イクメンとイタメンの意味の違いは?イクメンの定義は男女で違う

パパと手をつなぐ娘

この記事の読了時間は約 5 分です。

イクメンとは

イクメンとは、子育てをする男性の略語「育児をするメンズ」の意味です。

若い子育て世代の女性で、イクメンの意味を知らない人はほとんどいないはずです。とても簡単に言うと、子供が好きで、子育てをがんばっている男性のことですね。

イクメンは、ママ目線で「積極的に子育てを行う今時の理想的なパパ像」としてテレビの情報番組や雑誌などで使われ始め、今では子育てが関係ない人にも浸透しています。

また、イクメンは単純に育児を手伝う男性というより、「育児休暇を申請して育児のために時間を割く男性」「育児を趣味と言って良いほど積極的に取り組む男性」などの意味合いが強いそうです。

ただ実際は、「育児に積極的に参加したい男性」「将来的にイクメンでありたいと考えている男性」も含まれます。

前者は主に女性の意見、後者は男性の意見と考えるとしっくりきます。言葉の意味は単純に「育児をするパパ」のことですが、パパとママでは「イクメン」の意味に対する認識の違いがあるということですね。

一方、イクメンとは反対の意味で使われている「イタメン」や「残念な夫」とうい言葉もありますが、これらの意味はわかるでしょうか。

今回は、家庭内で使うとちょっと問題ありかもしれない「イクメン」と「イタメン」の違いについてお話したいと思います。

イタメン・残念な夫とは

イタメンとは、表面的な育児や子供と接する良いところだけの「いいとこどり育児」をして、周囲に「俺ってイクメン( ・´ー・`)」という顔をするちょっと勘違いをした育児をする男性のことを言います。

イタメンと残念な夫はどちらも同じ意味で使われます。イタメンが行う勘違いをした育児とは、主に以下の様な傾向があります。

パパのいいとこ取り育児例
1.うんちのおむつ替えはしない
2.おむつかぶれのケアはしない
3.お風呂はいっしょに入るだけ
4.調乳はしない
5.授乳をしても哺乳瓶は洗わない
6.離乳食の準備をしない
7.離乳食を根気良く食べさせない
8.気が向いたときだけあやす
9.おもちゃや絵本は出しっぱなし
10.準備をしないで散歩に行く
11.ちょっと連れ出して満足する
12.困ったらお菓子やおもちゃを買う
13.子供の歯磨きはしない
14.子供を病院に連れて行かない
15.洗濯はカゴに入れるまで
16.寝かしつけに挑戦はしてみる
17.外出したときだけ張り切る
18.ママがいい~に心折れる

自分を過大評価する自称イクメンパパは、育児をしているつもりでかえってママの邪魔になったり、あまり意味が無い育児をするため、影で「イタメン」「残念な夫」と呼ばれることがあります。

おおたとしまさ著「忙しいビジネスマンのための3分間育児」では、イタメンチェックとして以下の10項目でイタメン度を計っています。

1.おしっこのおむつ換えはできるけど、ウンチのおむつ換えは苦手
2.哺乳瓶での授乳の時、ヒマなのでケータイをいじっている
3.子供と湯船にはつかるが、お風呂の前後の子供のケアはママまかせ
4.まだ子供が0歳のころ、自分にできることは少ないと思っていた(いる)
5.一度泣かれてしまったら、ママにバトンタッチしないと泣き止まない
6.ゴミ出しはするけど、家中のゴミ箱のゴミを袋に集めるのはママの仕事
7.料理をしようと思って、冷蔵庫にある食材を買ってしまうことがある
8.子供への接し方で意見が食い違うママを、論破してしまうことがある
9.育児も家事も、いくらやっても、なぜかママに認めてもらえない
10.「育児することは権利である。邪魔するものは許さない!」と思っている

created by Rinker
¥1,080 (2018/10/17 10:17:34時点 Amazon調べ-詳細)

イタメンチェックの結果は、Yesの数が8-10個、5-7個、2-4個、0-1個の4段階に分かれていて、それぞれ本書に解説が記載されています。個人的には、ちょっと言いすぎな気がします。蔑むばかりでは良いことはないと思いますが……。

パパの育児の意識は変わりつつある

「イクメン」という言葉が使われるようになってから、パパの育児に対する関心が高まりました。積極的に育児をするパパが増えたのは良いことですが、育児は何となく子供と戯れることではありません。

今のところイクメンと言われるパパは、積極的な育児をするというよりも良いパパを演じようという気持ちが強いように感じます。

「育児は女性の仕事だ。」「女性はすべての育児に喜びを感じている。」という世間の誤解はまだ残っているため、そこにパパが考える「イクメン」とママが考える「イクメン」の受け取り方のギャップがあるのかもしれません。

ただ、イクメンパパの意識も徐々に変わりつつあるようです。

ベネッセが2005年、2009年、2014年に0-6歳の子供を持つ父親を対象に行なった「乳幼児の父親についての調査」によると、パパが「家事や育児に積極的にかかわりたい」と思う割合は徐々に増えています。

家事や育児に、今以上にかかわりたいと思いますか

出典|第 3 回 乳幼児の父親についての調査|ベネッセ

そして、それとともに子供との接し方に自信を持てないパパの割合も増えています。

子供との接し方に自信がもてない

パパが育児に自信を持てずに悩むのは、それだけ真剣に育児に取り組んでいるからです。この気持ちはママならわかるはずです。

実際に、子供の気持ちがわからなかったり、言うことを聞いてくれずに悩む経験は日常茶飯事です。育児は楽しいことばかりではないので、パパのこのような意見が出ることは、ママにとっても嬉しい変化だと思います。

イタメンからイクメンに変えることが大切

もしママが、「俺ってイクメン( ・´ー・`)」と言うパパのことを影でイタメンと呼んでいるとしたら……。「もう手伝わなくて良いから邪魔しないで!」なんて言っているとしたら……。

気持ちはわかりますが、わたしはその対応の方が残念に感じます。

なぜなら、せっかく育児をしたいと考えているパパの気持ちを折ってしまうからです。パパはまだ育児の大変さを認識できていないだけ、父親としての認識・自覚がまだ甘いだけなんです。

イタメンだろうが、いいとこどり育児だろうが、育児に全く興味を示さないパパよりもはるかに素晴らしいと思います。

自分の意思で育児ができるパパは、少し方向性が変わるだけで、ママにとっても、子供にとっても、パパ自身にとってもポジティブな子育てができ、幸せな家庭像を描けるようになるはずです。

ママは、パパのやる気を削がないように注意しつつ、育児に取り組む環境を作ったり、後押しをしてあげてください。また、いいとこ取り育児を直すために、以下も参考にしてください。

育児を真剣に行うためには、時間だけでなく子供との向き合い方が大切です。仕事との両立は大変だと思いますが、今後ますます、育児に真剣に向き合うイクメンパパたちが増えることを願っています。