産後の肥立ちの意味や期間は?産褥期、床上げ、床払いとの違い

生まれたばかりの赤ちゃんとお世話するママ

この記事の読了時間は約 5 分です。

出産後の女性の体調を表す言葉

出産した女性は、すぐに妊娠前の体調や身体機能、生活スタイルに戻るわけではありません。

妊娠・出産を通して変化したのは体型だけではなく、体力、生活習慣、臓器の機能など、さまざまなことが変化したり低下した状態です。

そのため、それらがある程度元に戻らなければ、妊娠前のように積極的に動いたり、無理をしてはいけません。

このような産後の女性の体調や様子を表す際に、「産後の肥立ちが良い」「産後の肥立ちが悪い」という言葉がよく使われますが、「産後の肥立ち(さんごのひだち)」とはどのような意味なのでしょうか。

また、産後の肥立ちとともに、「産褥期」「床上げ」「床払い」「産明け」「帯明け」「日が明ける」などもよく使われますが、これらの言葉は、産後の肥立ちと意味が違うのでしょうか。

今回は、産後の肥立ち、産褥期、床上げ、床払い、帯明け、日が明けるの意味の違い、またそれぞれの言葉が表す期間がどれくらいなのかについてお話したいと思います。

産後の肥立ち(さんごのひだち)とは

産後の肥立ちとは、出産後の女性が十分な休養期間をとることで体調が回復し、肥え太る状態やその行為を言います。肥立ちは、日が経つにつれて成育すること、病人や産婦が日増しに健康を回復することです。

産後の肥立ちは東洋的な考え方で、日本だけでなく中国などの東アジアで今も重要視されています。もちろん、欧米でも出産後の女性は体調管理に気を付け、普段の生活で無理をしてはいけません。

ただ、東アジアの国々では出産後の女性の生活環境が良くなかった事情、栄養状態が悪かった事情、また欧米のように出産後の育児や家事を夫婦で協力して行う文化がなかったことなどが、女性が出産に体調を崩す原因になっていました。

産後の肥立ちの期間

産後の肥立ちの十分な休養期間に、明確な決まりはありません。

ただ、現在では「産褥期」の6-8週間を産後の養生の期間として考え、仮に働く女性でも、育児・介護休業法で8週間の「産後休業」取得を義務付けるなど、産後の肥立ちを良くするための政策が行われています。

つまり、現在の産後の肥立ちとは、出産後の女性が6-8週間の産褥期に十分な休養期間をとって体調を回復させることを意味しており、「産後の肥立ちが良い」「産後の肥立ちが悪い」という表現で、産後の体調の経過を表す言葉として使われています。

床上げ(とこあげ)とは

床上げとは、出産で体力が低下したママの心身の回復に努めるために敷きっぱなしになっていた布団を片付けて、産後の養生期間を抜けることを言います。

ちなみに、床上げは本来出産後の女性だけに使われる言葉ではなく、元々病気で療養していた人の心身が回復して、寝床を上げる(片付ける)ことから来ています。「床払い(とこばらい)」「床離れ(とこばなれ)」も同じ意味で使われます。

ところが、床上げは「産後の床上げ」という言葉で、出産後に使われる言葉として定着し、さらに床離れは、寝起きが良いことを指して「床離れが良い」と使われるようになるなど、それぞれの言葉の意味は、時代とともに少しずつ変化しています。

また、「産明け(うぶあけ)」は産後21日(地域によっては30日)が明けることを言い、床上げと同じ意味で使われます。「帯明け(おびあけ)」は産明けが変化した言葉、「日が明ける」も床上げと同じ意味ですね。

床上げの期間

床上げの期間は3週間、1か月など複数説がありますが、こちらも明確に決まっているわけではありません。最近は30日、1か月という記載が増えているように思います。

元々床上げの期間は、出産後7日間しかなく、床上げのお祝いとして「お七夜(おしちや)」が行われていました。

ただし、出産後は清浄のために他者が近づかないようにする「産後の忌み(さんごのいみ)」がある期間とされ、30日を経過すると「忌明け(いみあけ・きあけ)」として、お宮参りを行う慣習があります。

※忌みとは、出産や死事、大怪我などの穢れ(汚れ)に触れた人が、一定期間神事や祭りから遠ざかり、他人と接触しないこと

つまり、7日間の床上げ後も、実際は養生の期間(他人と会わない期間)が設けられていたことになります。

産後の肥立ち・産褥期・床上げ・床払の違い

言葉の意味は時代によって変化しています。今の解釈では、産後の肥立ち、産褥期、床上げ、床払い、床離れ、帯明け、日が明けるは、以下の意味だと考えて良いと思います。

産後の養生に関する言葉の意味
産後の肥立ち|産褥期における身体の回復具合を表す言葉
産褥期|出産後に身体機能がある程度回復する6-8週の期間を表す言葉
床上げ|出産後3週間-1か月である程度体力が回復し、動けるようになる区切りを表す言葉
床払い|床上げと同じ意味の言葉で床離れとも言う、病気療養明けの意味合いが強い
産明け|産後21日(30日)が明けることで、床上げとほぼ同じ意味
帯明け|産明けが変化した言葉で、床上げとほぼ同じ意味
日が明ける|床上げと同じ意味で使われる

ちなみに、産褥期の身体機能の回復とは、妊娠前の状態に戻ることを指しています。一方、産後の床上げの体力の回復とは、身体を動かして色々な動作が開始できることを指しています。

つまり、産褥期と床上げ期(床上げは行為なので床上げ期とします)を使い分けるなら、

・床上げ期は、必要最低限の行動をするために身体を休めて養生する期間
・産褥期は、さまざまな身体機能が回復し妊娠前の身体の状態に戻る期間

と言えます。よくわからない人は、まずは床上げまでを静養と生活習慣を取り戻す期間と捉えて、計画的に過ごすことをおすすめします。床上げまでの過ごし方は以下を参考にしてください。

床上げ期間を過ぎ、1か月健診で医師に入浴や赤ちゃんとお散歩をする許可などをもらったら、育児や家事の本格的な活動を開始します。

産後の生活に慣れ始めるころには産褥期を過ぎ、ある程度の身体機能は妊娠前の状態に戻っています。ただし、活動を開始する最適な時期は個人差があるため、すぐにトップギアに上げて良いという意味ではありません。

産後でもアクティブに過ごしたいというママもいるとは思いますが、産褥期を抜けるまでは赤ちゃんと同じペースで、それ以降でも徐々に以前の生活習慣を取り戻せるよう、日々を楽しんで過ごしましょう。