赤ちゃんの耳掃除はいつから?お風呂後に綿棒や耳かきで良い?

眠っている赤ちゃんの耳

この記事の読了時間は約 6 分です。

赤ちゃんの耳掃除はどうすれば良い?

赤ちゃんは汗をかきやすく、身体の大きさで比較すると大人の2倍程度の発汗量があるため、新陳代謝も活発です。

また、ぷにぷにの首周りにあるシワの間には汗や皮脂、埃などが溜まりやすいため、毎日身体をきれいにしてあげなければいけません。

そのため、お風呂に入って身体の隅々まで洗ってあげると、さっぱりしてとても喜びます(そんな気がする)。

どうせなら赤ちゃんの全身をきれいにしてあげたいと思い、お風呂後の仕上げに赤ちゃんの耳掃除(耳かき)が日課になっている……そんな家庭もあるかもしれません。

ところで、赤ちゃんの耳掃除は、一般的にいつごろから始めれば良いのでしょうか。また、大人と同じように耳かきや綿棒を使って耳掃除をしても良いのでしょうか。

今回は、赤ちゃんの耳や耳垢の特徴、また、いつどのように耳掃除をすれば良いかなどについてお話したいと思います。

耳の器官の名称

まずは、基本的な耳の器官の名称を一通り紹介します。全て覚える必要はありませんが、赤ちゃん・子供の耳の病気や鼻の病気の際に、耳の器官の名称はよく出るため、覚えておくと便利です。

とくに、鼓膜より外側の名称を覚えておくと理解しやすいと思います。もちろん、耳の器官の名称は大人も子供も変わりません。

耳の器官の名称
耳の器官の名称
1.骨導(こつどう)
2.外耳道(がいじどう)
3.耳殻(じかく)
4.鼓膜(こまく)
5.前庭窓(ぜんていそう)
6.槌骨(つちこつ)
7.砧骨(きぬたこつ)
8.鐙骨(あぶみこつ)
9.三半規管(さんはんきかん)
10.蝸牛(かぎゅう)
11.聴神経(ちょうしんけい)
12.耳管(じかん)

赤ちゃんの耳と耳垢の特徴

赤ちゃんの耳の特徴と「耳垢(じこう、みみあか)」の特徴を知っておきましょう。

特徴1.大人よりも耳垢が多い

前述した通り、赤ちゃんは発汗量が多いため、耳周辺や耳穴(じけつ)にも汗による皮脂ができやすく、大人より耳垢の割合も多くなります。

特徴2.大人よりも外耳道が短い

鼓膜はとてもデリケートな器官ですが、赤ちゃんの外耳道(耳穴の入口から鼓膜まで)は2cmほどで、大人の外耳道(3cm前後)よりも短いため、刺激に弱い特徴があります。

特徴3.湿性耳垢の割合が多い

大人の耳垢はしっとり湿った「湿性耳垢(しつせいじこう)」よりも、カサカサした「乾性耳垢(かんせいじこう)」の割合が多いのですが、赤ちゃんは発汗量が多いため湿性耳垢の割合が多くなります。

特徴4.黒いゴマのような耳垢がある

新生児の耳の穴を見ると、黒っぽいゴマのような耳垢が見えることがあります。これは、胎内にいたときの羊水中のゴミが耳穴に入って乾燥したものなので、特に心配はいりません。

ただ、赤ちゃんの耳垢は黒以外にも変わった色をしていたり、匂いがあったりなど大人に比べて変化しやすく、病気によって変化している可能性もあるため注意が必要です。

特徴5.耳垢が耳の入口近辺にできる

赤ちゃんの外耳道は2cmほどしかないため、耳垢が極端に外耳道の奥(鼓膜付近)に溜まることはありません。耳の汗腺は入り口近くにあるため、耳垢が溜まるとしても入口付近です。

赤ちゃんの耳掃除のやり方や疑問点など

赤ちゃんの耳掃除の方法と耳掃除をする際の注意点・疑問点について知っておきましょう。

疑問点1.耳掃除はいつからする?

赤ちゃんの耳は耳垢ができやすいのですが、外耳道の奥(鼓膜付近)に溜まることはほとんどありません。

耳垢の成分は皮脂に加えて、空気中のチリや埃も混じるため、赤ちゃんが頻繁に外出しだすと、より溜まりやすくなります。そのため、本格的な耳掃除は1歳以降が目安です。

疑問点2.耳掃除には何を使う?

では、1歳まで赤ちゃんの耳掃除を全くしないかというとそうではありません。基本的には綿棒や耳かきを使わずに、湿らせたガーゼなどで外耳と耳穴周辺の汚れを拭き取る程度の掃除を行います。

また、湿らせた綿棒で耳穴の入口1cm弱程度を軽く撫でるように汚れを拭き取っても良いでしょう。ただし、赤ちゃんが耳掃除を嫌がって暴れると、耳を傷つける危険があります。

疑問点3.耳掃除はいつ行えば良い?

基本的には、お風呂で身体が温まっているときは皮脂が剥がれやすく、汚れも落ちやすいため、赤ちゃんの耳掃除はしやすくなります。前述した通り、ガーゼで耳周辺をきれいに拭いてください。

疑問点4.耳掃除の頻度はどれくらい?

お風呂には毎日入るため、赤ちゃんの耳周辺や耳の入り口をガーゼで拭くなど、汚れ落としは毎日行います。

ただし、湿らせた綿棒を使った耳穴入り口の耳掃除は頻繁にする必要はありません。環境や個人差によりますが、わたしの場合は1週間に1回確認して、気になったらしていたため、1か月に1回程度でした。

疑問点5.耳を傷つけると病気になる?

赤ちゃんの耳は柔らかくデリケートです。もし綿棒や耳かきで赤ちゃんの耳を傷つけると感染症を起こし、外耳炎や急性中耳炎の原因になる場合もあります。

疑問点6.耳の中に水が入ったら?

お風呂後に赤ちゃんの耳の中に水が入っていたら、無理やり出そうとせずにガーゼなどをそっとあてて水分を吸収してください。その後、うちわなどであおいで乾かしても良いでしょう。

ただし、耳の中の液体が水ではなく黄色っぽい透明な液体の場合は、滲出性中耳炎の可能性があるため、すぐに受診しましょう。

疑問点7.耳垢が奥に溜まっていたら?

たとえ赤ちゃんの耳垢を発見しても、しばらくすると入口付近に出てくるものなので、無理やり取ろうとはしないでください。

ただ、大きな耳垢がずっと耳の奥にあると気になりますよね。もし、大きな耳垢が赤ちゃんの耳の奥に留まっている場合は、耳鼻科へ連れていきましょう。耳鼻科に行けば、安全に耳掃除をしてもらえます。

赤ちゃんの耳掃除をしすぎない

わたしは潔癖ではありませんが、自分の耳掃除をするのが好きで、毎日お風呂上がりに耳かきでガサガサしています。といっても毎日する癖のため、耳垢が取れるわけではありません。

なぜ耳掃除が癖になってしまうかというと、副交感神経が刺激されてリラックス、眠気、身体の弛緩などの反射が起こるためです。つまり、気持ちいいからです。この反射を「迷走神経反射」と言います。

耳掃除のしすぎは大人でも耳を傷つける行為ですが、耳掃除の癖がある人は、つい赤ちゃんの耳掃除もしたくなります……。もちろん、前述した通り、神経質に赤ちゃんの耳掃除をする必要はありません。

「赤ちゃんの耳掃除をしばらくしなかったら耳垢がごっそり溜まっていた!」などの話を聞きますが、通常の耳垢なら溜まっても特に悪影響はありません。

耳の奥に耳垢が溜まって気になる人は、赤ちゃんを耳鼻科に連れて行って耳掃除をお願いすれば良いと思います。

赤ちゃんの身体は、耳の穴、鼻の穴、口の中、目付近など、粘膜に近い部分がとくに弱いため、慎重に扱ってください。逆に、皮膚に付いた埃や汗、よだれなどを放置するとかぶれなどの原因になるため、毎日丁寧に拭いて清潔にしてあげましょう。