メープルシロップとはちみつの違いは?赤ちゃんは食べられる?

生活・家族 食事・離乳食

メープルシロップとはちみつの違いは?赤ちゃんは食べられる?

投稿日:2019年2月22日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

赤ちゃんのはちみつ摂取は禁忌

2017年3月に起こった死亡事故によって、赤ちゃんにはちみつを与えるのは危険だという認識がこれまでよりも一般的に広がりました。

離乳食にはちみつで男児死亡 「クックパッド」のレシピをめぐり物議(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

たしかに、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与える行為は禁忌で、これは子育てをする人なら必ず知っておかなければいけない知識です。

では、メープルシロップや他の似たような甘味料も、はちみつと同じように禁忌にあたるのでしょうか。

今回は、メープルシロップの安全性とはちみつとの違い、その他の甘味料を赤ちゃんが食べられるかどうかについてお話したいと思います。

メープルシロップとは

メープルシロップ(maple syrup)は、サトウカエデの樹液を煮詰めて作る甘味料です。メープルはカエデのことですね。

生産地はサトウカエデが原生する一部の地域に限られており、カナダのケベック州が世界のメープルシロップの約8割を生産する世界最大の生産地です。

メープル(サトウカエデ)の樹液は、雪解け時期の2週間前後の期間しか採取できず、採取できる量も限られています。また、煮詰めて作るため40リットルの樹液から1リットルしか採取できない、とても希少な甘味料です。

メープルシロップは採取時期によって色や風味の強さに違いがあり、4つのグレードに分けられています。また、メープルシロップを加工したメープルスプレッドやメープルシュガー、メープルビネガーなどの派生品もあります。

メープルシロップとは メープルシロップの品質基準とグレード メープルシロップ

メープルシロップとはちみつの違い

メープルシロップははちみつと似ていますが、まったく違うものです。

原材料の違い

メープルシロップは、カエデの樹液を煮詰めたものです。対して、はちみつは、ミツバチが花から採取した蜜を自らの体内で分解したものです。

成分の違い

メープルシロップは「ショ糖」、はちみつは「ショ糖」と「果糖」から成ります。果糖は、ショ糖の1.3倍甘く感じるため、メープルシロップよりもはちみつの方が甘味を強く感じます。

また、メープルシロップはカルシウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラル類を多く含み、はちみつはビタミンB1・B2・B6・ビタミンC・葉酸などのビタミン類を多く含みます。

1-0203 砂糖類(正誤表12反映1227)|第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版) 文部科学省

メープルシロップとは メープルシロップの栄養価 メープルシロップ

ボツリヌス菌の有無

はちみつには、乳児ボツリヌス症やボツリヌス中毒を起こす「ボツリヌス菌」が含まれている可能性があり、赤ちゃんの腸管内で感染・発芽すると神経症を起こし、最悪死亡する場合もあります。

メープルシロップは、サトウカエデの樹液を10時間以上煮詰めることで、キャラメル色でとろっとしたシロップに仕上がります。つまり、十分な加熱殺菌処理がされているため、ボツリヌス菌の心配はありません。

注釈ボツリヌス菌は120℃で4分以上、あるいは100℃で6時間以上の加熱で完全に死滅します。

メープルシロップは離乳食に使える!

はちみつと違い、メープルシロップは離乳食にも使えます。たとえば、メープルシロップをヨーグルトに混ぜたり、はちみつの代用品として蒸しパンに使っても良いですね。

メープルシロップは甘みが強く、砂糖小さじ1杯をメープルシロップに置き換えると小さじ2/3程度になります。また、メープルシロップには独特な風味があるため、使う場合はなるべく少量で加減してください。

赤ちゃんと子供にメープル メープルシロップ

与える時期はいつごろ?

メープルシロップを赤ちゃんに与える目安は、離乳食後期、生後10か月を過ぎるころですが、稀に食物アレルギーが起こる場合もあるため、最初はごく少量から与えてください。

また、甘味・塩味などの調味料は少量で十分です。赤ちゃんに濃い味付けの食べ物ばかりを与えると、腎臓や肝臓に負担がかかります。

与える量はどれくらい?

1日の上限摂取量の目安は、離乳初期で1g未満(小さじ1/3程度)、離乳中期で2g(小さじ2/3杯)、離乳後期で3g(小さじ1杯)、離乳完了期で4g(小さじ1と1/3杯)、1歳で10g(大さじ1杯)、2-4歳で15g(大さじ1と2/3杯)ほどです。

1日の糖類の摂取目安量

赤ちゃんと子供にメープル メープルシロップ|ケベック・メープルシロップ生産者協会

上記は、あくまで上限摂取量の目安なので、なるべく少ない量に抑えるようにしましょう。

使えるメープルシロップは?

メープルシロップが採取できるサトウカエデは希少で、カナダ南東部を中心とした一部の地域のみに原生しています。しかも、夏は暑く、冬は-30℃という寒暖差のある気候でなければ、甘い樹液を作り出せません。

そのため、メープルシロップと呼べる商品は、サトウカエデの樹液100%のもののみです。

メープルシロップの香りや味を手軽に味わえるよう、メープルシロップ風味など加工された商品も販売されていますが、それは、別の甘味料や香料などが含まれるため、赤ちゃんには与えない方が良いでしょう。

メープルシロップのデメリット

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?(2017年11月25日)|ウーマンエキサイト(1/3)

甘味が強いため味覚形成に影響を与える

メープルシロップは自然で安全性も高い甘味料ですが、甘味が強いため赤ちゃんの味覚形成に影響を与える可能性もあります。

ショ糖類のため虫歯になりやすい

メープルシロップの主成分はショ糖のため、虫歯の心配があります。虫歯菌は口腔内でショ糖などを分解し、産生された酸が歯をとかすことで虫歯の原因になります。

赤ちゃんは生後10か月ごろからメープルシロップは食べられますが、使うのは少量にし、食べた後は忘れずにお口のケアをすることが大切です。

水分量が多いため傷みやすい

また、メープルシロップははちみつに比べて水分量が多いため、カビが生えたり傷みやすい特徴もあります。保存方法に注意して食中毒を防ぎましょう。

メープルシロップは開封前は常温で保存できますが、開封後は蓋をしっかり閉めて冷蔵庫で保存してください。常温保存だと水分が蒸発して細菌が繁殖しやすくなります。もし使い切るまで1か月以上かかる場合は、冷凍庫で保存しましょう。

FAQ メープルシロップ|ケベック・メープルシロップ生産者協会

はちみつ以外の糖類・甘味料のボツリヌス菌の有無

メープルシロップにボツリヌス菌が含まれないことはわかりましたが、それ以外の糖類・甘味料は、ボツリヌス菌の心配はないのでしょうか。

黒糖、きび砂糖、コーンシロップ

残念ながら、はちみつだけでなく、黒糖、きび砂糖、コーンシロップにもボツリヌス菌が潜んでいる可能性があります。

正しい方法で加熱殺菌されていれば安全に食べられますが、加熱殺菌されているかどうかは、食品やパッケージを見ただけでは分かりません。そのため、よく分からないときは、乳児には食べさせない方が安全です。

知って予防しよう!乳児ボツリヌス症 | あおい小児科院内勉強会 | 当院のこだわり | あおい小児科

ちなみに、日新製糖のきび砂糖はサイト上で以下のように安全性の説明をしています。

ボツリヌス菌は、土壌、河川あるいは海洋に広く存在していますが、低酸素状態に置かれると菌が増殖することにより、毒素が発生すると言われています。ただし、このボツリヌス菌は、一定以上の高温で一定時間以上加熱(例えば“120℃4分以上”加熱)されると死滅します。きび砂糖とプレミアムきび砂糖の製造工程には、加熱処理工程(“120℃4分以上”に相当する加熱)がありますので、万一、ボツリヌス菌が原料に潜んでいたとしても、確実に菌は死滅し、ボツリヌス毒素についても完全に無毒化されます。また、これら製品の検査を定期的に行っておりますが、これまでボツリヌス菌を検出したことはありません。

よくあるご質問(お砂糖)|お問い合わせ|お砂糖はカップ印 日新製糖

水あめ

一方、水あめはじゃがいもやとうもろこしに含まれるデンプンから作られた甘味料です。そのため、メープルシロップのように離乳食後期から赤ちゃんに与えることができます。

こちらも、なるべく少量を使うようにし、赤ちゃんの離乳食に使った場合は虫歯のケアを怠らないようにしてください。


Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.