マタニティフォト撮影時期は妊娠何週?おすすめ小物・衣装・ポーズ

e3b69a2f14b67036b6c37cbb1edb0778_s

この記事の読了時間は約 6 分です。

妊娠中の思い出残ってますか?

もうすでにママのみなさん、妊娠中の思い出って残ってますか?

「お腹が苦しくて、腰が痛くて、ずっとイライラして、旦那とも喧嘩したし、何回も妊娠しなきゃ良かった……って思い出なら残ってるけど?」

……まあぁ気持ちはわかりますし、こんなママもいますよね割と(^_^;)

妊娠中は身体が重くて動きが制限されますし、体中が痛いうえに精神的にも下げ気味なことが多いので、気分転換に遊びに行くのも苦労します。

だからといってお家にこもりっぱなしだと、プレグナンシーブルーが悪化しますし、色々な不安も増してしまいますよね。

そこで、せっかくの妊娠期間を利用してマタニティフォトで思い出を作ってみてはどうでしょう。

今回は、マタニティフォトをよく知らない人のために、マタニティフォト撮影時期やおすすめの演出などを色々とご紹介したいと思います。

マタニティフォトとは

マタニティフォトとは、妊娠してお腹が大きくなった妊婦姿を撮影した写真のことです。

日本だと芸能人や有名人のマタニティフォトが雑誌に載っていたり、CDのジャケットに使われたりしますが、海外では普通のママでもマタニティフォトを撮るのは割と一般的です。

マタニティフォト専門のフォトグラファーが職業として成り立っているくらいなので。

「えぇー、あんなの綺麗な人が撮るんでしょ?ただでさえ体型崩れてるのに、妊娠線バリバリ入ってたら恥ずかしいじゃん!」という考えは、人に見せる前提だからですね。

マタニティフォトは、別に人に見せなくても良いんです。SNSに載せる必要もありません。普段の写真と同じ感覚で撮影して、家族の思い出・自分だけの思い出に残すものです。

そのため、とくにお金をかけてフォトスタジオで撮影する必要はないと思います。ただ、プロに撮ってもらえば、雰囲気も作って綺麗に撮ってもらえるので、「え!わたしじゃないみたい!」となることは間違いありませんが。そのお話は以下をご参考に。

マタニティフォトはフォトスタジオで!料金、撮影の流れ、選び方

もちろん、写真を撮るときはお腹を出して撮影します。これが自然なマタニティフォトです。お腹を出したり、ときには服を脱いで写真撮影するため「マタニティヌード」とも言われています。

マタニティフォトを撮影する時期

マタニティフォトを撮影する時期は、妊婦だとわかるようにお腹がぽっこり出ている妊娠8-9か月(妊娠28-35週)ごろが良いでしょう。

妊娠による体型崩れは仕方ありません。大切なことは、お腹の中に生まれる寸前の赤ちゃんがいて、その妊婦姿が記録に残ることです。

自宅で撮影するならいつでも良いと思います。むしろ、妊娠週ごとに撮影して思い出を残しても良いですし、毎日撮影してタイムラプス動画に挑戦しても面白いですね。

妊婦の妊娠から出産の経過が面白い!タイムラプス動画12選

ただし、フォトスタジオでマタニティフォトを撮影する場合は時間もかかります。何があるかわからないので、臨月(36週0日から39週6日)に突入してからの撮影は避けた方が良いですね。

フォトスタジオでの撮影は予約が必要ですが、最大のお腹を撮りたいからといって出産前ギリギリの撮影予約をすると「陣痛来ちゃった……。」ということもあるので、出産予定日から余裕を持って予約をしておきしましょう。

マタニティフォトのおすすめ演出・小物

フォトスタジオに行けば小物が揃っていますし、マタニティフォト用のマタニティドレス(布が少ないスケスケやキラキラの……)やベリーペイント、ボディジュエリーもできて素敵に飾ってもらえます。

でも、お家で旦那さんが撮影する場合は、そこまで気取る必要はありません。

基本的には普段のマタニティドレスや伸縮性の高いチューブトップにロングスカートを合わせたり、撮影のときはTシャツでお腹を出すというラフなもので良いと思います。

よくあるマタニティフォトの演出をいくつか参考にしましょう。

おすすめ衣装や演出1.お腹にサッシュリボン

サッシュリボン

明るい太陽の下で、お腹を出して発色の良い青やピンクのサッシュリボンを可愛く巻いてみましょう。お腹の中にいる赤ちゃんをプレゼントのように演出します。

おすすめ衣装や演出2.ベリーペイント

遊び心があるマタニティフォト

ベリーペイントとは妊婦のお腹に描く絵のことです。単純に自分でイラストを描いても良いですし、安産を祈願するベリーペイントで撮影するのも良いですね。

ベイーペイントはフォトスタジオに行かなくても描いてくれる人はいますし、お風呂で洗えばすぐに落ちます。この大きなお腹に映えるイラストやデザインは、一生で1度きりかもしれません。

ベリーペイントとは?時期や料金は?絵の具があれば自分で可能?

おすすめ衣装や演出3.ボディジュエリー

ボディジュエリー

出典|ギャラリー|ボディージュエリーの資格取得・独立開業を支援するBEA

ボディジュエリーもベリーペイントのようなものですが、こちらはイラストではなくてキラキラのデコに近いですね。

もちろん、マタニティフォトに使うのでお腹のボディジュエリーが可愛いのですが、ベリーペイントと被ってしまう場合があります。

そのため、目立ちたい場合はデコルテ・肩・顔、大胆にアピールする場合はうなじ・背中・腕、さりげないおしゃれは手足にすると良いでしょう。

おすすめ衣装や演出3.ファーストシューズ

ファーストシューズ

ファーストシューズでよくあるのは手編みのブーティです。手で持ってお腹の前に持ってきたり、上の写真のように大きくなったお腹に乗っけても良いですね。

おすすめ衣装や演出4.上の子やパパのキス

妊婦と子供のマタニティフォト

海外では妊婦のお腹にキスをするのは、健康な赤ちゃんが生まれるおまじないだそうです。ママがお腹を出して、そこにキスをするパパの写真は愛情を感じられてとても素敵ですね。

もし2人目や3人目の赤ちゃんなら、上の子にキスをしてもらうととっても可愛いマタニティフォトに仕上がると思います。

おすすめ衣装や演出5.手を当てたりハートを作ったり

妊婦のお腹にハートマーク

お腹に手を当てたり、手でハートを作るのは、マタニティフォトの定番ポーズですね。定番ポーズなので、とりあえずやっときましょう。

おすすめ衣装や演出6.エコー写真といっしょに

エコー写真といっしょにマタニティフォト

エコー写真といっしょに撮影するのも、よくあるマタニティフォトです。エコー写真と一緒に撮ることで、ママのお腹と赤ちゃんの成長が同時にわかるため、思い出に残るマタニティフォトになります。

マタニティフォトは日常にちょっとした特別感を出そう

モデルさんのように、妊婦になってまできれいな体型を維持するなんて、わたしたちには不可能です。そのため、写真写りを気にしすぎると、マタニティフォトを躊躇してしまいます(^_^;)

でも、そこまで意識する必要はなく、思い出を残すために自然体のマタニティフォトが撮れれば良いんです。

イスに座ってポーズを取ったり、外でぼかしを入れた写真を撮ったり、冒頭の写真のように遊び心を入れたり……。とにかく、人生で妊婦体型の瞬間は、今しかないかもしれません。

妊娠中にパパや子供と思い出に残る写真を撮れば、それだけで立派なマタニティフォトになります。ただし、マタニティフォトに夢中になりすぎて、無理なポージングや演出をして、身体や胎児に負担をかけるのだけはやめましょう。

もちろん、綺麗でセクシーに撮れるに越したことは無いんですが……そんな人は、カメラマンの出張撮影サービスを使って、きれいに撮ってもらいましょう。

カメラマンの出張撮影マッチングサービスの「フォトワ」は、料金が安くて使いやすいサービスです。1時間の出張撮影で平日19800円、土日祝日23800円となっています。以下詳細をまとめたので、興味があれば読んでみてください。

フォトワとは?七五三、お宮参り、出産記念におすすめの出張写真撮影サービス

生まれてくる赤ちゃんのためにもたくさんマタニティフォトを撮って、今しかない素敵な思い出を残してください。