ずりばいはいつから?練習は?はいはい・ひじばい・高ばいとは

ズリバイの目安と練習方法

この記事の読了時間は約 5 分です。

赤ちゃんのずりばいは好奇心の高まり

赤ちゃんは寝返りと寝返り返りができるようになると、移動が始まります。ただ、移動ができると言っても、おもちゃや大好きなママを見つけて一直線に移動……というわけにはいきません。

最初はゴロンゴロン転がってあさっての方向に進んでいき、進んだ先にあるものを手に取ると、当初の目的を忘れて「キャッキャ」と遊び出します。

そのうち、目的のものがどうしても触りたい赤ちゃんは、「横じゃなくて、前に進みたいばぶーー(●`ε´●)」と憤り、何とか前に進めるように工夫し始めます。それが「ずりばい」や「ひじばい」「はらばい」という手段です。

「ひじばい?はらばい?」まぁこの辺りは大した違いはないのですが、とにかく赤ちゃんが手足を使ってズリズリと這って進もうとする行為をまとめて「ずりばい」だと思って問題ありません。

では、赤ちゃんのずりばいは、赤ちゃんの身体機能の発達において必ず通る道なんでしょうか。また、ずりばいに効果的な練習方法はあるんでしょうか。

今回は、赤ちゃんはいつからずりばいを行うのか、ずりばいの練習方法についてお話したいと思います。

ずりばいとは

ずりばいとは、赤ちゃんがうつぶせで顔を持ち上げた状態のまま手を前に出し、手足の力で這って移動する行為です。たどたどしいほふく前進のイメージです。

赤ちゃんは首がすわり、うつぶせの状態から顔や手足を上げてお腹だけがついた姿勢に慣れてくると、次は興味を惹かれたものを目指してずりばいを始めます。

最初は手足を使って前に進む方法がわからないため、お腹を軸にその場でクルクル回転したり、足よりも手の方が上手に使えるため、手や肘だけで前に進もうとしますが、床を押してしまい後ろに移動する……など見ていて飽きません。

目的に向かいたいのにバックで遠ざかっていく……そのときの絶望感のある表情が可愛いんですが、しばらくするとちゃんと前に進めるようになります。

ちなみにずりばいには、はらばい、ひじばい、高ばいなどいくつかの種類がありますが、全てを経験するわけではありませんし、順番もバラバラなため、とくに意識する必要はありません。

はらばいとは

はらばいとは、単純にうつぶせという意味と、お腹を軸にして這って進むという2つの意味があります。ずりばいと変わらないと思って良いですね。

ひじばいとは

ひじばいとは、肘を使ってズリズリ前に進んでいく動作なので、本当にほふく前進に見えます。こちらもずりばいの一種ですが、もう少し上手になるとずりばいになります。

高ばいとは

高ばい

高ばいとは、両手足のひらを床につけて身体を支える状態を言います。そのまま何歩か進める赤ちゃんもいます。高ばいができるほど手足の力があれば、はいはいもすぐにできるようになります。

はいはいとは

はいはいとは、赤ちゃんが四つん這いになって手足を交互に前に出して移動する行為で、ずりばいの次の段階を指します。詳しくは以下を参考にしてください。

ずりばいの時期はいつから?

赤ちゃんがずりばいを行う目安は生後6-7か月ごろですが、早い子は生後5-6か月ごろから始めます。

赤ちゃんの行動はすべて個人差がありますが、ずりばいができるようになれば、次の四つん這いで移動するはいはいができるまではおよそ1か月ほどです。以下ははいはいを行う時期の目安です。

はいはい時期の目安
生後04-05か月未満:0.9%
生後05-06か月未満:5.5%
生後06-07か月未満:22.6%
生後07-08か月未満:51.1%
生後08-09か月未満:75.4%
生後09-10か月未満:90.3%
生後10-11か月未満:93.5%
生後11-12か月未満:95.8%
生後12-13か月未満:96.9%
生後13-14か月未満:97.2%
生後14-15か月未満:98.9%
生後15-16か月未満:99.4%
生後16-17か月未満:99.5%

参考|平成22年度乳幼児身体発育調査|厚生労働省

遅い子は1歳近くになってもずりばいができない(しない)ことがありますが、ずりばいをせずにはいはいを始める子もいるため、少々遅れていても過剰に心配する必要はありません。

大切なことは、最終的に赤ちゃんが立って歩ける様になることなので、今はずりばいが上手にできなくても、赤ちゃんの筋力トレーニングの1つとしてずりばいの練習方法を覚えておきましょう。

ずりばいの練習・トレーニング方法

ずりばいの練習には、時期の早い遅いはあまり関係ありません。なぜなら、赤ちゃんをうつぶせの姿勢にするだけだからです。一般的に赤ちゃんがずりばいに至る発達は以下の流れです。

1.うつぶせで頭を動かせる

2.うつぶせで頭や手足を上げられる

3.仰向けから寝返りができる

4.寝返り返りができる

5.ずりばいができる

そのため、この流れの中でずりばいができる筋力を少しずつ付けるお手伝いをしてください。ずりばいの練習方法は声をかける、おもちゃで釣るのどちらかが有効です。

練習方法1.ママが声掛けをする

ママは赤ちゃんの正面に行き、赤ちゃんが手を伸ばしても少し届かないところで「◯ちゃーん、こっちおいでー。」と声掛けをします。

両手を広げて手のひら見せて、赤ちゃんに抱っこをイメージさせましょう。目線を赤ちゃんに合わせるとなお良いです。

練習方法2.赤ちゃんが好きなおもちゃを置く

こちらも同じく赤ちゃんが手を伸ばしても少し届かない目の前に、赤ちゃんがお気に入りのおもちゃを置いてください。

恐らく初めは「そっちに行きたいのに行けないバブーー(●`ε´●)」と怒り泣きすると思います。ママはすぐに抱っこしたい気持ちを抑えて、繰り返し赤ちゃんのずりばい練習をしてあげましょう。

ずりばいは必ずしも通る道ではない!

赤ちゃんによってはずりばいが嫌いな子もいるので、もしずりばいをしなくてもママは落ち込まないでください。赤ちゃんが自分の意志で移動できるなら、しばらくはゴロンゴロン転がって移動しても良いと思います。

ちなみに、わたしも夫も運動神経は良い方だと思いますが、娘のずりばいは生後8か月過ぎだったと思います(息子のずりばいは生後5か月ごろ)。

このころの赤ちゃんの発達行動に親の運動神経はあまり関係がありません。兄弟姉妹でも運動機能の発達時期に差が出ます。そのため、ママは焦らずに、ずりばいの練習に付き合ってあげましょう。

注意点としては、練習途中ですぐに諦めないことです。もし、おもちゃで練習する場合は、赤ちゃんが泣いてもすぐにおもちゃをあげずに、自分で取りに行くかどうかを見守ってください。

抱っこもいっしょです。パパが赤ちゃんをすぐに抱きあげたい(救出したい)気持ちはわかりますが、ママはパパを止めて二人で見守ってあげてください。

この時期は、赤ちゃんのずりばいトレーニングといっしょにパパの心のトレーニングも必要ですね。