母性健康管理指導事項連絡カードで何ができる?もらい方や費用は

投稿日:2018年12月15日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

妊婦でも無理して働くべき?

近年日本では、少しずつですが働く女性を応援する制度が整えられてきています。そのため、しっかり産休と育休を取得し、出産後も働き続ける女性が増えているように思うかもしれません。

しかし実際は、30年前(24.0%)と現在(26.8%)を比べて、出産前後の就業率に大きな変化は見られません。それどころか、出産退職を選択する人は昔よりも増えています。

第一子出生年別にみた、第一子出産前後の妻の就業変化

育休取得・職場復帰の状況|厚生労働省

このような出産前後の就業率の背景には、「妊娠症状が周囲から理解が得られない」ことも関係しているでしょう。とくに、妊娠初期のつわりに悩まみながら無理に働いてしまい、心身に負担がかかって退職する人は多くいます。

厚生労働省では、妊娠した女性を守る「女性労働基準規則」において、「男女雇用機会均等法における母性健康管理の措置」「労働基準法における母性保護規定」を定めています。

その中でも、女性の体調がすぐれない場合は、「指導事項を守ることができるようにするための措置(第13条)」によって、医師の指導を全うできるように事業主が必要な措置を講じなければいけません。

働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について- 厚生労働省

そんな医師の指導を正しく伝える1つの方法が「母性健康管理指導事項連絡カード」です。

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)とは

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)とは、病院で医師が診察した内容とそれに伴う必要な措置と期間を記載したカードのことで、妊婦が医師から医療指導を受けていることを会社に伝えるために使います。

つわりは個人差があるため、会社に症状を伝えても理解してもらえるか不安ですよね。しかも、医師から診断書をもらったところで、どのような処置が必要なのかが伝わらなければ、会社の受け取り方も違うものになるかもしれません。

母健連絡カードには、医師の指導事項が記載されているため、会社が勝手に判断することはできません。会社は、母健連絡カードの記載内容に応じて、男女雇用機会均等法第13条に基づく措置を講じる義務があります。

母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について- 厚生労働省

自分の言葉ではなく医師からの指導事項であれば、会社も受け入れやすいですし、妊婦も余計な気を使う必要がありません。

母健連絡カードのもらい方・使い方

では、母健連絡カードはどうすればもらうことができ、どのように使えば良いのでしょうか。

母健連絡カードのもらい方

母健連絡カードは、以下の厚生労働省ホームページからダウンロードできます。病院にも用意されているかもしれませんが、あらかじめ用意しておくと安心です。

母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について- 厚生労働省

母健連絡カードの使い方

母健連絡カードの使い方は、とくに難しいものではありません。妊婦健診や通常の診断を受け、医師が認めた症状が見られる場合に、症状と措置内容を記載してもらえます。

あとは、それを会社に提出して母健連絡カードに記載された措置内容に従うだけです。

(1)妊娠中及び出産後の健康診査等の結果、通勤緩和や休憩に関する措置などが必要であると主治医等に指導を受けたとき、母健連絡カードに必要な事項を記入して発行してもらいます。(①②)
(2)女性労働者は、事業主に母健連絡カードを提出して措置を申し出ます。(③)
(3)事業主は母健連絡カードの記入事項にしたがって時差通勤や休憩時間の延長などの措置を講じます。(④)

母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について

母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について- 厚生労働省

母健連絡カードと診断書の費用

医師による母健連絡カードの記載は無料ではありません。診断書と同様、診察とは別に費用(医療費)がかかるので注意しましょう。

調べてみたところ、母健連絡カードの費用は病院によってまちまちで、通常の診断書が1000-4000円ほど(種類によって変わる)に対して、母健連絡カードは2000円前後の場合が多いようです。

母健連絡カードを書いてもらえない理由

一見、「これで気を使わずに仕事を休める、良かった……。」と思える母健連絡カードですが、医師の中には診断結果を踏まえて、基準に当てはまらないなどの理由で母健連絡カードに記載してくれない場合もあります。

【尿中ケトン体が陽性の場合は勤務時間の短縮などの措置が必要となりますし、1週間に3-4kgの体重減少、尿中ケトン体が(2+)以上、脳症状や肝機能障害(GOT、GPTが100lU/l以上)を示す場合は入院措置などが必要になります。】

たしかに、診断結果や症状が基準に当てはまらなくても、医師の判断で母健連絡カードに記載してもらうことは可能ですが、医師に母健連絡カードの記載を強制することはできません。

症状に対する基準は、以下の厚生労働省の定めを参考にしてください。

妊娠中の症状等に関する措置01|厚生労働省

妊娠中の症状等に関する措置02|厚生労働省

妊娠症状と標準措置

妊娠症状と症状に対する標準措置は、母健連絡カードに記載されています。内容は以下の通りです。

妊娠症状標準措置
重いつわり勤務時間の短縮
妊娠悪阻休業(入院加療)
妊娠貧血(Hb9g/dl以上Hb11g/dl未満)負担の大きい作業の制限又は勤務時間の短縮
妊娠貧血(Hb9g/dl未満)休業(自宅療養)
子宮内胎児発育遅延(軽症)負担の大きい作業の制限又は勤務時間の短縮
子宮内胎児発育遅延(重症)休業(自宅療養又は入院加療)
切迫流産(22週未満)休業(自宅療養又は入院加療)
切迫流産(22週以後)休業(自宅療養又は入院加療)
妊娠浮腫(軽症)負担の大きい作業、長時間の立作業、同一姿勢を強制される作業の制限又は勤務時間の短縮
妊娠浮腫(重症)休業(入院加療)
妊娠蛋白尿(軽症)負担の大きい作業、長時間の立作業、同一姿勢を強制される作業の制限又は勤務時間の短縮
妊娠蛋白尿(重症)休業(入院加療)
妊娠高血圧症候群(高血圧が見られる場合/軽症)負担の大きい作業、長時間の立作業、同一姿勢を強制される作業の制限又は勤務時間の短縮
妊娠高血圧症候群(高血圧が見られる場合/重症)休業(入院加療)
妊娠高血圧症候群(高血圧に蛋白尿を伴う場合/軽症)負担の大きい作業、ストレス・緊張を多く感じる作業の制限又は勤務時間の短縮
妊娠高血圧症候群(高血圧に蛋白尿を伴う場合/重症)休業(自宅療養又は入院加療)
妊娠前から持っている病気(軽症)負担の大きい作業の制限又は勤務時間の短縮
妊娠前から持っている病気(重症)休業(自宅療養又は入院加療)
妊娠中にかかりやすい病気(静脈瘤/症状が著しい場合)長時間の立作業、同一姿勢を強制される作業の制限又は横になっての休憩
妊娠中にかかりやすい病気(痔/症状が著しい場合)長時間の立作業、同一姿勢を強制される作業の制限又は横になっての休憩
妊娠中にかかりやすい病気(腰痛症/症状が著しい場合)長時間の立作業、腰に負担のかかる作業、同一姿勢を強制される作業の制限
妊娠中にかかりやすい病気(膀胱炎/軽症)負担の大きい作業、長時間作業所を離れることのできない作業、寒い場所での作業の制限
妊娠中にかかりやすい病気(膀胱炎/重症)休業(入院加療)
多胎妊娠必要に応じ、負担の大きい作業の制限又は勤務時間の短縮 多胎で特殊な例又は三胎以上の場合、特に慎重な管理が必要
産後の回復不全(軽症)負担の大きい作業の制限又は勤務時間の短縮
産後の回復不全(重症)休業(自宅療養)

母性健康管理指導事項連絡カード|職場と母性に関する母性健康管理推進サイト

本来は母健連絡カードも診断書も必要ない

労働基準法64条の3項には「使用者は、妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性(以下「妊産婦」という。)を、重量物を取り扱う業務、有害ガスを発散する場所における業務その他妊産婦の妊娠、出産、哺育等に有害な業務に就かせてはならない。」、また65条では「使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。」という定めがあります。

つまり、本来は妊婦が業務の軽減を求めた場合、会社はその求めに応じた適切な措置をとる必要があるため、母健連絡カードも診断書も必要ありません。母権連絡カードは、なかなか会社に進言しにくい立場の人の理由付けのため、また適切な対応を明確にするためのものだということです。

ただし、前述した通り医師の判断よって、母健連絡カードに記載してもらえないこともあります。そのため、どうしてもつわりが辛い場合は、労働基準法64条と65条の条文を以って、直接交渉をしなければいけないかもしれません。

妊娠症状のつらさは、周囲には理解されにくいものです。ただ、無理に働いて母子に負担がかかると大変ですし、余計に周囲に迷惑をかけてしまうことにもなります。そのため、「自己申告をして周囲に疎まれるくらいなら……。」と退職する気持ちもわかります。

もちろん、出産前後の就業率が伸びないのは妊娠症状のせいだけではありませんが、子供を産む女性にこと働き方改革の恩恵があることを切に願います。

  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.