赤ちゃんが生まれると産まれるはどっちが正しい?使い方の違いは

投稿日:2017年7月15日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

わたしもよくわからない「生まれる」と「産まれる」の違い

「赤ちゃんが生まれる」
「赤ちゃんが産まれる」

みなさんは、赤ちゃんが「生まれる」と赤ちゃんが「産まれる」の使い方、漢字はどちらが正しいと思いますか?

実は、わたしも「生まれる」と「産まれる」の使い方の違いをよくわかっておらず、文章を書くときはそのときの気分で「生まれる」「産まれる」のどちらも使ってしまいます。

「生まれる」と「産まれる」には、何か意味の違いはあるんでしょうか。また、「赤ちゃんが生まれる」と「赤ちゃんが産まれる」は、明確な使い分けの必要性はあるんでしょうか。

今回は、「生まれる」と「産まれる」の意味の違いや使い分けの必要性について、調べてみたいと思います。

生まれると産まれるの意味

生まれるとは

「生まれる」の漢字は、「赤ちゃんなどの生命を生む」の他に「作品を生む」「誤解を生む」などに使われます。

類語例解辞典によると、

「生まれる」は、人間だけでなくあらゆる動物についていう。また、「オリンピックで数々の世界新記録が生まれた」のように、物事やある状態が新たに現れたり、人間の手で作り出されたりする意でも用いる。

とあります。つまり、生命の誕生だけでなく、物を作り出したり、芸術作品を創造するなど何かが現れることを意味しています。

産まれるとは

「産まれる」の漢字は、「赤ちゃんなどの生命を産む」の他には、「卵を産む」などに使われます。

「生まれる」に対して、「産まれる」は生命の誕生のみに限定的に使われることが特徴です。

生まれると産まれるの使い分け

では、前述した意味を踏まえ、「赤ちゃんが生まれる」と「赤ちゃんが産まれる」には、使い分けの必要があるのかを考えてみます。

おそらく、赤ちゃんなど生命の誕生に対して、「赤ちゃんが生まれる」と「赤ちゃんが産まれる」を使い分ける必要はなく、どちらを使っても間違いではないのだと思います。

ただし、「生まれる」はより一般的な言葉であり、何に対して使っても問題がないことに対して、「産まれる」は出産などの行為(生命を体内から取り出す行為)に使うことが多い言葉です。

そのため、「わたしは、生まれも育ちも八王子です。」の場合は、対象が人間でも出産などの行為ではないため、「生まれる」を使う方がより妥当だということになります。

「生まれる」と「産まれる」の使い方の例

以下のように「生まれる」と「産まれる」の文例を挙げてみると、「産まれる」の方が使い方が限定的で文例も少ないことがわかります。

「生まれる」と「産まれる」の使い方事例
生まれるを使う文例
子供が生まれる
卵が生まれる
記録が生まれる
作品が生まれる
疑惑が生まれる
など

産まれるを使う文例
子供が産まれる
卵が産まれる
など

「生まれる」と「産まれる」は新聞ではどう使われている?

全国紙の新聞では、「生まれる」と「産まれる」をどのように使い分けているのでしょうか。毎日新聞・校閲グループの公式Twitterには、以下のように書かれていました。

というわけで、ある程度使い分けルールはあるようですが、わたしたちが一般的に使う分にはそれほど意識する必要はなさそうです。新聞は、わたしたちが日常生活で使い分けを意識する以上に、明確な使い分けや漢字の統一が必要なので大変ですね。

妊娠、おめでた、懐妊なども普段とくに意識せずに使っていますが、こちらも意味の違いや使い分けの必要性があるのでしょうか。以下を参考にしてください。

子育ては科学的に学べます!

子育ては日々変化しています。今日OKな子育てが、明日はNGになるかもしれません。

「なんで泣き止んでくれないの?」「わたしの言うこと聞いてよ!」「もっとしっかり食べてほしいのに……。」こんな悩みを解決する子育てはできてますか?

今もっとも正しい方法は、脳科学や心理学的を使った子育てです。赤ちゃんや子供の心を理解できれば、子育てがもっと楽しくなります。

まーさ
わたしも保育士として、年10回は発達心理学、栄養学、衛生管理学などの研修を受けます。

保育士が心理学を学ぶのは当たり前。幼児教育に力を入れる園ほど研修は多いです。子供の気持ちを知りたいママは、以下から資料を請求してください。

\無料で資料請求できます!/

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

子育ての悩みが解消されます!
子供の才能をより引き出せます!
保護者やママ友にアドバイスできます!

子供の気持ちを理解できるようになって、乳幼児教育アドバイザーという第二の人生を始めてもいいですね。

昔からの子育てには正しい方法もありますが、ママが辛いだけの方法もあります。「うちの子かわいい!」がずっと続くよう、楽しい子育てをしてください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.