赤ちゃんの母乳不足のサインは?1日の体重増加やおしっこ量など

投稿日:2016年7月12日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

母乳育児は母乳が足りているか心配!

初めて育児を行うママは、赤ちゃんがしっかり母乳やミルクを飲めているか、母乳の量が足りているかが心配になります。

ミルクは分量を調整して授乳するため、授乳量が足りているかは哺乳瓶のメモリを見ればわかります。ところが、母乳は測って授乳するものではないので、赤ちゃんの様子を見て判断するしかありません。

そこで今回は、赤ちゃんが母乳をしっかり飲めているのか、母乳不足が起きていないかを見分ける方法についてお話したいと思います。

ちなみに、ミルク育児の授乳量の目安は以下の通りです。もっと細かい授乳量はリンク先を参考にしてください。

  • 新生児期
    1回あたりの授乳量は100-120ml前後で、1日の授乳回数は8回が目安です。
  • 生後2-3か月
    1回あたりの授乳量は140-160ml前後で、1日の授乳回数は6-8回が目安です。
  • 生後3-5か月
    1回あたりの授乳量は160-200ml前後で、1日4-5回程度が目安です。1日トータルの目安量は800-1000mlくらいです。

母乳不足のサイン・見分け方

赤ちゃんの体重が増えているか

一般的に、生後6か月までの赤ちゃんの平均増加体重は1日20-30gほどなので、それ以下の場合は母乳不足を疑うきっかけになります。

ただし、赤ちゃんの体重が一律で20-30gずつ増えるわけではありません。以下は、出生から1歳までの赤ちゃんの平均体重です。男の子の体重ですが女の子もそれほど変わりません。

男子:出生時|2.98kg
男子:生後0年01-02か月|4.78kg(1.80kg)
男子:生後0年02-03か月|5.83kg(1.05kg)
男子:生後0年03-04か月|6.63kg(0.80kg)
男子:生後0年04-05か月|7.22kg(0.59kg)
男子:生後0年05-06か月|7.67kg(0.45kg)
男子:生後0年06-07か月|8.01kg(0.34kg)
男子:生後0年07-08か月|8.30kg(0.29kg)
男子:生後0年08-09か月|8.53kg(0.23kg)
男子:生後0年09-10か月|8.73kg(0.20kg)
男子:生後0年10-11か月|8.91kg(0.18kg)
男子:生後0年11-12か月|9.09kg(0.18kg)

上記の平均増加体重を1日単位で見ると、以下のように予想できます。ただし、1日単位で体重が上下する赤ちゃんもいます。活発に動いた後、たくさんおしっこやうんちをした後に体重を測ると、体重が増えていないように感じるかもしれません。

生後0-1か月|1日平均50-60g増える
生後1-2か月|1日平均30-40g増える
生後2-3か月|1日平均20-30g増える
生後3-4か月|1日平均15-25g増える
生後4-5か月|1日平均10-20g増える
生後5-6か月|1日平均05-15g増える

1回の体重測定で母乳不足と判断することは難しいため、定期的に赤ちゃんの体重を測って、比較しながら母乳不足かどうかを判断しましょう。

おしっこやうんちの回数が少なくないか

一般的に、生後6か月までの赤ちゃんで、おしっこの回数が1日6回未満なら母乳不足を疑うきっかけになります。こちらも体重増加と同様、1日6回以上おしっこしなけえれば異常というわけではありません。

また、新生児期の赤ちゃんのうんちは固形ではなく水分が多いため、おしっことうんちを合わせて考えた方が良いでしょう。

生後0-1か月
1日のおしっこ回数|15-20回程度
1回のおしっこ量|5-20cc程度
1日のうんち回数|2-10回程度
1回のうんち量|5-15グラム程度

生後1-3か月
1日のおしっこ回数|15-20回程度
1回のおしっこ量|10-50cc程度
1日のうんち回数|2-5回程度
1回のうんち量|20-40グラム程度

生後3-6か月
1日のおしっこ回数|15-20回程度
1回のおしっこ量|10-60cc程度
1日のうんち回数|1-5回程度
1回のうんち量|60-100グラム程度

上記の月齢別おしっこ、うんちの平均回数・平均量は、あくまでも目安です。個人差があるため、普段のおしっことうんちの回数・量を測って、日々比較してください。

また、母乳育児の新生児でも便秘になる場合があります。その場合も母乳不足の可能性があります。もしうんちの出が良い子で、数日うんちが出ていなければ、医師に相談しましょう。

授乳後の機嫌が悪くなったか

授乳後に赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、授乳をやめると泣いてしまう場合も、母乳不足を疑うきっかけになります。

ただし、赤ちゃんの機嫌で母乳不足を見分けることは難しいため、体重が増えているか、おしっこ・うんちの回数や量が少なくないかを同時に見て、判断してください。

・授乳から1時間しないうちに泣き、おっぱいを咥えると泣き止む
・赤ちゃんがおっぱいを離そうとせず、授乳時間が長い
・赤ちゃんの寝付きが悪く、抱っこだけでは泣き止まない

赤ちゃんの機嫌で母乳不足を見極めることが難しいのは、これらの反応が赤ちゃんの母乳不足とは限らないためです。また、おっぱいが張らない、搾乳しているのに母乳が出ない場合も、赤ちゃんは十分に母乳を飲めていない可能性があります。

「赤ちゃんの体重増加」「おしっこやうんちの回数」「授乳後の赤ちゃんの機嫌」を複合的に見て、母乳不足かどうかを判断してください。なお、授乳時間の目安は以下で説明しているので、参考にしてください。

生後1週間は赤ちゃんの体重が増えない!?

赤ちゃんは生後1か月経つと、出産時よりも平均で1.5kgほど体重が増えます。

ところが生後3-5日、長い場合は1週間程度、赤ちゃんの体重が増えずに減る場合があります。しかも、体重の5%以上(体重3000gの場合150g以上)減ることもあります。

赤ちゃんの体重が減少してしまう原因は、健康的な赤ちゃんが生後数日の間に飲む母乳の量よりも、おしっこ・うんち・汗などの排出物の量の方が多くなるためです。

そのため、赤ちゃんが飲む母乳量が排出量を上回るまでの数日間は、体重が徐々に減り続けることになります。これを「生理的体重減少」と言い、ほとんどの赤ちゃんにこの現象が起きます。

この生理的体重減少を母乳不足だと勘違いして、慌てないようにしましょう。

赤ちゃんに母乳不足が起こる原因

母乳育児にはメリットと同時に、デメリットもあります。母乳育児でママが一番気をつけたいこは、母乳不足でしょう。赤ちゃんの母乳不足が起こる原因は、以下のものが考えられます。

母乳不足の原因
・赤ちゃんがおっぱいを上手く吸えない(哺乳機能が未熟)
・ママの母乳分泌量が少ない
・授乳時間が少ない
・授乳回数が少ない
・授乳量の勘違い
・赤ちゃんが途中で眠ってしまう
・乳首が痛くて長時間授乳できない
・ストレス・睡眠不足による女性ホルモンの減少
・飲酒、喫煙などによる女性ホルモンの減少
・運動不足・冷え・むくみによる血流の減少
・舌小帯強直症・口唇口蓋裂などの先天異常
など

間接的に母乳不足につながる原因は、たくさんあります。飲酒・喫煙は論外として、たとえ上記の原因があったとしても、赤ちゃんが必ず母乳不足になるとは限りません。

基本的には、赤ちゃんの体重が順調に増加していて、おしっこやうんちの回数・量が足りていれば、それほど母乳不足の心配する必要はありません。

まずは毎日の「赤ちゃんの体重増加」「おしっこやうんちの回数」「授乳後の赤ちゃんの機嫌」の状態を複合的に知ることで、赤ちゃんの発育に必要な母乳量が足りているかを判断できるようにしましょう。

母乳不足のサインを勘違いしないよう

よく、「赤ちゃんに母乳不足が起こってるかどうか、母乳不足のサインを確認しよう。」という主旨の話がありますが、基本的にはパッと見でわかる母乳不足のサインはありません。

「赤ちゃんの体重増加」「おしっこやうんちの回数」「授乳後の赤ちゃんの機嫌」を総合的に見て、母乳不足を判断する考え方は以下の通りです。

昨日からなんだか機嫌が悪いな……。病気でもなさそうだし……。

そう言えばおしっこの回数が少ないかも……、先週のおしっこ回数と比べてみよう。

ちょっと少なめかな……。体重はちゃんと増えてるかな?

まぁ増えてるけど、平均体重よりは少ないかな。少し様子を見よう。

母乳不足は1日単位で見るものではありません。そのため、ちょっとした変化を感じて、「母乳不足かな?」と疑う場合は、その原因を探ったり、少し母乳(ミルク)を追加しながら調整します。

母乳不足は見極めが難しいため、心配で悩むくらいなら医師に相談してください。また、赤ちゃんの母乳不足を解消する方法は、以下を参考にしてください。

母乳の出が悪いときはハーブティーがおすすめ!

母乳育児をしてるママが赤ちゃんの母乳不足を感じたら、早めに母乳量を増やす対策を取りましょう。母乳不足対策の基本は、水分摂取とストレス解消です。そのため、ママの飲み物にも気を使ってください。

リラックス効果が高いハーブティーを飲むと血の巡りが良くなり、母乳の生成を助けてくれます。おすすめは、母乳生成を促す目的で作られた「ミルクアップブレンド」です。口コミ評価も高いので、一部ご紹介します。以下は、AMOMA公式サイトの使用者のレビューです。

混合ですが、飲むと飲まないとでは胸の張り感が違います!
赤ちゃんがゴクゴク飲むことのできる回数が増えてうれしいです!
これからも続けていこうと思います(*^^*)

2人目が生まれてすぐにおっぱいは出たのですが、なかなか軌道に乗らず、1人目の時もお世話になったミルクアップブランドを飲み始めました。
夕方から出が悪くなるのもわかっているので、早めに飲むと安心して授乳が出来ます。

子供がゴクゴクと母乳を飲んでくれることが増えてとても嬉しいです。
母乳とミルクの混合ですが、上の子のときに比べるとミルク量は半分くらいなので、効果はあるのだと感じています!

ミルクスルーブレンドは1か月分が1758円+税とかなりお手頃価格です。定期購入商品ですが、初めの1回で手数料なしで解約できるので、安心して気軽に試せます。わたしは、1人目のときに飲んでましたが、2人目のときは必要なかったです。

AMOMAミルクアップブレンド

最高品質のハーブを国内加工
25万人が愛飲して3000万杯!
今なら1杯60円台で送料無料!

上記リンク内には、3600件以上の口コミがあります。もちろん、評価が良くない口コミも一部あるので確認してください。人によって効果は違うので、参考になると思いますよ。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2020 All Rights Reserved.