逆子の出産が帝王切開になる割合は?自然分娩できる条件・確率は

妊婦のお腹にキスをする子ども

この記事の読了時間は約 5 分です。

逆子は必ず帝王切開?

わたしは、初めての妊娠が逆子だったため(正確には2回目)、出産は予定帝王切開でした。つまりその時点で、「あぁ、2人目も帝王切開か……。」と覚悟していました。

1度帝王切開を行うと、次の出産でも帝王切開を行うことはよく知られています。もちろん、中には1人目が帝王切開で2人目が経腟分娩という人もいますが稀ですし、自分には当てはまらないと考える女性が大半です。

男性にはなかなかわからない感覚だと思いますが、女性が赤ちゃんを自然分娩で産むことの思い入れは割と強く、人によってはその経験が今後の育児の自信につながることもあります。

そのため、逆子でも諦めずに治す方法がないかを探りますし、たとえ妊娠36週過ぎで逆子が治らなくても自然分娩で赤ちゃんを出産できないかが気になります。

そこで今回は、逆子の出産でどうすれば自然分娩で赤ちゃんを産むことができるのか、逆子の出産で帝王切開と自然分娩の割合がどれくらいなのかについてお話したいと思います。

逆子の自然分娩に必要な厳しい条件

赤ちゃんが逆子の場合、出産方法は必ず帝王切開になると考えている人は少なくないでしょう。

アメリカ産婦人科医会(ACOG)では「逆子は帝王切開が望ましい」としながらも、2006年に「経腟分娩の適応と管理に関する施設ごとのガイドラインに従うならば、経腟分娩を選択することは理に適っている」ともしています。

つまり、施設基準やその施設の設備状況などによっては、逆子の分娩で経腟分娩を選択することも理屈が通るということになります。

自然分娩の条件

ちなみに、逆子で経腟分娩を行うことを「骨盤位経腟分娩(こつばんいけいちつぶんべん)」と言い、日本産婦人科医会は以下を骨盤位経腟分娩の適応基準の一例としています。

骨盤位経腟分娩の適応基準の一例
・単殿位・妊娠34週以上であること
・骨盤児頭不均衡がないこと(対角結合線―児頭前後径≧0.8cm,産科的結合線―児頭前後径≧-0.6cmを満たす)
・推定児体重2,000~ 3,800g以内
・児頭が屈位で過伸展(90度以上)がないこと
・臍帯下垂,脱出がない
・産婦,家族の文書による同意
・緊急帝王切開に対応できること
・骨盤位娩出術に熟知した産科医師の立会い
・新生児科医が立ち会いもしくは新生児蘇生に熟知すること

引用|日産婦誌60巻5号|12.骨盤位娩出術 – 日本産科婦人科学会

実際の骨盤位経腟分娩の方法・手順は、上記PDF(日産婦誌60巻5号)を確認してください。さて、これらの条件がどれだけハードルが高いかわかるでしょうか……。

逆子で帝王切開の割合

逆子で帝王切開になる近年のデータがないため現在の割合はわかりませんが、順天堂大学浦安病院の吉田幸洋院長は1998年12月7日放送のラジオ短波で以下のように述べています。

実際に骨盤位分娩の帝王切開率はどうであったかといいますと、初産婦で69%(n=1468)、経産婦においても50%(n=819)が帝王切開によって分娩となっておりました。つまり、取り扱い方針の上では経腟分娩を行うようにするとしていても、実際には骨盤位の帝王切開率はかなり高いという結果でありました。

引用|諸外国と日本の骨盤位分娩様式の比較|日本産婦人科医会

これは、1994年に日本産科婦人科学会の周産期管理登録機関に対してアンケートを実施した結果について語ったものだそうです。思ったよりも、逆子での帝王切開の割合が少ないと感じたかもしれません。

児が逆子の場合に、初産婦で帝王切開が約7割、経産婦に至っては帝王切開と自然分娩が5割で半々です。

ただし20年以上前と現在で最も大きく異なることは、全出産における帝王切開の実施割合が当時に比べて2倍ほどに高まっていることです。

帝王切開娩出術の割合の年次推移

出典|平成26年(2014)医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況|厚生労働省

そもそも、前述した骨盤位経腟分娩の適応基準(自然分娩の条件)をよく読むと、「緊急帝王切開に対応できること」「骨盤位娩出術に熟知した産科医師の立会い」「新生児科医が立ち会いもしくは新生児蘇生に熟知すること」とあります。

これらの条件は、緊急時対応を考えるとNICUが設置された総合病院しか合致しません。また、上記のアンケート結果が設備の整った周産期管理登録機関であることも考慮に入れなければいけません。

そのため、現在は妊娠36週まで逆子の場合、予定帝王切開になる割合は相当高いことが予測できます。どちらにしろ、骨盤位経腟分娩の適応基準に満たなければ、ほぼ100%帝王切開になります。

そのため、もし逆子でも自然分娩に臨みたい場合は、初めから逆子で出産に至る3-5%を考慮して、NICUが設置された総合病院で出産するしかないでしょう。それでも、適応基準に合うかはわかりませんが。

逆子の自然分娩のリスク

では、アメリカ産婦人科医会(ACOG)が「経腟分娩の適応と管理に関する施設ごとのガイドラインに従うならば、経腟分娩を選択することは理に適っている」と言いながら、なぜ逆子での帝王切開が増えているかというと、やはり逆子の自然分娩はリスクが高いためです。

以下では、臍帯脱出や分娩外傷、臍帯圧迫に伴う胎児ジストレスのリスクについて触れています。

1)臍帯脱出の危険すべての分娩で臍帯脱出の頻度が0.3%なのに対し,骨盤位分娩では3.7%と報告されている.
2)骨盤位経腟分娩そのものに伴う危険先進部が小さく,胎児の最大周囲を占める児頭が最後に娩出されることから,骨盤位経腟分娩では上肢・肩甲解出および後続児頭娩出といった操作が必須であり,この操作に伴う分娩外傷発生の可能性がある.さらに後続児頭娩出が困難な例では臍帯圧迫に伴う胎児ジストレス発生の危険もある

引用|研修医のための必修知識|7.骨盤位牽出術|日本産科婦人科学会

もちろん、帝王切開は開腹手術のため、傷口からの感染症、麻酔による低酸素状態やアナフィラキシーショック、また赤ちゃんへの影響も考えられます。

ただ、逆子の際の帝王切開と自然分娩のリスクを天秤にかけたときに、どちらが母子の身体に対するリスクが大きいかを考えると、「医療技術の進歩の恩恵が高い帝王切開の方が良い。」と医師が考えるのは自然なことなのかもしれません。