赤ちゃんが手を握り返す理由は?把握反射が弱い・消えない場合は

投稿日:2017年10月28日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

手を握り返す赤ちゃんが可愛い

ある日、まだ新生児期の赤ちゃんが起きているところに遭遇したパパは、軽く握られた赤ちゃんの小さな手の平を指で触ってみました。すると、パパの指を赤ちゃんがギュッと握り返してきました。

「おぉーー、◯◯が握り返した!可愛いなぁ。パパの指ってわかるのかな!」
「はいはい、興奮しすぎ。あと、赤ちゃんが指を握り返すのは反射だから。」

というわけで、パパが興奮する気持ちはよくわかりますが、赤ちゃんは、手の平を触れられたことを意識して握り返しているわけではありません。もちろん、パパの指だとわかっているわけでもありません。

この赤ちゃんの反応は、赤ちゃんが生きるために備わっている「原始反射(げんしはんしゃ)」という反射行動の中の1つで、「把握反射(はあくはんしゃ)」と言います。

今回は、赤ちゃんの手のひらに触れると手を握りかえす把握反射についてお話したいと思います。

把握反射(はあくはんしゃ)とは

赤ちゃんの把握反射には、「手掌把握反射(しゅしょうはあくはんしゃ)」と「足底把握反射(そくていはあくはんしゃ)」があります。

手掌把握反射と足底把握反射が起こる理由

手掌把握反射とは、赤ちゃんが手に触れたものをつかもうとして指を握り込む反射行動のことです。足底把握反射とは、足の裏に何かが触れたときに足の指をギュッと握り込む反射行動のことです。

把握反射は原始の記憶の名残と言われており、どちらも物を掴むことを助けるために無意識に起こっている反応です。

冒頭で赤ちゃんがパパの指を握り返したのは、赤ちゃんの手にパパの手が触れたことで、手掌把握反射が起こったからです。

もちろん反射のため、赤ちゃんが眠っているときに手のひらに触れても、手掌把握反射は起こります。

把握反射の出現時期・消失時期

把握反射はいつからいつまで?

手掌把握反射は妊娠28週ごろに出現し、生後4-6か月ごろに消失します。一方、足底把握反射は妊娠28週ごろに出現し、生後10か月ごろに消失します。

ただし、それぞれの原始反射には個人差があり、全ての赤ちゃんが同一時期に出現・消失するわけではありません。また、反射の強さも赤ちゃんによって異なります。

把握反射が弱い・見られない・消えない場合

原始反射は、「脳幹(のうかん)」によってコントロールされています。

脳幹とは、延髄(えんずい)、橋(きょう)、中脳(ちゅうのう)が中心となって構成された「中枢神経系」のことで、生存のために必要な脳幹の発達、感情表現をするる大脳辺縁系の発達、さらに論理的思考の大脳の発達につながっていきます。

【下巻】1.脳と発達|資生堂社会福祉事業財団

そのため、生後4-6か月までの赤ちゃんに手掌把握反射が見られない場合、著しく弱い場合は、脳幹の発達に何らかの障害が起きている可能性が考えられます。

また、生後6か月ごろに消失すべき手掌把握反射が1歳になっても見られるなど、一定期間を大幅に超えて残っている場合も、自閉症などの発達障害の可能性を疑います。

もちろん、個人差があることを理解したうえで、小児科を受診すると良いでしょう。

赤ちゃんの原始反射が見られたら喜んで!

成長時期に合わせて原始反射が見られること、または消失時期に原始反射が見られなくなることは、赤ちゃんが順調に育っている証拠です。

パパは、赤ちゃんの手掌把握反射を理解してして、「なんだ……パパってわかって握り返したんじゃなかったんだ……。」とがっかりするかもしれませんが、原始反射の出現は大切なことなので喜んでください。

赤ちゃんの意思で握り返すのは生後6か月ごろ

また、赤ちゃんが生後6か月を大きく過ぎてパパの手を握り返して来たら、それは赤ちゃんの意志によるものなので、そちらも大いに喜んでください(パパの認識はないと思いますが……)。

原始反射にはさまざまな種類があり、生後4-6か月以降に消えていくものばかりです。育児に慣れないママは、バタバタして心身ともに忙しいなか、原始反射を見てまずは喜び、それがなくなっていく様子を見て赤ちゃんの成長を感じてください。

赤ちゃんの成長の過程で何気ない小さな発見することで、より「この子をがんばって育てていこう!」という気力に変えることができると思います。

子育ては科学的に学べます!

子育ては日々変化しています。今日OKな子育てが、明日はNGになるかもしれません。

「なんで泣き止んでくれないの?」「わたしの言うこと聞いてよ!」「もっとしっかり食べてほしいのに……。」こんな悩みを解決する子育てはできてますか?

今もっとも正しい方法は、脳科学や心理学的を使った子育てです。赤ちゃんや子供の心を理解できれば、子育てがもっと楽しくなります。

まーさ
わたしも保育士として、年10回は発達心理学、栄養学、衛生管理学などの研修を受けます。

保育士が心理学を学ぶのは当たり前。幼児教育に力を入れる園ほど研修は多いです。子供の気持ちを知りたいママは、以下から資料を請求してください。

\無料で資料請求できます!/

科学的根拠に基づいたカリキュラムが学べる『ギフト教育』

子育ての悩みが解消されます!
子供の才能をより引き出せます!
保護者やママ友にアドバイスできます!

子供の気持ちを理解できるようになって、乳幼児教育アドバイザーという第二の人生を始めてもいいですね。

昔からの子育てには正しい方法もありますが、ママが辛いだけの方法もあります。「うちの子かわいい!」がずっと続くよう、楽しい子育てをしてください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.