背中スイッチはいつからいつまで?赤ちゃんが起きる理由と効果的な対策

投稿日:2017年4月29日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

赤ちゃんの背中スイッチが辛い

「はぁ~、抱っこでやっと寝てくれた。後は赤ちゃんを布団におろして……。」……この後何が起きるかわかりますよね(^_^;)

どれだけ寝付きが良い赤ちゃんでも、長時間ぐっすり眠る赤ちゃんでも、抱っこで寝かしつけた後に布団に置くと泣いてしまう経験は、ママなら誰もが味わいます。

赤ちゃんを布団におろした途端に泣き始めることから、赤ちゃんが敏感に起きるスイッチが背中についている「背中スイッチ(覚醒スイッチ)」……と揶揄されるほどです。

背中スイッチは、2000年過ぎから使われ始め、今ではママを困らせる一般的な育児用語として浸透しています。「本当にスイッチあるんじゃないの?」と、赤ちゃんの背中を見たママも多いはず……。

では、なぜ赤ちゃんには、背中を布団に付けることで敏感に反応して起きてしまう面倒なスイッチがあるのでしょうか。

今回は、赤ちゃんに背中スイッチがある理由、寝かしつけ対策などについてお話したいと思います。

背中スイッチの正体とは

眠った赤ちゃんを布団に置くと、ビクッとして起きてしまう背中スイッチの正体、原因の多くは赤ちゃんの「モロー反射」です。

モロー反射とは、赤ちゃんが音などでびっくりしたとき、不安を感じたとき、環境が変わったときに、両手をパッと広げて何かに抱きつこうとする反射行動のことです。

これは昔人間が木の上で生活をしていたときに、木から落ちそうになってしがみつく防衛本能が残っているという説があります。

つまり、赤ちゃんを布団の上におろしたときに背中スイッチで起きてしまうのは、人間に備わった身を守る防衛本能だということです。

ただ、今は木の上で生活しているわけではないため、余計な反射でしかありません……。

モロー反射が起きる原因

赤ちゃんは、ちょっとしたことでモロー反射が起きますが、いつどのような原因で赤ちゃんにモロー反射が起こるのでしょうか。

物音がするから

赤ちゃんは大人よりも眠りが浅く、周辺でガタッと物音がすると、びっくりして目が覚めてしまいます。敏感な赤ちゃんは、衣擦れの音やママの足音でも起きることがあります。

寝かしつけに苦労するママも、物音には敏感になっているため、ちょっとした音でもすぐに「やばっ!」と気付きますよね。

落ちる感覚があるから

赤ちゃんを布団におろすとき、また、背中が布団につく前にママから赤ちゃんが離れると、赤ちゃんが落ちてしまう感覚になり、ビクッと目が覚めてしまいます。これは、なかなか抱っこされない大人にはない感覚です。

温度変化があるから

ママの密着で感じていた温かさが、ママから離れたり、布団に降ろされたときの布団のひんやり感で、赤ちゃんにモロー反射が起きてしまいます。この程度の温度変化でビクッと驚くことも赤ちゃん特有です。

体勢が変わるから

抱っこのときは、赤ちゃんの身体が丸まっており、ママの胎内にいた姿と似ています。ところが、赤ちゃんを寝かせると、丸まった状態からお腹を丸出しにして背中や股関節が伸びるため、モロー反射が起きてしまいます。

眠りが浅いから

上記の原因で赤ちゃんが起きやすいのは、赤ちゃんの睡眠が大人より浅く、ノンレム睡眠の周期が短いため、ちょっとした物音や温度変化・環境変化の刺激を受けるからです。

レム睡眠とノンレム睡眠

新米パパのための夜泣き対策講座 | FQ JAPAN 男の育児online

背中スイッチではなくお腹スイッチとは

さて、これまで赤ちゃんを布団におろすと泣くのは、背中を布団につけたときに背中スイッチが押されるからだと言われていました。

ところが、理化学研究所で脳科学を研究する黒田博士によると、赤ちゃんを寝かせたときに覚醒する背中スイッチは、背中ではなく「お腹スイッチ」だという説が有力になっています。

たとえば、前述したモロー反射の原因と照らし合わせてみると、お腹スイッチの存在がわかります。

・抱っこからおろすときにママの身体から"お腹が離れる"ことで落ちる感覚になる
・ママに触れていた赤ちゃんの"お腹が離れる"ことで温度変化を敏感に感じる
・身体を丸めて守っていた"お腹がむき出しになる"ことに違和感を感じる

……など、突然の物音だけは別物ですが、他は全て背中よりもお腹で温度変化や環境変化の違和感を感じることで、スイッチが入っていることがわかります。

ママは、背中スイッチとお腹スイッチを勘違いすることで、赤ちゃんをより寝かしつけにくい環境にしていたのかもしれません。

赤ちゃんの覚醒スイッチは背中ではなく、おなか側!!最新研究を紹介 | 子育てに役立つ情報満載【すくコム】 | NHKエデュケーショナル

お腹スイッチを意識した寝かしつけ対策

では、お腹スイッチを意識すれば、赤ちゃんを起こさずに寝かしつけられるでしょうか。赤ちゃんを布団におろしただけで起こる、厄介なモロー反射を防ぐことはできるでしょうか。

全ての寝かしつけで上手くいくわけではありませんが、お腹スイッチを意識した寝かしつけは、基本的な寝かしつけとして無意識に行っているママもいるはずです。

寝かしつけの基本は眠るまで密着すること

詳しくは以下を参考にして欲しいのですが、赤ちゃんの寝かしつけで最も基本的なことは、赤ちゃんが眠るまで常に密着することです。

赤ちゃんに密着したまま布団におろし、しばらく密着して身体をトントンすることが赤ちゃんを上手に寝かしつけるコツです。これは、抱っこからおろすときだけでなく、普段の寝かしつけでも使える行為なので覚えておいてください。

眠った赤ちゃんを布団におろす注意点
1.眠りが深くなるまで待つ
2.とにかくゆっくりおろす
3.首の後ろの手に気をつける
4.置いた後に起きても慌てない
5.抱っこひもの種類で変わる

背中スイッチ(お腹スイッチ)はいつからいつまで?

ちなみに、背中スイッチ(お腹スイッチ)は生後2-3か月から強くなり、モロー反射が消失する4-5か月まで続きます。ただし、刺激に敏感な赤ちゃんは、1歳近くまで少しの刺激で起きやすい状態が続きます。

そのため、ママがどれだけお腹スイッチを意識しても、赤ちゃんが夜中に何度も起きたり、なかなか寝てくれないことがあります。

赤ちゃんの性格で快・不快の感じ方も違うため、簡単に寝かしつける方法や夜泣き対策を見つけることは至難の業です。

寝かしつけ対策・夜泣き対策の模索はそこそこにして、ママがどうやって赤ちゃんの夜泣き時期を健康に、ストレスが少なく乗り越えるかを中心に考えましょう。

赤ちゃん・小さな子にはハーブティーもアリ

赤ちゃん・小さな子が寝なくて辛いときは、小児科を頼りましょう。生後6か月以降は小児用漢方を出す小児科もありますし、民間療法でもハーブティーで夜中に起きなくなった例もあるので、気軽に試してください。

睡眠の質を改善するハーブティーは、カモミールです。カモミールティーはノンカフェインで、赤ちゃんも離乳食が始まっていれば問題なく飲めます(目安は生後5か月)。

「すやねむカモミール」は、夜泣き対策で開発したオーガニックハーブティーです。ティーバッグで準備もかんたん。ただし、赤ちゃんには白湯で3倍に薄めて、冷ましてから飲ませてください。

味の好みはありますが、1か月ほど飲み続けると慣れます。娘のときは飲みはじめて2週間後にはゴクンと飲めるようになりました。わたしは、すやねむカモミールを入眠儀式として使いましたが、息子のときよりも確実に寝付きは良かったです。

子供の夜泣きは後から思い出話になります。「○ちゃんは楽だったけど、○は毎日泣いて大変だったよ。」と息子に言うと、「うへへ」と笑います。息子のときも飲ませれば楽だったのかもしれません(^_^;)

すやねむカモミールは定価3980円ですが、以下キャンペーンサイトから75%オフの980円+送料無料になります。夜泣きに困っているママは試してみてください。

⇒送料無料、初回980円の「すやねむカモミール」公式サイト

10日間安心の返金保証制度!
初回30包入980円&送料無料
無香料・無添加なので安心!

効果に満足できなければ10日間は全額返金保証もあります。詳細はリンク内の「10日間安心返金保証。」を確認してください。

すやねむカモミールはずっと飲ませる必要はありません。赤ちゃんが落ち着くと徐々に使用量が減っていきます。まずは2か月だけ継続して効果を試してください。2か月分の費用は税込3960円(980円+2980円)で、1日あたり66円です。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2020 All Rights Reserved.