正しい熱の測り方は?嫌がる赤ちゃんに使える非接触体温計の精度は

生活・家族

正しい熱の測り方は?嫌がる赤ちゃんに使える非接触体温計の精度は

投稿日:2019年3月18日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

赤ちゃんの体温測定は大切!

みなさんは、普段どのような体温計を使っていますか。女性にとって体温を測ることはとても重要なことです。

妊娠前にはどのような体温計でも気にせずに使っていた人でも、妊娠をしたり、妊活を始めると、婦人用体温計を使うことで体温を測る重要性、体温計の重要性を知りますね。

赤ちゃんも同じように日々の体温測定が重要です。もちろん、感染症などの場合に平熱からどれくらい体温が上がっているかが、一つの健康の目安になるからです。

ただ、赤ちゃんの日々の体温測定は、それ以上に体温調節機能が未熟な赤ちゃんの体温が上がりすぎないよう、また脱水症状などがおきないように、観察するために必要な行為です。

では、赤ちゃんに使う体温計はどのような種類のものを使えば良いのでしょうか。また、普段から正しく体温測定ができているでしょうか。

今回は、体温計の種類、赤ちゃんの正しい体温の測り方などについてお話したいと思います。

赤ちゃん・子供の平熱の基礎知識

平熱とは、食事や入浴後を避けて安静時に測った体温のことで、年齢や性別、環境、その人の状態によって異なります。

赤ちゃん・子供の平熱の平均

赤ちゃんや子供の体温は大人と比べて少し高めです。新生児で36.7-37.5℃、乳児は36.8-37.3℃程度とおよそ37℃前後が平熱です。

基礎データ編 | こどもの健康と救急

ただし、赤ちゃんは体温が上がりやすく、室温や服の着方で熱がこもったり、泣いたり、哺乳するだけで体温がぐんと上がります。そのため、体温が上がる状況を避け、起床前、昼食前、午後、就床前に腋窩温(腋の下の温度)を測った平均は以下のようになります。

乳幼児男女の平熱目安

部位による体温の違い

体温は、外部の影響を受けにくい身体の内部の温度「中核温(ちゅうかくおん)」がもっとも安定していますが、内部なので簡単には測れません。

中核温に近い体温を測定できる部位として、腋、耳、口、直腸があり、腋<耳・口<直腸の順で高い温度になります。そのため、平熱を知るには同じ部位を同じ時間帯に測定して、比較する必要があります。

体温ってなあに?正しい体温の測り方|活動報告|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所

体温計の種類

では、赤ちゃんに対してどのような体温計を使えば良いのでしょうか。体温計の種類を見ていきます。

電子体温計(腋専用・口専用)

電子体温計とは、体温計の先端にあるセンサーで測定した温度がデジタル表示されるタイプで、「実測式」と「予測式」があります。

電子体温計で測定する場所は口内や腋下です。これらの部位は体表面に近いため、気温や室温などの外的環境に左右されますが、口や腋を閉じてしっかり温まったときの温度「平衡温(へいこうおん)」を測ることで「中核温」に近い温度になります。

実測式体温計

実測式体温計とは、測定している温度をそのまま表示する体温計のことです。水銀体温計のように、温度センサーが測定している温度がそのまま表示されるため、測定までに腋下では約10分・口内では約5分かかります。

予測式体温計

予測式体温計とは、平衡温を予測し、短時間で体温を測定する体温計です。温度センサーで測定した温度をもとに、予測機能で体温の予測検温値(約5-10分後の平衡温)を表示します。測定までの時間は、約20-90秒と機種によって異なります。

「予測式+実測式体温計」というタイプもありますが、こちらは予測検温後に実測式検温に切り替わります。

ちなみに、腋下より口内の中の方が外気に晒されにくく体温が安定しています。婦人用体温計に口専用が多いのは、その特徴を生かして0.01℃の単位まで測定するためです。

体温ってなあに?正しい体温の測り方|活動報告|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所

耳式体温計

耳式体温計は、耳から出ている赤外線をセンサーで測定するタイプです。人間の身体からは赤外線が放出されており、耳式体温計は鼓膜から放出される赤外線をセンサーでとらえ、耳の中の鼓膜・その周囲の温度を測定しています。

耳式体温計は予測式体温計で、体温の計測・表示がもっとも速く、約1秒で体温が測定できます。

耳での検温方法|検温方法|体温計入門|テルモ体温研究所

正しい体温の測り方

体温は部位による温度の違いがあるだけでなく、正しい測り方をしなければ同じ部位でも温度にズレが生じてしまいます。体温計のタイプ別に、正しい測り方をみてみましょう。

腋下で体温を測定する方法

①体温を測る前に汗を拭きます。測定は体温が上がりやすい食後や入浴後を避けましょう。
②腋のくぼみの中央に、斜め下から体温計の先端をあてます。上や真横から差し込むと、腋の中心にあたりません。また肌着にあたらないように注意しましょう。
③体温計が身体に対して30度の角度になるように調整して、腋をしっかり閉じます。測定中は動かず、電子音が鳴るまで待ちます。予測式では約20-90秒、実測式では5-10分かかります。

正しい使い方(正しい体温の測り方)|体温計|商品情報|オムロン ヘルスケア

口内で体温を測定する方法

①飲食直後や運動後、外出後30分以内の測定は避けましょう。
②舌の裏の中央にあるスジの横(左右どちらでも)に体温計の先端をあてます。
③しっかり口を閉じ、平衡温になるのを待ちます。測定中は体温計の先端が動かないように手で固定し、安静にしましょう。予測式では約30秒、実測式では分程度かかります。

口での検温方法|検温方法|体温計入門|テルモ体温研究所

予測式の体温計は、連続使用すると体温計本体や測定部位が温まってしまい、測定値に誤差が生じます。続けて測る場合は1分以上時間を空けてから再測定して下さい。

電子体温計に関するご質問:よくあるご質問(Q&A):健康機器:シチズン・システムズ株式会社

耳内で体温を測定する方法

①測定前に耳垢が溜まっていないことを確認しましょう。また、外出後30分以内の測定は避けましょう。
②耳の中に体温計の先端を挿入します(入れすぎない)。
②赤ちゃんの耳の上を斜め後ろに少し引っ張って、耳の穴をまっすぐにしましょう。上手く測れないときは、先端を少し左右に振ってください。

正しい使い方(正しい体温の測り方)|体温計|商品情報|オムロン ヘルスケア

赤ちゃんの体温測定に適した時間帯や場所

体温を測る時間帯はいつが良い?

体温は朝がもっとも低く、夕方過ぎに高くなり、夜に再度低くなるというリズム(概日リズム・日内変動)があります。

そのため、起床時、午前、午後、夜の計4回体温を測り、それぞれの時間帯の体温の平均値を平熱の目安にします。食後すぐ・運動後・入浴後・興奮しているときは体温が高くなるため、時間を空けて測ってください。

体温ってなあに?正しい体温の測り方|活動報告|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所

体温を測る場所はどこが良い?

体温測定の場所は腋下・口内・耳内・おでこなどいろいろあり、一応適している対象も設定されています。

体温測定場所と年齢の目安
頚部温(顎の下など)|新生児などの乳児
口腔温(口の中)|幼児から成人
腋下温(腋の下)|幼児から成人
直腸温(肛門)|新生児などの乳児
外耳道(耳の中)|子供から成人

赤ちゃんが必ず頚部温を測らなければいけないわけではなく、どこがもっとも良いということはありません。ただ、それぞれの部位で平熱が異なるため、腋下温と口腔温を比べても意味がありません。

日本では腋下温が一般的ですが、口腔温や直腸温の測定が一般的な国もあります。そのような場合は、ウイルスなどの感染を防ぐため、家族一人ひとりが専用の体温計を持っています。

知っておきたい体温の話|活動報告書|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所

赤ちゃんが体温測定を嫌がるときの対処

「赤ちゃんの体温は正確に測りたいから、予測式よりも実測式体温計の方が良いよね?」

赤ちゃんは身体をじっとすることが嫌だったり、見慣れない体温計が怖かったりなどの理由で体温測定を嫌がります。ただ、赤ちゃんが泣くと体温は上がりますし、暴れると正確な体温測定ができません。こんなときは、どうすれば良いでしょうか。

大切なことは、赤ちゃんに体温測定が怖くないと感じさせること、またどの部位を測るにしても正しい測り方で誤差を少なくすることです。

安心する体制や環境は、赤ちゃんによって異なります。そのため、体温測定中に抱っこする、歌をうたう、スマートフォンの動画やテレビなどを見せる、ゆっくり数を数えるなど、赤ちゃんが安心できる方法を探してください。

また、赤ちゃんの機嫌を取っているうちに体温計がズレていた……ということもよくあります。測定部位に注意しながら短時間で測り終わるように、測定の方法を工夫してみてください。

上記を踏まえた上で、赤ちゃんの体温測定に使う体温計は、予測式体温計・実測式体温計のどちらでも構いません。何れにせよ日内変動がありますし、0.2-0.3℃の体温の違いで対応が大きく異なるわけでもありません。

それよりも、平熱と測定した体温の違い、そのときの赤ちゃんの様子を見ることの方が大切です。

微熱でも見るべき赤ちゃんの様子と判断基準
・目力を中心に観察する
・顔色や唇の色を見る
・あやして落ち着くかを見る

そのため、赤ちゃんがどうしても体温測定を嫌がる場合は、次の非接触体温計も検討しましょう。

非接触体温計とは

非接触式体温計は、こめかみやおでこなどの皮膚表面から放出されている赤外線をとらえ、計測したおでこ表面の平均温度を口内の温度(舌下温)に予測換算するものです。

こめかみやおでこは血流量が多く、体温を反映しやすい部位のため測定部位に適しています。非接触体温計を使えば、皮膚に直接触れずに約1秒で測定できます。皮膚に触れないため、体温計使用後の消毒や拭き取りは不要ですし、耳式体温計よりも気を使わずにすみます。

また、製品によっては「体温計モード」の他に「物体表面温度モード」を備えているものもあります。「物体表面温度モード」を使うとミルクやお風呂のお湯の温度など、さまざまな場面で活用できます。

非接触式体温計の測り方

①測定時は、汗を拭き、髪の毛がかからないよう注意してください。
②体温計の先端を指定された測定部位(おでこやこめかみ)1-3cmの距離に近づけます。
③電源ボタンを押して測定します。

非接触体温計UT-701(でこピッと)|体温計|医療・健康(家庭用健康機器)|製品案内|A&D

非接触体温計の精度

非接触体温計の精度は±0.2-0.3℃程度ですが、エラーで測れなかったり、明らかに誤差が大きく出る場合もあります。

また、赤ちゃんが汗をかいていたり、室内が寒すぎると正しく測定できません。そのため、汗を拭ったり、室内を暖めて再計測しなければいけないのですが、「今すぐ計りたい」というときにエラーが続くと少し手間に感じるかもしれません。

しかし、寝ている赤ちゃんに触れずに体温を測定できるのは、とても便利です。



Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.