離乳食のゴックン期・モグモグ期・カミカミ期・パクパク期とは

手づかみで食事をする赤ちゃん

この記事の読了時間は約 7 分です。

離乳食の進め方がわからない…

近年の離乳食開始の傾向は、赤ちゃんが生後6か月から、早ければ生後5か月の途中から始まることが一般的です。もちろん、初めての赤ちゃんの離乳食の開始は誰もが緊張しますね。

「離乳食がなかなか進まない。」
「昨日は食べてたのに今日は一口だけ……。」
「口に入れてもすぐに吐いちゃう。」
「手づかみぐちゃぐちゃで後片付けが大変。」

などなど、離乳食特有の悩みをママ友から聞いて、少し腰が引けているママもいるでしょう。まず間違いなく、ママのストレスなく離乳食がスムーズに進む赤ちゃんはいないので、ある程度覚悟して臨んでください。

その上で、離乳食を進めるストレスを少しでも軽減したいなら、いつごろにどのような離乳食を与えて、何を目標にするかをちゃんと理解しておくことが大切です。

離乳食の進め方がわからない人は、まず離乳期の「ゴックン期」「モグモグ期」「カミカミ期」「パクパク期」を理解しましょう。

今回は、離乳期のゴックン期・モグモグ期・カミカミ期・パクパク期がそれぞれいつからいつまでなのか、それぞれどのような時期なのかについてお話したいと思います。

離乳準備期

赤ちゃんが離乳食を食べる「離乳期(りにゅうき)」には、「離乳初期」「離乳中期」「離乳後期」「離乳完了期」があり、それぞれ通称としてゴックン期、モグモグ期、カミカミ期、パクパク期と呼ばれています。

そして、離乳期の前段階として生後4か月ごろの「離乳準備期(りにゅうじゅんびき)」という概念があります。

離乳準備期とは、赤ちゃんが離乳食を食べる前の準備期間として以前は必要な期間とされていましたが、現在ではとくに意識する必要はありません。

以前の離乳準備期では、赤ちゃんにスプーンでミルクを与えてスプーンに慣れさせたり、ミルクでは足りない栄養を補うために、味の付いた果汁や野菜スープなどを飲ませていました。

ところが現在は、栄養の阻害、虫歯リスク、下痢になるなどが指摘されるため、果汁や野菜スープなどは与えない方が良いとされています。

また、赤ちゃんをスプーンに慣れさせなくても、固形物を排除する「押し出し反射」が生後5-6か月ごろまでに徐々に消失することで、自然とスプーンを受け入れられるようになることがわかっています。

離乳初期(ゴックン期)|生後5-6か月

離乳初期(りにゅうしょき)のゴックン期は、生後5-6か月ごろが目安です。ゴックン期とは、赤ちゃんが舌を使って食べ物を喉に送り込み、ゴックンと飲み込めるようになる時期のことです。

ゴックン期の流れ

離乳食を始めると言っても、赤ちゃんはまだ胃や腸の消化機能が未熟で、固形物を栄養として上手く吸収できません。

そのため、初めはなるべく固形物をなくすために、ご飯粒を裏ごしして潰したスープに近いおかゆを食べさせ、徐々に慣らしていきます。このおかゆを「10倍粥(お米1に対して水10の割合)」と言います。

赤ちゃんの食べる量が増えてきたら、野菜や果物をすり潰して少しずつおかゆに混ぜたり、柔らかいペースト状にして赤ちゃんに食べさせます。さらに、白身魚や豆腐などもすり潰して味に慣れさせていきます。

ゴックン期の離乳食は1日1回のみのため、「1回食(いっかいしょく)」と言います。

また、赤ちゃんはどのような食材でアレルギー症状が出るかわからないため、1さじ食べさせたら様子を見て、食べられる食材を増やしていきます。

ゴックン期の詳細の流れや食べられる食材は、また別途お話します。

離乳中期(モグモグ期)|生後7-8か月

離乳中期(りにゅうちゅうき)のモグモグ期は、生後7-8か月ごろが目安です。モグモグ期とは、赤ちゃんの舌が自分の意志で動かせるようになり、柔らかい食べ物は上顎と舌を使ってモグモグと押しつぶせるようになる時期のことです。

モグモグ期の流れ

1日の1食を授乳から10倍粥に置き換えられたら、赤ちゃんの胃腸の機能は成長しており、食べ物の消化吸収もある程度効率良くできるようになっています。

そのため、モグモグ期では、さらに離乳食を進めるために1日「2回食(にかいしょく)」に挑戦します。また、赤ちゃんの飲み込む様子を見ながら、10倍粥に混ぜる豆腐などを全て潰さずに、顎と舌でつぶせる大きさに調整して、咀嚼させるようにしましょう。

いろいろな舌ざわりを楽しめるように、柔らかい固形物の食べ物の種類を増やしていくことで、赤ちゃんに食への興味を持たせてください。

ただし、離乳中期の離乳食の間隔は4時間以上開ける必要があるため、2回食の時間は午前と夕方にわけるなど、正しい食事のリズムを付けていく必要があります。

モグモグ期の詳細な流れは、また別途お話します。

離乳後期(カミカミ期)|生後9-11か月

離乳後期(りにゅうこうき)のカミカミ期は、生後9-11か月ごろが目安です。カミカミ期とは、生え始めの乳歯や上下の歯茎を使って、食べ物をカミカミとつぶすことができるようになる時期のことです。

カミカミ期の流れ

カミカミ期の赤ちゃんは、水5:お米1の割合の「5倍がゆ」からスタートし、カミカミ期の間に水3:お米1で炊いた柔らかいご飯も食べられるように進めます。

また、野菜類も柔らかく煮て細かく切れば、すり潰して与える必要はありません。このころからアレルギーの心配がある卵や乳製品などを少量ずつ食べさせて、確認をしても良いでしょう。

食欲があれば、赤ちゃんは食べ物を手づかみで食べられるようになるため、十分に冷ましてから与えてください。

さらに、午前、午後、夕方など、時間を決めて1日「3回食(さんかいしょく)」も徐々に始め、家族といっしょにご飯を食べる体験もしていきましょう。ようやく、赤ちゃんを交えて食卓を囲む光景が当たり前になってきますね。

また、赤ちゃん用のお菓子を欲しがるのもこの頃が多いでしょう。時期は家庭環境や離乳食の進み具合などによって変わります。お菓子はあくまでも捕食だということを忘れないでください。

カミカミ期の詳細な流れは、また別途お話します。

離乳完了期(パクパク期)|生後12-18か月

離乳完了期(りにゅうかんりょうき)のパクパク期は、生後12-18か月ごろが目安です。パクパク期とは、乳歯や上下の歯茎を使って、食べ物を意識してパクパク噛むことができるようになる時期のことです。

パクパク期の流れ

パクパク期の赤ちゃんは、より身体の機能が発達して、ひとり歩きが上手にできる子もいます。運動量が増えるため、普通のご飯も少量食べられるようになり、色々な食べ物やお菓子も積極的に食べるなど食欲が旺盛になります。

この時期の赤ちゃんに食欲が無い場合は、お菓子を食べすぎているか、運動量に対してご飯などの食事が多すぎるかというどちらかの理由が多いのかもしれません。

また、赤ちゃんが何でも食べるとはいえ、食の体験を積んでいる途中なので、味や栄養が偏らないようにバランスの良い食事を心がけてください。

この時期にママが困ることの1つが、「遊び食べ」です。ハイチェアなどについたテーブルの上で、ご飯とおかずと麦茶を器用にひっくり返して、両手でごちゃまぜにします。

「まーまー(ご飯がもっと欲しい~)。」という意思表示をして、あげたらひっくり返し、「遊ぶんならもう片付ける!」とプンプンして片付けようとしたら食べだすなど、なかなか厄介です。

パクパク期を過ぎるといよいよ卒乳?

このように赤ちゃんの離乳期は、およそ6-7か月かけて食べられるものや形状、回数を増やしていき、さらに6か月かけて食べられる量を増やしていきます。

離乳期の名称と時期
離乳準備期|生後4か月ごろ
離乳初期(ゴックン期)|生後5-6か月
離乳中期(モグモグ期)|生後7-8か月
離乳後期(カミカミ期)|生後9-11か月
離乳完了期(パクパク期)|生後12-18か月

では、赤ちゃんが1日3回の離乳食で十分に栄養を摂取できるようになれば、次はいよいよ「卒乳」の時期だと考えて良いのでしょうか。

卒乳は赤ちゃんの意志で行うことが望ましいのですが、早くおっぱいから離れさせたい場合は、赤ちゃんが離乳食をしっかり食べて、食事の楽しさや美味しさを十分に味わうことができるようになってからが理想です。

もちろん、家庭環境によっては断乳せざるを得ない場合もあるでしょう。断乳をする場合は、断乳のメリットとデメリットを理解して、赤ちゃんに無理が少ないように授乳回数を減らしていってください。

断乳を行う条件
・しっかり3回食を行っている
・マグやコップを使うことができる
・多少の言葉を理解している
・子供が健康である
・真夏や真冬は避ける
など

ちなみに、アメリカ小児科学会やWHO(世界保健機関)では2歳までの授乳が推奨されています。そのため、「離乳食も十分食べられるようになったから、早速卒乳・断乳に移ろう!」と考える必要はありません。

離乳食はなるべく簡単に済ます

赤ちゃんの離乳期は、赤ちゃんの心身の成長と重なるため何かと大変です。しかも、ママも授乳をしつつ、産後の本格的な料理時期がやってきますし、育休も終わりに近づいているため、何かとバタバタする時期です。

まだ赤ちゃんとスーパーへのお出かけが難しそうなら、生協(生活協同組合)の「パルシステム」「おうちコープ」「コープデリ」などの食事・食材の宅配サービスを積極的に活用してください。

離乳初期(ゴックン期)の離乳食の例
ゴックン期

離乳中期(モグモグ期)の離乳食の例
モグモグ期

ゴックン期、モグモグ期くらいは、なるべく簡単に済ませるようにして、その分の時間を赤ちゃんのアレルギーの有無など、健康面に気を使った方が良いでしょう。もちろん、ママの育児負担が軽くなる工夫もお忘れなく。


参考|離乳食の進め方の目安|厚生労働省