赤ちゃん・子供の耳掃除を耳鼻科でする理由は?料金や頻度は?

赤ちゃんの耳の穴

この記事の読了時間は約 5 分です。

耳垢が溜まった赤ちゃんの耳掃除は?

赤ちゃんが可愛くて可愛くて仕方がないママは、赤ちゃんの身体をなるべくきれいにしてあげたいと神経質になりがちです。

「あともうちょっと手前にあれば、ガーゼでひっかけて耳垢が取れるのに……。」きれい好きなママは、赤ちゃんの耳を覗くと気になるので、あまり覗いてはいけません(^_^;)

そもそも、耳垢が詰まって取れなくなる赤ちゃんは稀で、基本的に乳児のころは綿棒、ましてや耳かきを使った耳掃除の必要はありません。

反対に、綿棒や耳かきを使って耳掃除をすると、耳垢を外耳道の奥に押し込んで取れなくなることがあります。耳垢を外耳道の奥に押し込んで耳栓をしたような状態になることを「耳垢栓塞症(じこうせんそくしょう)」と言います。

耳垢栓塞は、耳垢が耳の奥に溜まり、耳に水分が入るなどして耳垢が固まったときに起こりやすく、軽度の難聴原因にもなります。

また、耳垢栓塞症を解消しようとして、赤ちゃんの耳垢を無理に取ろうとすると、外耳道や鼓膜を傷つけてしまい、外耳炎や急性中耳炎の原因になるため注意しなければいけません。

参考|診療のご案内-耳の病気-聴こえにくい|アレルギー科・耳鼻咽喉科・気管食道内科|加藤耳鼻咽喉科-広島県東広島市高屋町

「無理に耳垢を取ろうとすると急性中耳炎……。でも、残したままだと耳垢栓塞……。どうしよう……。」このようなときに頼るのが耳鼻科です。耳鼻科に行くと、耳の中に溜まった耳垢を適切に掃除してくれます。

今回は、赤ちゃんの耳掃除を耳鼻科で行うメリット、どのように耳掃除を行うのかなどについてお話したいと思います。

耳鼻科で耳掃除をするとは

「耳鼻科は耳鼻の病気になったときに行く病院だから、わざわざ耳掃除のために行くと迷惑なんじゃ……。」

と思うママもいるかもしれませんが、耳垢が耳の奥に固まって溜まっている状態は、「耳垢栓塞症」という病気です。また、外耳の壁に張り付いた耳垢は、耳垢栓塞に発展する可能性があります。

耳垢栓塞症を解消することで難聴や急性中耳炎を予防するため、適度な耳掃除は必要な行為ですが、家庭で耳の奥にある耳垢を取り出すのは難しいため、耳鼻科を頼った方が良いでしょう。

耳鼻科で行う耳掃除は、それなりの専門器具が必要です。耳掃除を行っていない耳鼻科もあるため、事前に確認してください。

ただし、「ちょっと奥に引っかかった耳垢が取れなくて何だか気持ちが悪いから、耳鼻科でとってもらおう!」という考え方も……まぁ、わかると言えばわかりますが、赤ちゃんの耳垢はそれほど気にする必要はありません。

パッと見で耳の奥に耳垢の塊が溜まっていることがわかるまでは、ガーゼなどで耳の入口を拭く程度に留め、無理に耳垢を取りたい気持ちはガマンしてください(^_^;)

耳鼻科で耳掃除をする時期や頻度

もし、耳鼻科に行って耳掃除をしてもらうとしても、基本的には1歳ごろまでは耳垢が溜まることも少ないはずです。そのため、耳鼻科での耳掃除の目安は1歳過ぎです。

もちろん、耳の湿り気が強い「湿性耳垢(しつせいじこう)」の赤ちゃんは、耳の湿り気が少ない赤ちゃんに比べて耳垢が溜まりやすいため、もっと早く耳鼻科に行って耳掃除をしてもらうことも考えられます。

その場合でも、生後5-6か月以降で良いのではないかと思います。この辺りは個人差なので、耳垢栓塞症が心配な場合は診てもらうようにしましょう。

1度耳鼻科で耳掃除をしてもらった後は、耳垢の溜まり具合に応じて行くようにすれば良いと思いますし、医師にどれくらいの期間をめどに定期的に訪問すれば良いかを聞いても良いでしょう。

耳鼻科での耳掃除の方法

耳鼻科で行う耳掃除の方法ですが、耳垢の取り方は以下の器具を使って摘んで出すか、吸引するか、引っ掛けてかき出すのどれかになります。

参考|耳垢を取るための器具たち : 耳鼻科医の診療日記

耳掃除器具1.手術用顕微鏡

耳掃除専用の器具ではありませんが、手術用顕微鏡を使うと、耳の中にライトを当てながら拡大して見ることができます。

耳掃除器具2.耳鏡(じきょう)

耳鏡とは、耳穴に入れて奥を覗くための器具のことで、漏斗のような形をしています。

耳掃除器具3.耳垢鉗子(じこうかんし)

耳垢鉗子とは、ハサミ状のピンセットのことで、先端はスプーン状あるいはギザギザになっているため、耳垢を挟んで引っ張り出すことができます。

耳掃除器具4.吸引管

吸引管というストロー状の管を耳穴に入れて、細かな耳垢を吸引するために使います。耳垢がこびりついてうまく吸えない場合は、「耳垢水(じこうすい)」という液体で耳垢を柔らかくしてから吸い出します。

耳掃除器具5.耳用小鈎(じようしょうこう)

耳用小鈎とは、先端がかぎ状になっている器具のことで、耳垢を引っかけて引っ張り出すために使います。

耳鼻科の耳掃除にかかる料金

耳鼻科で耳掃除をしてもらう料金ですが……耳掃除は病気を予防するための医療行為です。そのため、保険が効くので乳幼児医療費助成制度で賄うことができます。

乳幼児医療費助成制度は、地域によって自己負担額などが異なるため、先に押さえておきましょう。

ちなみに、大人が耳鼻科で耳掃除をしてもらった場合は、初診料で1,500-2,000円程度、次回からは1,000円程度だそうです。詳しくは、近所の耳鼻科を調べてみてください。

赤ちゃんの耳掃除のついでに耳の病気の定期健診もしてもらってバッチリ!ついでにママも耳掃除してもらってスッキリ!というのも良いでしょう。

耳鼻科で耳掃除をするメリット

子供の耳掃除は、耳鼻科によって家庭でのケアを推奨する医師もいれば、定期的に耳鼻科での耳掃除を推奨する医師もいるそうです。

子供の耳垢のタイプや中耳炎などの病気によっても異なるため、一概に何が正しいとは言えないのでしょう。ただ、どちらにしても、耳垢を無理に取るなど耳を傷つける行為は、病気の原因になります。

最後に、赤ちゃんや子供が耳鼻科で耳掃除をするメリットをまとめておきます。

耳鼻科で耳掃除をするメリット
・正しく耳垢栓塞症の予防ができる
・耳を傷つけて他の病気にかかることがない
・乳幼児は耳鼻の病気にかかりやすいため定期健診になる
・医療費助成制度のおかげで子供の医療費が安く済む
・ついでにママも耳掃除してもらってスッキリできる

というわけで、なかなかのメリットがあるのではないかと思います。ぜひみなさんも耳鼻科での耳掃除を活用してみてください。


参考|診療のご案内-耳の病気-聴こえにくい|アレルギー科・耳鼻咽喉科・気管食道内科|加藤耳鼻咽喉科-広島県東広島市高屋町