電車の優先席

生活・家族

マタニティマークはいつから付けるもの?嫌がらせを受ける割合は

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

妊婦がつけるマタニティマーク

街中を歩いていると明らかに妊婦とわかるお腹が大きくなった女性が、このようなマークを付けているのを見たことはないでしょうか。

マタニティマーク

これは「マタニティマーク」と言います。わたしも妊娠中は、いくつかの鞄にマタニティマークを付けていた時期がありました。

つわりがひどかったわたしは、周囲に迷惑をかけないように、まだお腹が目立たない時期からマタニティマークをつけていましたが、電車で何度か席を譲ってもらい、とてもありがたく感じました。

ところが、マタニティマークは、周囲に気を使いながら過ごす妊婦にとって頼りになる反面、トラブルのもとになることもあるようです。

今回は、マタニティマークの役割やトラブルになってしまう原因などをお話したいと思います。

マタニティマークとは

マタニティマークとは、自分が妊婦であることを周囲に知らせるため、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指すために「健やか親子21」推進検討会において発表されたものです。

厚生労働省によると、マタニティマークについて以下のように書かれています。

・妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
・さらに、交通機関、職場、飲食店、その他公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

マタニティマークについて |厚生労働省

マタニティマークを付けることで周囲は妊婦に気付き、席を譲るなどの配慮ができます。また、突然の体調悪化などがあっても、妊婦だとわかるため適切な対応を取ることができます。

マタニティマークの種類は?

マタニティマークには、マグネットタイプやピンバッジ、キーホルダーなどの種類があり、とくに形が決まっているわけではありません。

最近はマタニティマークを可愛く手作りする人も増え、ふりふりのリボンが可愛いロゼットやお守りにアレンジしたマタニティマークも見かけます。ちなみにわたしもマタニティマークを手作りのロゼットにしていました。

いつからつければ良い?

では、マタニティマークはいつからつければ良いのでしょうか。

マタニティマークは周囲に妊婦であることを知らせるためのものなので、妊娠していることがわかったらいつから付けても問題ありません。

妊娠初期はお腹も出ていないため、なかなか妊婦だと気づかれません。ただ、妊娠初期、とくに妊娠12週未満は初期流産の恐れがあり注意しなければいけない時期です。

そのため、妊娠初期からマタニティマークを付けて、なるべくトラブルを避けられるようにしましょう。

マタニティマークのもらい方

厚生労働省が作成したデザインのマタニティマークであれば、基本的に無料で、以下の場所でもらえます。

・自治体の窓口
・鉄道会社の窓口
・航空会社のチケットカウンター等

もっとも一般的な場所は自治体の窓口です。妊娠が確定して母子手帳を自治体に受け取りに行く際に、マタニティマークも一緒にもらうことが多いですね。

また、よりかわいいデザインのマタニティマークが無料配布されている場合もありますし、有料で販売されている場合もあります。メルカリでも手作りのマタニティマークグッズがたくさん販売されています。

妊婦向けの雑誌を購入すると、マタニティマークグッズが付録として付いていることもあります。

このようにマタニティマークに明確な決まりはありませんが、たとえかわいいからと言って、あまりにも元のデザインからかけ離れているマタニティマークはつけないようにしましょう。

マタニティマークグッズをつけている人が、ひと目で妊婦だとわかることが大切です。

マタニティマークを不快に感じる人がいる

周囲に妊婦であることを知らせ、配慮を求めるマタニティマークですが、一部でトラブルに巻き込まれるリスクもあると言われています。個人のお話ですが、このようなものがありました。

妊娠中に電車内で60代位の女性達に『妊婦だからって甘えて座るな!』と怒られたり、酔っ払った会社員から、代わってと頼みもしないのに「妊婦だろ、座りたいなら土下座しろ」と言われたりしました。

マタニティマークが付けられない…なぜ妊婦が萎縮する社会になったのか(藤村美里) - 個人 - Yahoo!ニュース

マタニティマークを不快に感じる割合

エコンテが2016年に行った調査によると、マタニティマークを身に付けている人に気付いた際に「不快に感じる」という人が、2.8%の割合で存在します(妊婦以外の一般男女432人が回答)。

マタニティマークを不快に感じる具体的な理由として、以下の声が挙がっています。

・妊娠が本当かどうか不明だから
・妊娠して幸せというアピールに感じる
・配慮を強要されているような気になる
・席に座らせろ、優先させろと上から目線で言っているように感じる

「マタニティマークは危険」は本当?マタニティマークに関する意識調査|実績紹介 | 株式会社エコンテ

マタニティマークで嫌がらせを受けた割合

また、妊婦がマタニティマークを付けていたことで、不快な思いや嫌がらせ、危険を感じた経験あるという人の割合は9.7%も存在します。具体的なエピソードとして、以下のエピソードが挙がっています。

マタニティマークを身につけていることで不快な思いや身の危険を感じたことがあるか

「マタニティマークは危険」は本当?マタニティマークに関する意識調査|実績紹介 | 株式会社エコンテ

・優先席前で「本当に妊婦なのかよ?」と舌打ちされた
・歩くのが遅くて舌打ちされた
・いちゃもんをつけられ、お腹を殴られそうになった
・お腹を叩かれた

「舌打ち」だけであれば不快な思いで終わりますが、「お腹を叩かれた」「お腹を殴られそうになった」というエピソードは、妊婦にとってどれほどの恐怖だったでしょう。

マタニティマークで妊婦が嫌がらせを受ける原因

では、本来守られるべき存在の妊婦が、マタニティマークをつけていることで嫌がらせを受けてしまう原因はなんでしょうか。

妊娠の心身の状態が理解されないから

妊娠をすると身体にはさまざまな変化が起こり、ほとんどの妊婦がつわりや腰痛などの体調不良を経験します。また、精神的に不安定な状態になる人もたくさんいます。

妊娠は、実際に経験してみなければ、その心身の状態は分からないものです。

もちろん妊娠症状の重度は妊婦によるため、身近な人の妊娠症状を間近で見ない限り、妊婦への配慮が欠けてしまう人は一定数いるのでしょう。

妊娠をしているアピールに感じるから

妊娠をしたくてもできなかった人の中には、妊婦がマタニティマークをつけているのを見て、妊娠アピールをしているように感じる場合があります。

優遇されるためにつけていると勘違いするから

妊婦がマタニティマークを付けていると、「妊婦は優遇されたくて、わざわざマタニティマークをつけてアピールしている。」と思い込む人がいます。

マタニティマークは、優遇されるためのマークではありません。体調が悪いときや何か起こったときに手助けをしてほしいというマークです。

実際に態度が悪い妊婦もいるから

妊婦の中には、「妊婦様」と揶揄されるような態度をとる妊婦もいます。妊婦様とは、妊娠したことで周囲から色々と配慮されるのを良いことに、傲慢な態度をとってしまう妊婦のことです。

・優先席の前で、席を譲ってアピールをしてくる
・席を譲っても、ちゃんとお礼を言わない
・お年寄りが来ても知らん顔をし、妊婦だから当然という態度で座っている

もしこのような態度をとる妊婦がいると、妊婦全体のイメージが悪くなるのは仕方がありません。ただ、妊婦様と呼ばれるような人はごく一部の妊婦だけです。

そもそもそんな傲慢な態度をとる人は、妊婦だからではなく、元からそういう人です。ほとんどの妊婦は自分の体にも、周囲にも気を使ってビクビクしながら過ごしています。

マタニティマークの認識

最近では、マタニティマークをつけて嫌がらせやトラブルに巻き込まれることを避けるために、病院から常にはつけないようにとアドバイスを受けることもあるようです。

たしかに様々な事情によってマタニティマークを不快に感じる人はいるかもしれません。個人の心情は仕方がないことだとは思いますが、それを態度に表したり、手を出すなどは許されないことです。

先程のエコンテのアンケート調査によると、マタニティマークに気付いた際に「サポートしてあげたい」と感じる人は67.6%もいます。これはとても心強い数字です。

マタニティマークを身につけている人に気付いた際にどのように感じるか

「マタニティマークは危険」は本当?マタニティマークに関する意識調査|実績紹介 | 株式会社エコンテ

ただ、おそらく多くの妊婦は、「サポートしてあげたい」が増えるよりも、「不快に感じる」が減って欲しいと思っています。もしくは、たとえ「不快に感じる」が増えたとしても、実際に嫌がらせはしないで欲しいと願っています。

妊娠中は何かがあると取り返しがつきません。そのため、マタニティマークは本当に困ったときに助けて欲しいという意思表示なのだと理解してもらえればと思います。


  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2019 All Rights Reserved.