など不純物が混じったおしっこによって、妊娠検査薬が誤反応を起こし、陽性反応を示すことがあります。

妊娠検査薬で擬陰性が出る場合

妊娠検査薬で擬陰性が出てしまう条件、理由は以下の通りです。

擬陰性の条件1.妊娠検査薬の使用時期が早い

妊娠検査薬の使用時期が生理予定日の1週間後よりも早いと、尿中hCGが50mIU/mlを超えていないため、妊娠をしていても陽性反応が出ない場合があります。

擬陰性の条件2.おしっこが薄い

水分摂取量が多いなどおしっこが薄まってしまうと、充分な尿中hCGを検出できない場合があります。

擬陰性の条件3.稽留流産(けいりゅうりゅうざん)

たとえ妊娠しても、胎児が子宮内で死亡している場合はhCG分泌が低下している可能性があり、妊娠検査薬が陰性を示す場合があります。

擬陰性の条件4.hCGの過剰分泌

たとえ正常な妊娠の場合でも、妊娠8-12週ごろで尿中hCG値が高すぎる場合は、妊娠検査薬が正しく反応せずに陰性を示す場合があります。

擬陰性の条件5.多胎妊娠

一般的に、多胎妊娠は単胎妊娠よりもhCG分泌が多くなる可能性が高く、hCGの過剰分泌により妊娠検査薬が正しく反応せずに陰性を示す場合があります。

陽性線が薄い場合と蒸発線の判断

「これ陽性?陰性?」となるのは、妊娠検査薬に陽性の線が薄く現れた場合です。この薄い線を「蒸発線(じょうはつせん)」と言い、蒸発線が出ると陽性・陰性どちらの可能性もあります。

とくに、陰性を確認した後に10分ほど経って陽性の線が出た場合は、蒸発線の可能性があります。

1.蒸発線とは

蒸発線とは、妊娠検査薬に当てたおしっこが蒸発して成分が濃縮され、その成分で妊娠検査薬が誤反応を起こして表示される偽の陽性反応のことです。

おしっこが蒸発する時間は環境によって変わりますが、陰性からしばらく経って出た陽性反応は蒸発線の可能性が高く、妊娠の可能性は低くなります。

2.薄い陽性が陰性になった

薄く陽性反応が出ていたのに、時間が経って陰性に変わる(線が消える)こともあります。

これは、妊娠検査薬が誤反応を起こして薄い陽性反応を出した後に、徐々に消えてしまったものです。この場合は、妊娠の可能性は低くなります。

3.違う色の陽性反応が出た

妊娠検査薬は、メーカーによってピンクや青など妊娠判定の線の色がそれぞれ決まっています。

ところが、決まった色の線(陽性反応)が出なかった場合は、前述した通り誤反応による蒸発線の可能性があります。蒸発線は、主にグレーの薄い線になることが多いようです。

擬陽性・擬陰性が出た後の対応

妊娠検査薬で陽性が出て「やったー!」という人も、陰性が出て「(ホッ……。)」という人も、その後間違いだとわかるとショックが大きいですよね。

そんな勘違いを避けるために大切なことは、妊娠検査は1回で判断しないということです。焦る気持ちはわかりますが、もう数日~1週間ほど待って、再度妊娠検査薬を使ってください。

妊娠検査薬の使い方
1.生理予定日の1週間後に1回目の妊娠検査薬を使う
2.さらに1週間後に2回目の妊娠検査薬を使う
3.2回目の妊娠検査で陽性が出た場合は妊娠がほぼ確定

もし、「1回目で陽性、2回目で陰性」が出た場合は擬陽性・擬陰性どちらかの可能性があります。また、「1回目で陰性、2回目で薄い陽性」が出た場合は、妊娠の判断がつかないかもしれません。

どちらにしても、2回の妊娠検査で判断がつかない場合は、すぐに病院に行き妊娠検査を受けてください。

擬陽性・擬陰性は何らかの疾患を抱えていたり、流産の後処理ができていない可能性もあるため、自分勝手な判断はリスクがあります。場合によっては、次の妊娠に影響を及ぼしたり、疾患が重症化する可能性もあります。

そのため、妊娠検査薬は正しい環境で正しく使い、焦らず複数回検査を行うことを忘れないようにしましょう。