妊婦貧血の原因は?もっとも多い鉄欠乏性貧血の基準と胎児への影響

妊婦貧血の原因は?もっとも多い鉄欠乏性貧血の基準と胎児への影響

投稿日:2019年3月15日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

貧血で動悸やめまいを起こす理由

妊娠中にクラっときて座り込んだり、朝目覚めて布団からしばらく起き上がれない経験をした人は多いでしょう。妊娠中は、このような貧血が多いことがよく知られています。

貧血とは、一般的に血液中の赤血球やヘモグロビン(血色素)の割合が不足して、全身に供給される酸素が不足している状態を言います。

身体に必要な酸素が不足すると、身体がだるくなったり、疲れやすくなるだけでなく、心臓がより多くの血流を促して酸素不足を解消しようとするため、動悸や息切れ、めまいなどの症状が見られます。

貧血が起こる原因は一部の病気や栄養不足、大量の出血などですが、これらの原因が妊娠に起因するものをとくに「妊婦貧血(にんぷひんけつ)」と言います。

とくに妊娠中期から妊娠後期の妊婦は貧血が多いため、急なめまいなどで転倒しないように注意を促されます。二人分の命を背負っている妊婦にとって、意識を失って転倒することほど怖いことはありません。

では、なぜ妊婦は貧血を起こすことが多いのでしょうか。また、妊婦貧血は胎児にどのような影響を与えるのでしょうか。

今回は、妊婦貧血が起こる原因と影響についてお話したいと思います。

妊婦貧血とは

妊婦貧血とは、妊娠していることで起きる貧血の総称を言います。妊婦貧血の症状自体は、一般的な貧血と変わりません。妊婦貧血は全妊娠の20%以上に見られ、多くは「鉄欠乏性貧血」や「葉酸欠乏性貧血」、または両方の合併によって起こります。

Q1-4.妊婦貧血とはどんな病気ですか?|日本産婦人科・新生児血液学会

妊婦が貧血になる割合

妊婦貧血の割合は国によっても異なり、日本国際保健医療学会によると「貧血の妊婦の割合は、先進国では18%であるのに対し、途上国では56%にのぼる。」そうです。

鉄欠乏性貧血とは何? Weblio辞書

調査研究「母子保健改善のための微量栄養素欠乏に関する援助研究」報告書

『母と子の微量栄養素欠乏をなくすために −小さじ一杯で育まれる母子の健康−』

一方、日本の妊婦貧血の割合は30-40%以上と言われますが、妊婦の50-75%が鉄欠乏性貧血に罹患するという調査結果もあります。数値がバラバラでわかりにくいのですが、注意しなければいけない症状には違いありません。

妊娠時鉄欠乏性貧血における適切な食事指導に関する基礎的検討 Akase Tomoko,Kobayashi Toshio|日本看護研究学会雑誌 Vol.31 No.2 2008

Alper B.S.: Using ferritin levels to determine iron-deficiency anemia in pregnancy, J. Fam. Pract., 49(9), 829–832, 2000.

妊婦貧血の数値と判断基準

貧血は、ヘモグロビン濃度とヘマトクリット値から判断できます。ヘモグロビン濃度とは酸素を運ぶ赤血球の割合、ヘマトクリットは血球の割合を表します。

WHOによると妊婦貧血を診断する基準は、妊娠中に血液中のヘモグロビン値が11.0g/dL未満、またはヘマトクリット値が33.0%未満であることです。

さらに、MCV(平均赤血球容積)、MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)、MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)の値で、貧血の種類が分かれます。

妊婦貧血の診断

合併症妊娠の取り扱い-妊婦貧血-|日産婦誌42巻10号

妊婦貧血が起こる原因

妊婦貧血には鉄欠乏性貧血、葉酸欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球貧血などの種類がありますが、多くは鉄欠乏性貧血によるものです。そのため、鉄欠乏性貧血の原因を押さえておきましょう。

鉄欠乏性貧血とは

Q1-4.妊婦貧血とはどんな病気ですか?|日本産婦人科・新生児血液学会

鉄欠乏性貧血とは、妊娠中に血液中の鉄分が不足することで貧血を起こし、動悸や息切れ、めまいなどの症状が起きることを言います。妊娠中の貧血は、77-95%以上が鉄欠乏症( 鉄欠乏性貧血)に起因していると言われます。

鉄欠乏性の原因

一般的に、20-40代女性の1日に必要な鉄分摂取量は6.5-7.0mgほどですが、妊娠初期は8.5mg前後、妊娠中期・後期で21.5mgの摂取が推奨されます。

妊娠初期は、胎児や胎盤を形成するために血液量が増加します。そのため、赤血球よりも血漿が増え、赤血球内のヘモグロビン濃度が低下することで鉄分の割合が減り、血液中の鉄分が不足します。

妊娠中期から妊娠後期にかけては、胎児の成長のために多くの酸素や栄養素が必要になります。そのため、血液量が増加し、妊娠初期同様の理由で血液中の鉄分の割合が減り、血液中の鉄分が不足します。

また、女性は月経によって周期的に鉄喪失が繰り返されます。そのため、妊娠前から鉄欠乏性による貧血気味だった人は、より鉄欠乏症が起こりやすくなります。

葉酸欠乏性貧血とは

また、ある条件下においては、葉酸欠乏性貧血を起こす妊婦もいます。

葉酸欠乏性貧血とは、赤血球がつくられるときに必要な葉酸が不足して、赤血球が減少するために起こる貧血です。妊娠中は新しく血球を作る造血作用が高いため、葉酸欠乏になることがあります。

とくに抗てんかん薬を内服している場合、多胎妊娠の場合は、葉酸欠乏性貧血にかかりやすくなります。

Q1-4.妊婦貧血とはどんな病気ですか?|日本産婦人科・新生児血液学会

妊婦貧血による妊婦・胎児への影響

冒頭で触れた通り、妊婦貧血を含む一般的な貧血は、全身の酸素不足によって身体がだるくなったり、疲れやすくなるだけでなく、動悸や息切れ、めまいなどの症状が見られます。

周産期死亡率が2倍に高まる

また、イギリスのロンドン大学がWHOのデータを用いて世界中の妊婦と貧血の関係を解析をしたところ、重度の貧血の妊婦(MCVが70g/L未満)は、そうではない妊婦に比べて周産期死亡率が2倍に高まるということがわかったそうです。

312 281 pregnancies (including 96 ectopic pregnancies), 4687 cases of severe anaemia and 341 maternal deaths at 336 facilities were included in the multilevel analysis (figure 1). Table 1 shows the characteristics of included women with and without severe anaemia. 12 470 women—4189 women with severe anaemia matched with 8281 women without severe anaemia—from 309 facilities, and 146 maternal deaths were included in the propensity score analysis (figure 1). For 97 women with severe anaemia, only one match could be found (ie, they were matched 1:1 rather than 1:2).

Risk of maternal mortality in women with severe anaemia during pregnancy and post partum: a multilevel analysis - The Lancet Global Health

胎児死亡や未熟児出産が増える

さらに、妊婦貧血は妊婦に影響があるだけでなく、重症化することで胎児にも影響を与えます。

貧血による胎児への影響として、妊婦が重症貧血妊婦(Hb≦6.0g/dL)の場合、胎児死亡になる可能性が増します。また、ヘモグロビン値が8.0-10g程度の貧血であっても、胎児死亡や低出生体重児・未熟児の頻度が高いと報告されています。

Q1-4.妊婦貧血とはどんな病気ですか?|日本産婦人科・新生児血液学会

ハーバード大学の研究結果によると、妊婦が妊娠初期から妊娠中期にかけて貧血だった場合、低出生体重のリスクが1.29倍、早産リスクが1.21倍に上昇することがわかっています。

日本は「貧血大国」だ――妊娠を考えている女性は、貧血の恐ろしさを認識してほしい | ハフポスト

Anaemia, prenatal iron use, and risk of adverse pregnancy outcomes: systematic review and meta-analysis. - PubMed - NCBI

胎児の脳の成長に影響を与える

さらに、鉄分は脳エネルギー代謝、神経伝達、髄鞘化などに関係するため、妊婦が鉄欠乏に陥ることは発達段階の胎児の脳に及ぼす影響も大きいと考えられます。

軽度な貧血は低体重児の割合が減ることも

一方で、妊娠中期以降のヘモグロビン値が10g/dLなど軽度な貧血においては、低出生体重児の頻度が最も少ないという報告もあるため、過剰な鉄分摂取の必要がないこともわかります。

鉄欠乏性貧血の治療法

鉄欠乏性貧血の治療法は、足りない鉄分を補給するための「鉄剤投与」と「栄養指導」です。

合併症妊娠の取り扱い-妊婦貧血-|日産婦誌42巻10号

鉄剤投与

鉄剤投与は、一般的に経口鉄剤が使われますが、消化器官などに内臓疾患があり経口投与が難しい場合、経口鉄剤によって胃腸障害をきたした場合は経静脈投与を行います。

栄養指導

栄養指導では、鉄分を含む食べ物だけでなく、赤血球やヘモグロビンになる良質なたんぱく質、非ヘム鉄の吸収率を高めるビタミンC、赤血球を作るビタミンB6・B12や葉酸をバランス良く摂取するよう指導されます。

葉酸欠乏性貧血の治療法

ちなみに、葉酸欠乏性貧血の治療法は、葉酸を内服することです。葉酸欠乏性貧血の原因になる多胎妊娠や抗てんかん薬服用の妊婦の場合、1日200-300μgの葉酸を予防的に服用しておくと安全です。

なお、妊婦が1日に摂取する葉酸の推奨量は480μg、授乳期は340μgとされており、1日の摂取量は1mgを超えないこととされています。これは、妊娠後期における葉酸摂取が1mg/日以上の場合に、生まれた子の喘息発症が1.26倍増加したという報告がもとになっています。

Q1-4.妊婦貧血とはどんな病気ですか?|日本産婦人科・新生児血液学会

妊婦貧血を軽く考えない

妊娠前から貧血気味だった人は、「まぁ、昔から貧血気味で慣れてるから。」と軽く考えているかもしれません。

ただ、妊娠中に起こる妊婦貧血は、妊娠前の貧血より症状が強く出やすいだけでなく、大切な妊娠の経過や胎児の成長に重大な影響を与える可能性もあります。

前述した通り、妊婦が貧血を起こす割合は少なくとも20%以上あるため、十分に認識したうえで、貧血対策や貧血予防に取り組んでください。

もし急なめまいや身体のだるさなど貧血の症状を感じたら、まずは病院で貧血かどうかの診察を受けてください。そのうえで貧血の原因を理解して、医師の指示に従った個別の対策をとるようにしましょう。

鉄欠乏性貧血の場合、普段の食生活における注意点がいくつかあります。1日に必要な鉄分の量や貧血を予防するための食生活、食べ物、栄養素などは以下を参考にしてください。

子育ては科学的に学べます!

子育ては日々変化しています。今日OKな子育てが、明日はNGになるかもしれません。

「なんで泣き止んでくれないの?」「わたしの言うこと聞いてよ!」「もっとしっかり食べてほしいのに……。」こんな悩みを解決する子育てはできてますか?

今もっとも正しい方法は、脳科学や心理学的を使った子育てです。赤ちゃんや子供の心を理解できれば、子育てがもっと楽しくなります。

まーさ
わたしも保育士として、年10回は発達心理学、栄養学、衛生管理学などの研修を受けます。

保育士が心理学を学ぶのは当たり前。幼児教育に力を入れる園ほど研修は多いです。子供の気持ちを知りたいママは、以下から資料を請求してください。

\無料で資料請求できます!/

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

子育ての悩みが解消されます!
子供の才能をより引き出せます!
保護者やママ友にアドバイスできます!

子供の気持ちを理解できるようになって、乳幼児教育アドバイザーという第二の人生を始めてもいいですね。

昔からの子育てには正しい方法もありますが、ママが辛いだけの方法もあります。「うちの子かわいい!」がずっと続くよう、楽しい子育てをしてください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.