産後に快便が便秘になる原因は?いつまで続く?腹痛の解消法は?

お腹が苦しくてぐったりするOL

この記事の読了時間は約 7 分です。

女性は妊娠・出産で便秘になるかも

健康で比較的若い男性にはあまりピンとこない話かもしれませんが、女性は妊娠・出産であらゆる体質が変わります。

その1つが便秘です。女性は妊娠、出産を経ることで排便傾向がコロコロ変わります。と言っても妊娠や出産で便秘になるだけでなく、逆に快便になることもあります。

排便傾向が変わるのは「妊娠前」「妊娠中」「出産後」「出産後しばらく後」という時期で、変化する排便傾向のパターンはさまざまです。

排便傾向が変わる時期
1.妊娠前
2.妊娠中
3.出産後
4.出産後しばらく後

ちなみにわたしは、妊娠前は便秘気味で、妊娠中に快便になり、産後すぐに極度の便秘になり、少しして快便に戻ったというパターンです。これらの時期の中で、とくに出産後は便秘気味になる女性がたくさんいます。

そこで今回は、産後に便秘になる理由と産後の便秘解消方法についてお話したいと思います。

産後に便秘になる原因

女性が産後に便秘傾向が強くなるのは、いくつかの理由がありますが、多くは出産による体質変化よりも外的な要因が大きいのではないかと思います。

便秘の原因1.胃腸の働きが鈍っている

妊娠中は、お腹が大きくなるに連れてお腹の圧迫が強くなります。お腹の圧迫が強くなると胃腸の働きが鈍り、便秘気味になる妊婦が増えます。そして、出産後も胃腸の機能回復に時間がかかり、便秘傾向が続く場合があります。

便秘の原因2.母乳生成で水分が足りない

産後は、母乳生成のために身体の水分量が足りなくなり、便秘傾向が強くなることがあります。母乳は1日に600-800mlほど出るため、こまめに水分摂取を行なわなければいけません。

便秘の原因3.会陰切開の傷口が痛む

分娩時に会陰切開(えいんせっかい)を行った女性は、会陰の傷口が塞がるまでは排便などでお腹に力を入れると傷口が痛んだり、そもそも力が入りません。そのため、便秘になってしまいます。

便秘の原因4.帝王切開の傷口が痛む

帝王切開で出産した場合も、傷口が痛く力が入らない場合があります。そのため、便秘が長く続く場合は、緩下剤などを投与して排便を促すことがあります。

便秘の原因5.肛門括約筋が傷ついている

とくに初産婦は分娩時間が長くかかりますが、その際に強くいきむことで会陰裂傷してしまい、肛門括約筋まで傷つく場合があります。肛門括約筋が傷つくと排便が困難になります。

初産婦の分娩時間目安
分娩第1期の時間:10-12時間
分娩第2期の時間:1-2時間
分娩第3期の時間:15-30分

経産婦の分娩時間目安
分娩第1期の時間:5-6時間
分娩第2期の時間:30-1時間
分娩第3期の時間:10-20分

便秘の原因6.寝不足

女性は、産褥期間がありますが、産後すぐに夜中の授乳が始まるため、身体が休まるわけではありません。睡眠不足になると胃腸の働きが弱くなるため、排便がうまく行えず便秘になってしまいます。

便秘の原因7.ストレス

出産後は睡眠不足だけではなく、子育てによる育児ストレスや将来のことを考える日常生活のストレスを強く感じます。

ストレスは自律神経の働きを阻害し、交感神経が活発になりすぎると胃腸の働きを弱くするため、排便に影響を与えて便秘になる可能性があります。

産後便秘の解消方法

便秘初体験の女性は、便秘が腹痛を伴うことを知らないかもしれません。そのため、便秘に伴う腹痛を解消するためには、便秘を解消するしかありません。では、辛い産後便秘をどう解消すれば良いのでしょうか。

便秘解消法1.十分な水分摂取

出産後は母乳が作られるため、身体の水分が足りなくなります。身体を冷やさないように常温の水を飲んだり、暖かい野菜スープなどで積極的な水分補給を心掛けましょう。意識して飲む水分は、1日2-3リットル以上が目安です。

単純な水分補給で良ければ、赤ちゃんの調乳をメインに考えてウォーターサーバーを導入しましょう。常温の水は出ませんが、お湯と水を混ぜれば常温の水に近づきます。ただし、赤ちゃんがミネラルを摂り過ぎると、下痢を起こす可能性があるため、硬度100mg/L以下の軟水を選んでください。

以下の「うるのん」は硬度29mg/Lの軟水で、ph8.1の弱アルカリ性です。赤ちゃんはお腹の中で用水を飲みますが、羊水も弱アルカリ性のため、安心して飲ませることができます。



参考|おいしい水の贈りもの うるのん

便秘解消法2.いっしょにお昼寝

産後便秘の原因になるストレス解消のためには睡眠時間が必要ですが、「授乳で寝る時間ないし……。」というママがほとんど。そのため、しばらくは赤ちゃんといっしょに昼寝をしてください。

妊娠前の生活習慣とは異なるかもしれませんが、産後の昼寝は低下した体力を回復し、ストレス解消や病気の予防、夜の効率的な睡眠のためにも必要な行為です。赤ちゃんの昼寝も同様です。

また、食事に気を使ったり、睡眠サプリを使うなど、根本的な睡眠の質を上げましょう。睡眠サプリは、試しやすそうなものをいくつか選んでみてください。

たとえば、「ネムリス」は、筑波大学・裏出教授が監修して、国内初の科学的効果を発見した睡眠サプリメントです。今なら、以下の公式キャンペーンサイトで、30日分7,000円が初回86%オフの980円+送料無料になるので試してみましょう。

⇒送料無料、初回980円の睡眠サプリ「ネムリス」の限定キャンペーンサイト

便秘解消法3.食生活を変える

妊娠前に快便だった女性も、妊娠・出産後は体質が変わるため、食生活も変える必要があるかもしれません。

食事は栄養バランスだけでなく、野菜やバナナなど食物繊維が多い食物摂取を心掛けましょう。また、胃腸の働きを助けるヨーグルトなどの乳製品やオリーブオイル、えごま油も摂取しましょう。

便秘解消法4.時期が過ぎるまで待つ

水分摂取、昼寝、食生活の改善をしても、産後の便秘に苦しむ場合があります。そもそも会陰切開や帝王切開の傷が痛くてお腹に力が入らなければ、うまく排便できません。

冒頭でお話した通り「出産後」と「出産後しばらく後」は排便傾向が変わる可能性があり、お腹に力を入れられないことが原因なら、しばらく我慢すれば便秘が解消される場合もあります。

便秘解消法5.会陰ケアをする

会陰切開や会陰裂傷で力が入らない人は、会陰マッサージで周辺部の張りを柔らかくしましょう。通常、会陰マッサージは、会陰裂傷予防のために、妊娠後期にオイルなどを使って行いますが、産後に行うと傷の早期回復が期待できます。会陰マッサージのやり方は、以下の動画を参考にしてください。

会陰マッサージ用オイルは、100%天然素材のAMOMAの「カレンデュラオイル」がおすすめです。ベトつかず肌に優しいため、会陰以外にも授乳で傷つきやすい乳首のオイルパック、新生児の乳児湿疹のケアやおむつかぶれのオイルパックとケアにも使えます。

⇒送料無料、専用ポンプがもらえる「カレンデュラオイル」AMOMA公式

わたしは、帝王切開の傷跡が張って痛かったので、保湿で肌を柔らかくするために使っていました。もちろん、お肌に合う合わないはありますが、1度使って判断してみてください。160mLで1本2000円ほどなので、割と使いやすい値段だと思います(2本あると便利)。

便秘解消法6.病院で浣腸をしてもらう

どうしても便が硬くて排便できない、時期が過ぎるまで待っていられないという人は、病院で浣腸をしてもらいましょう。恥ずかしくても苦しいよりはマシ……極度の便秘は体調を崩し、育児にも日常生活にも支障が出ます。

良い育児生活のために快便は必要

わたしの産後の便秘の原因は、帝王切開の傷口が痛くて「お腹に力を入れると傷が開く……。」でした。力を入れると傷口に血が滲むので、怖くて頑張れなかった記憶があります。

常に水を飲み続け、傷口のマッサージをすることで、少しずつ排便できるようになりましたが、便秘がつらいと身体や気持ちがどんより重くなります。会陰裂傷や肛門括約筋裂傷があると、おしりに近い分さらに傷の開きが怖いと思います。

やっぱり良い育児をするには、ママの健康状態が万全に近いことが理想ですね。そう考えると、病院で浣腸という選択も恥ずかしがってはいられません……。

また、妊娠前に快便だった人は、産後の便秘がいつまで続くかを考えるかもしれませんが、そもそも体質が変わったことが原因だと、今後も便秘と付き合っていく必要があるため、早めの対策を考えなければいけません。

排便傾向が変わる時期
1.妊娠前
2.妊娠中
3.出産後
4.出産後しばらく後

ちなみに、市販薬の下剤で何とか排便したいと考える人もいるかもしれませんが、授乳期間中に市販薬を服用することはなるべく控えた方が良いと思います。

もし、便秘を薬で何とかしたい場合は必ず病院に行き、授乳中である旨と症状を伝えたうえで、適切な薬を処方してもらいましょう。

⇒送料無料、専用ポンプがもらえる「カレンデュラオイル」AMOMA公式
⇒送料無料、初回980円の睡眠サプリ「ネムリス」の限定キャンペーンサイト