赤ちゃんの性別は妊娠何週でわかる?男女の見分け方・判別方法

投稿日:2018年1月14日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

赤ちゃんは男の子?女の子?

わたしの弟夫婦に、新しい家族ができることになりました。今ちょうど安定期に入った妊娠16週目ですが、まだまだ注意が必要な大切な時期です。

うちの息子と娘は弟夫婦にとても可愛がってもらっているため、わたしも含めて家族全員が赤ちゃんの誕生をワクワク心待ちにしています。

「俺たぶん男が産まれる気がする!」どうやら息子は遊び相手が欲しいようです。ただ、赤ちゃんが産まれてくるころには8歳なので、彼が思うように遊ぶことはできませんね(^_^;)

ところで、妊娠中の赤ちゃんの性別はいつごろ確定するか知っていますか?

元気な赤ちゃんならどっちでも良いとは言いますが、ベビー服やおむつなど出産後の準備もありますし、それらを使っていろいろ勉強もしたいので、早めにわかると嬉しい人は多いと思います。

そこで今回は、赤ちゃんの性別がわかる妊娠週数(妊娠月数)と男女の見分け方についてお話したいと思います。

赤ちゃんの性別の判別方法は?

赤ちゃんの性別は、エコーで赤ちゃんの様子を見ながら判断します。

ちんちんがついているか

一番わかりやすいのは、お股にちんちんがついていれば男の子、ついていなければ女の子という単純な判断方法です。

ただし、胎内である程度成長した赤ちゃんは、基本的にあごを引き、肩を丸め、背中を丸め、手足を曲げた小さな姿勢を取っています。そのため、なかなかお股の間を確認できないこともあります。

子宮が確認できるか

白黒のエコー写真では、赤ちゃんのお腹の下あたりに黒い丸が写っているはずです。それは赤ちゃんの膀胱なのですが、となりにもう一つ小さな黒丸が写っていたら、子宮の可能性があります。

つまり、黒丸が1つなら男の子、2つなら女の子ということです。ただし、エコーを見たことがある人ならわかりますが、「あ、これかも?あれ、こっちも?」というくらい判別が難しく、医師でもはっきりとはわからない場合があります。

赤ちゃんの性別はいつわかる?

妊娠は胎嚢、胎芽、心拍を確認することで妊娠継続が確定します。そして、妊娠8-10週ごろに胎児の頭臀長(頭の先からおしりの下までの長さ)を測ることで、ある程度正確な妊娠週数が把握でき、出産予定日が確定します。

妊娠8-9週ごろに内性器の形成が始まる

赤ちゃんの身体は、妊娠6-7週ごろに性腺原基(せいせんげんき)が精巣と卵巣のどちらかに分化し、妊娠8-9週ごろに内性器(女性の卵管・子宮・膣、男性の精管・精嚢・前立腺)を形成し始めます。

妊娠14週ごろに外性器の形成が始まる

さらに、妊娠14週ごろまでに外性器(女性の陰核や陰唇など、男性の陰茎や陰嚢など)が形成されていきます。そのため、早ければ妊娠14週ごろに性別がわかる子もいますが、通常は妊娠16週以降と考えた方が良いでしょう。

性分化の過程 ~男あるいは女に発育していく過程~ │大阪府不妊専門相談センター

妊娠20週過ぎには外性器が見えやすくなる

また、妊娠20週過ぎには赤ちゃんの身体の部位も大きくはっきりし、胎動を始めるため、身体の動きによって外性器が見えやすくなります。

早く赤ちゃんの性別が知りたくてウズウズしている妊婦の気持ちはよくわかりますが、明確に男女の区別がつくようになる妊娠6か月-7か月ごろまでは、楽しみにしながら性別の判断を待っても良いと思います。

医師に性別が聞きづらい…

妊婦健診に行きエコーを見せてもらいながら、「はーい、順調に大きくなってるねー。」と言われると、ひとまず安心して次の言葉が出ないという経験をした人もいるでしょう。

毎回「できれば、先生から男の子か女の子か教えて欲しいな……。」と思いつつも、なかなか性別の話に及びません。

この辺りは医師の性格にもよると思います。「どっちか知りたい?」と聞く医師、確信が持てるまで話さない医師、「興味があれば妊婦から質問してくるでしょ。」と思っている医師など。

もちろん、男の子か女の子か知りたければ、自分から積極的に「性別ってもうわかりますか?」と聞くのは全く問題ありません。

ただ、妊娠12週の妊婦健診で聞いて、妊娠16週の妊婦健診で聞いて、妊娠20週の妊婦健診で聞いて……となるとさすがにしつこいと思います(^_^;)

妊娠16週の妊婦健診を目安に性別を聞く

早く性別を知りたい場合は、妊娠16週の妊婦健診を目安に性別を聞いて「まだわからない。」と言われたら、「わかったら教えてもらえますか。」と話しておくと良いでしょう。

ちなみに、男の子が生まれる確率と女の子が生まれる確率は1:1ではありません。出生性比でみると、女の子が生まれる確率はおよそ47.4%、男の子が生まれる確率は52.6%です。

ということは、弟夫婦の赤ちゃんもちょっとだけ男の子が生まれる確率が高いのかな?

妊活サプリ・妊婦サプリは必要な栄養補助が目的

「妊活サプリを飲むと妊娠できる!」「妊婦サプリを飲むと赤ちゃんが健康に育つ!」と勘違いしてる人がいますが、妊活サプリは、妊娠や妊娠中に必要な栄養を補うもので魔法の薬ではありません。

ただ、普段の食生活では必要な栄養素を補えないことも事実です。妊活中、妊娠中には必要な栄養素があり、不足すると妊娠を阻害する原因になったり、妊婦が体調を崩しやすくなります。

わたしがおすすめするファンケルの「ママルラ」は、妊活や妊娠生活に必要な栄養素(葉酸:480μg、鉄:8.0mg、カルシウム:184mg、ビタミンD:3.0μg、ビタミンB1:0.5mg、ビタミンB2:0.49mg、ビタミンB6:0.42mg、ビタミンC:43mg、マグネシウム:106mg、亜鉛:2.7mg)を効率良く摂取できます。

妊活サプリや妊婦サプリは当たり前になっているので、実績があって費用対効果が高いものを選んだ方が良いですよ。

ママルラは1袋(120粒1か月分)税込1500円で、ファンケルの通販を初めて利用する人は送料無料です。他の商品に比べて激安ですね。この値段で出せるのはさすがファンケルだと思います。

さらに、よりお得に購入したい人は3袋定期コースを注文すると、3袋通常価格4500円が3000円になります。しかも返品・交換は無期限で保証しています。コースはいくつかありますが、やっぱりこれが一番人気ですね。

【Mama Lula 葉酸&鉄プラス】

ファンケルの商品だから安心!安全!
妊娠に必要な葉酸480μg、鉄分8.0mg!
他社商品に比べて激安!1日たった34円

定期購入は、お届け予定日の6日前までにファンケルオンライン会員ページから変更や解約ができます。初回購入だけでもOKです。詳しくは上記リンク内の「定期お届けサービス「ファンケル定期便」について詳しくはこちら」を確認してください。

まーさ
以下からお気軽に、TwitterやFacebookでシェアしてもらえるとうれしいです☺️
  • この記事を書いた人
アバター

まーさ

保育士資格、幼稚園教諭免許(一種)を取得後、保育園・幼稚園・支援センターを複数回経験して、もうすぐ業界歴20年です。 仕事と2人の子育てをこなしつつ、勉強をしつつ、ゆっくり情報を発信しています。

Copyright© 育児ログ , 2020 All Rights Reserved.