断乳・卒乳・離乳の違いは?授乳はいつまで続ける?平均は何歳?

哺乳瓶でミルクを飲む子ども

この記事の読了時間は約 4 分です。

数年前と育児方法が違う!

一人っ子だとなかなか気付けませんが、年の離れた子供を育てていると、育児方法の移り変わりの速さに驚くことがあります。

最近、新しい育児書を何冊か読んでいますが、わたしが息子を生んだ7年前と比べても、「えー、当時は良かったのに(ダメだったのに)……。」という育児方法がたくさんあって混乱します。

昔と今で違う育児方法の1つに、「断乳」と「卒乳」の考え方の違いがあります。現在は、断乳という言葉を見聞きすることが徐々に減っています。

ちなみに、日本母乳の会によると2002年4月には、すでに母子手帳から断乳という言葉が消え、卒乳が推奨されるようになったとのこと。

もうすでに子育てを終えた女性の中には、1歳を過ぎて母乳を飲んでいる子の話を聞くと「あー、まだおっぱいが必要なんだぁ。」と、少々ネガティブに思う人もいるのではないでしょうか。

では、断乳、卒乳とはどういう意味なのでしょう。

今回は、断乳と卒乳、そして似た言葉の「離乳」の意味の違い、また、ママが授乳をやめる平均的な時期についてお話したいと思います。

断乳、卒乳、離乳の違い

断乳(だんにゅう)とは

断乳とは、ある時期を境にして、子供への授乳行為を強制的にやめてしまうことです。断乳が推奨されていたころは、時期の目安は1歳ごろ、遅くても1歳半までには、ママの判断で断乳が行なわれていました。

ちなみに、断乳は主に母乳(おっぱい)の場合に使う言葉です。哺乳瓶を使った授乳は、赤ちゃんの執着が比較的薄いため、母乳(おっぱい)よりも比較的簡単にやめることができます。

卒乳(そつにゅう)とは

卒乳とは、断乳のようにママの判断で授乳行為を強制的にやめることではなく、子供が徐々に母乳(おっぱい)への執着がなくなっていき、子供自らの意思で母乳を飲まなくなることです。

アメリカ小児科学会(AAP)やWHO(世界保健機関)では、子供が2歳まで授乳を続けることが推奨されています。日本小児科学会(JPS)は、授乳の明確な時期は掲げていません。

調べてみると、「日本小児科学会は4歳までの授乳を推奨している」というネット上の記述はいくつかありましたが、日本小児科学会の公式発表はされていないのでは……?と思います。

離乳(りにゅう)とは

離乳とは、母乳やミルクを主食とした栄養摂取から、徐々に幼児用の食事を主食とした栄養摂取に移行する行為のことです。

現在の授乳の流れは、生後6か月ごろに離乳が行われ、徐々に母乳やミルクの摂取頻度が下がっていき、子供が自分の意思で母乳やミルクを飲まなくなる卒乳を迎えるのが2歳以降……が自然だとされています。

卒乳・断乳の平均時期

では現在、卒乳や断乳、つまり子供に授乳の必要がなくなる平均的な時期はどれくらいなのでしょう。

断乳の平均時期

コンビタウンが2014年に行った”断乳時期”に関するアンケート(有効回答数157)では、以下の結果が出ています。

断乳した時期-コンビタウン

出典|【コンビタウン】断乳|妊娠・出産&口コミ情報サイト

1か月-6か月|11人(7.0%)
7か月-1歳|43人(27.4%)
1歳1か月-1歳半|56人(35.7%)
1歳7か月-2歳|30人(19.1%)
2歳1か月-2歳半|5人(3.2%)
2歳7か月-3歳|5人(3.2%)
3歳以降|7人(4.5%)

卒乳の平均時期

また、2016年にたまひよが会員向けに行った”卒乳時期”に関するアンケート(有効回答数261)では、以下の結果が出ています。

卒乳した時期-たまひよ

出典|卒乳はいつ?みんなの卒乳体験談とママの気持ち|たまひよ

5か月未満|6%(16人)
6か月-11か月|20%(52人)
1歳-1歳5か月|41%(107人)
1歳6か月-1歳11か月|12%(31人)
2歳-2歳5か月|7%(18人)
2歳6か月-2歳11か月|7%(18人)
3歳|4%(10人)
4歳以降|1%(3人)
覚えていない|2%(5人)

※カッコ内はおよその人数

授乳をやめる平均時期からわかること

全く別の2つのアンケート結果から、断乳時期と卒乳時期でわかることを見ていきます。

前提として有効回答数が少ない、またそれぞれの回答者が卒乳と断乳の意味を理解しているか、卒乳と断乳の境が明確になるかなどは考慮に入れないものとします。

断乳時期と卒乳時期

上記を見る限り、子供に授乳の必要がなくなる平均的な時期は1歳から1歳半が最も多く、続いて1歳前が多いことがわかります。卒乳にしろ、断乳にしろ、平均時期の違いは見られません。

断乳時期と卒乳時期で差があるのは、2歳以降の授乳継続割合です。2歳以降に断乳を行った割合が11%に対して、2歳以降に卒乳を行った割合は19%と1.7倍多くなっています。

ただし、どちらにしてもアメリカ小児科学会やWHO(世界保健機関)が推奨する2歳までの授乳継続期間には足りていません。

ちなみに、世界の平均授乳期間は4.2歳だそうで……日本でそれを満たす家庭は多くても1-2%程度でしょう。

ただし、世界の授乳平均が4.2歳というのは出所が不明(WHO調査?)ですし、食料需給がままならず必然的に授乳期間が伸びる発展途上国を含めた平均だとすれば、あまり参考にはなりません。

では、なぜ断乳よりも自然な卒乳が推奨されるようになったのか、次回はその理由を見ていきましょう。