妊娠するとわかる不安…妊婦の心理的な7つの変化

投稿日:2016年6月6日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

妊娠による女性の心理的な変化

「女性は妊娠をすると変わる。」「出産すると変わる。」「子育てをすると変わる。」

とよく言いますが、当の本人たちは「そんなに変わった?」なんて思っています。夫に「前はもっと優しかったのに……。」なんて言われても、「いやいや、今も昔も優しいじゃん。」と思っています。

でも、女性にとって妊娠、出産、子育ては連続していますが全く違うもの。それぞれインパクトは大きく、心理的な変化や不安を乗り越えなければいけません。

そのため、自分は変わっていないつもりでも、「あれを体験すれば変わったと言われても仕方ないな。」と思い返すこともできます。

では、最初のディープインパクトである「妊娠」によって、女性にはどのような心理的変化があるんでしょうか。また、妊娠によって女性が感じる不安はどのようなものなんでしょうか。

今回は、妊娠によって女性が感じる心理的な変化・不安についてお話したいと思います。

妊婦の心理的変化1.生活の変化による不安

女性が妊娠をすると「赤ちゃんと母体への影響」という理由で、制限するものが増えます。

お酒、夜更かし、激しい運動などはもってのほか、おしゃれ(ヒールなど)、風邪薬、立ち仕事や満員電車もなるべく避けなければいけません。

がんばっていた仕事も休んだり、ときには辞めなければいけないかもしれません。アクティブな人ほどそれがストレスになります。

妊婦の心理的変化2.体と心の変化による不安

妊娠2か月ごろから始まるつわり、そして日に日に大きくなっていくお腹。

「あんなにスリムだったわたしの体が変わっていく……。戻るのかな……。」

腰も背中も痛いし、足がむくむし、全身がかゆい、そして眠れない……。こんな体の変化で少しずつ不安になっていきます。

また、精神的なアップダウンも大きく、ちょっとしたことで落ち込んだり、イライラしたりと体と心の変化によるダブルパンチを受けます。

妊婦の心理的変化3.夫に対する不満と不安

女性の妊娠の大変さは夫にはわかりません。「なんでそんなにノーテンキなの!!」とイライラしつつ、親になる自覚があるのか不安になります。

仕方がないことはわかっています。それは、男性が女性に比べて親になる実感がないからです。

もしかしたら夫は、「子供が産まれる!!仕事がんばるぞー!」と張り切って接待に行くのかも知れませんが、女性は「自分だけお酒飲んで……。家事手伝えよ……。」と思ってしまいます。

こんなちょっとしたズレから夫婦喧嘩が始まってしまいます。

妊婦の心理的変化4.出産に対する不安

妊娠してから安定期までは、流産を心配します。安定期に入っても、早産の心配や五体満足で赤ちゃんが生まれてくれるかを心配します。

もちろん、陣痛や分娩の痛みを想像して怖くなることもあります。

日々大きくなるお腹を見ながら、「こんなのほんとに出せるの?」「スイカを鼻から出すってどんな痛さ?」という痛みに対する不安も大きくなっていきます。

妊婦の心理的変化5.子育てに対する不安

赤ちゃんができたことは嬉しいけど、よく考えると「わたしが子供を育てる……本当にできるの!?」という子育ての不安に襲われます。

とくに両親が近くに住んでいない場合、誰を頼りにして良いかわかりません。

妊婦の心理的変化6.経済的な不安

今まで夫婦共働きでなんとか生活してきたけど、これからしばらくは夫一人でがんばってもらわなければいけません。

子育てには何かとお金が必要です。「子供は2人欲しいから、仕事復帰まで早くて2年……遅くて3年……。」と考えると、お金のことで不安が募ります。

せっかく産まれてきてくれた子供に経済的な不利益があるのは嫌ですよね。

妊婦の心理的変化7.コミュニティが変化する不安

女性は妊娠してから人付き合いが減り、その後出産して育児をしていく過程で、これまで所属していたコミュニティやつきあい方が大きく変化する可能性があります。

妊娠前によくいっしょにいた友だちが同時期に妊娠するわけではないので、「ママ友コミュニティに入らなきゃ……。」なんて考えます。

やっぱりいくつになっても、人間関係が変わると不安がつきまといます。

妊娠による不安や心理的な変化は誰にでもあるもの

女性は妊娠による環境の変化によって、さまざまな不安を感じます。

だからといって、気軽に夫に気持ちをぶつけすぎると夫婦喧嘩の原因になりますし、気持ちをぶつけたところで気分が晴れるわけではありません……。

幸せな気持ちと不安とイライラとが混じって泣けてきたり、「なんでわたしだけこんな経験しないといけないの?」と考えてしまいます。

残念ながら夫が優しくてもどうにもできませんし、ストレスのはけ口にもなりません。イライラをぶつけたことでますますイライラしてしまいます。しかもお互いに。

このように不安やイライラが募っていくことで、プレグナンシーブルーや産前うつの症状を発症してしまう可能性もあります。

となると、妊娠の不安はなるべく早く分散してしまうのが吉です。

家族や友だちなど多くの人に「少しの間頼ると思うけどよろしくね。ちょっとだけ助けて。」と話しておきましょう。1人1人の負担を分散すれば、申し訳無さも少しは軽減します。

もちろん旦那さんにも、「◯◯と◯◯と◯◯には何かあった時に相談に乗ってもらえる様に頼だから、落ち着いたらいっしょにお礼しよう。」と言っておきましょう。

がんばれ妊婦さん!妊娠も出産も子育てもとっても大変だけど、それ以上に子供はとっっっっても可愛いゾ!

プレグナンシーブルーや産前うつの症状や対処法は、以下を参考にしてください。

子育ては科学的に学べます!

子育ては日々変化しています。今日OKな子育てが、明日はNGになるかもしれません。

「なんで泣き止んでくれないの?」「わたしの言うこと聞いてよ!」「もっとしっかり食べてほしいのに……。」こんな悩みを解決する子育てはできてますか?

今もっとも正しい方法は、脳科学や心理学的を使った子育てです。赤ちゃんや子供の心を理解できれば、子育てがもっと楽しくなります。

まーさ
わたしも保育士として、年10回は発達心理学、栄養学、衛生管理学などの研修を受けます。

保育士が心理学を学ぶのは当たり前。幼児教育に力を入れる園ほど研修は多いです。子供の気持ちを知りたいママは、以下から資料を請求してください。

\無料で資料請求できます!/

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

子育ての悩みが解消されます!
子供の才能をより引き出せます!
保護者やママ友にアドバイスできます!

子供の気持ちを理解できるようになって、乳幼児教育アドバイザーという第二の人生を始めてもいいですね。

昔からの子育てには正しい方法もありますが、ママが辛いだけの方法もあります。「うちの子かわいい!」がずっと続くよう、楽しい子育てをしてください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.