楽しみな七五三のお祝い時期は?写真撮影・着物・食事・費用など

七五三

この記事の読了時間は約 10 分です。

11月15日は七五三のお祝い

みなさん、七五三のお祝いはもう終わりました?うちはこの前終わりました(*^^*)

七五三のお祝いは11月15日周辺に行われるので、今ごろバタバタ準備してるママも多いでしょう。パパは「おー、なんか大変だなー。」と人ごとっぽく言ってたりするんでしょう……。まぁ、どこもそんなものです。

七五三のお祝いは、子供の行事の中でも大きめなイベントの1つです。うちは息子5歳、娘3歳なのでダブルで行えてラッキーでした。

一般的に七五三のお祝いは男女の年齢別に以下の様に分かれていて、1歳までの赤ちゃんのお祝い行事の次にやって来る大きな家族行事です。

七五三をお祝いする男女の年齢
・三歳のお祝い|男の子、女の子
・五歳のお祝い|男の子
・七歳のお祝い|女の子

ちなみに、1歳までの赤ちゃんの主なお祝い行事は以下の通りです。

0歳-1歳のお祝い行事
1.妊娠5か月目の戌(いぬ)の日|帯祝い(おびいわい)
2.生後7日目|お七夜(おしちや)
3.生後31日目or32日目|お宮参り(おみやまいり)
4.生後100・110・120日目|お食い初め(おくいぞめ)
5.3月3日or5月5日|初節句(はつぜっく)
6.満1歳の誕生日|初誕生(はつたんじょう)

わたしも親として七五三の当事者になるのは今回が初めてでしたが、準備ついでに調べたものをまとめてみました。

今回は、七五三のお祝いの由来や当日の流れ、また写真撮影や事前準備についてお話したいと思います。とくに気になるのは七五三にかかる費用ですね。

七五三のお祝いとは

七五三のお祝いとは、子供が成長したことをお祝いする行事のひとつで、儀式の形自体は明治ごろから変わっていません。

子供の成長をお祝いすることが目的なので、儀式が~~とか、作法が~~などはそこまで大切だとは思いませんが、子供に思い出を残すため、私たちの両親のためにも正式な方法は知っておいた方が良いですね。

七五三の由来は

七五三の由来は、元々は子供の数え年で3歳(満年齢2歳の年)、5歳(満年齢4歳の年)、7歳(満年齢6歳の年)を別々にお祝いする行事だったものが、総称して「七五三」と呼ばれるようになったのが原型です。

参考|七五三 – Wikipedia

七五三の対象年齢と儀式

前述した通り、七五三は3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子をお祝いするための行事で、それぞれの年齢で儀式が分かれています。

七五三の儀式
・数え年3歳「髪置き(かみおき)」3歳まで行われる髪を剃る習慣を終了する儀式のこと
・数え年5歳「袴儀(はかまぎ)」男子が袴を着用し始める儀式のこと
・数え年7歳「帯解き(おびとき)」女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式のこと

男の子はとくに5歳、女の子は7歳を意識しますよね。3歳は男の子よりも女の子の印象が強いので、七五三は男の子が1回、女の子が2回と思っている人も多いでしょう。

ただ、現在は特別な決まりはなく、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に七五三をお祝いする機会があるので、どちらか1回はしっかりお祝いすると良いでしょう。

七五三は数え年?満年齢?

「うちの子は1月生まれで2歳。でも同じ学年のお友だちは4月生まれで3歳。この場合いつ行えば良いの?」

七五三でお祝いする3歳・5歳・7歳は、数え年か満年齢のどちらでお祝いするのか、そもそも数え年、満年齢とは何か、今はあまり馴染みがある表現ではありません。

「満年齢」とは、生まれた時を0歳として、以降誕生日を迎えた時に1歳を追加する年齢の数え方です。
「数え年」とは、生まれた時を1歳として、以降元日(1月1日)を迎えた時に1歳を追加する年齢の数え方です。

引用|「満年齢」と「数え年」の違いは? | 1分で読める!! [ 違いは? ]

数え年、満年齢も現在では大した決まりはないため、家族で決めれば良いと思います。あくまでも慣習ですが、昔は数え年で七五三のお祝いを行い、今は満年齢でお祝いすることが多いようです。

七五三の時期は

七五三の時期は11月15日と言われてますが、これもとくに決まりはありません。早い人は10月中ごろ、遅い人で12月上旬程度で家族の都合の良い日に神社に参拝に行きます。

七五三は子供たちの和装姿が印象的なので、家族みんなが子供・孫の晴れ姿を見たがります。10月-12月で天気の良い日に行うと良い思い出が作れます。

七五三の当日の流れとイベント

七五三の手順を簡単に書くと

1.子供を連れて神社に行く
2.初穂料を払ってお祓いをしてもらう

以上です。「あれ?写真撮影は?みんなでお食事は?」七五三のお祝いというと女の子は着物を着て、髪を結って、化粧をして、家族で写真撮影をするイメージがありますが、今はとくに「○○しなければならない」という決まりはありません。

そのため、七五三にドレスを着る女の子、タキシードを着る男の子もいるそうですが、せっかくなので着物姿をみたいですよね(^_^;)

着物を着たり、髪を結ったりする場合は朝から着付けに行きましょう。また、写真撮影も当日ではなく、前もって済ませた方が楽でしょう。

七五三の流れ1.写真撮影

七五三の写真撮影は、以前は着物を着て当日に撮影を行うのが当たり前でした。

ところが、七五三当日に雨が降ったり、混んだりして写真撮影どころじゃない!という人が増えたため、前撮りが一般的になりました。結婚式と同じです。最近は成人式もその傾向ですね。

七五三の流れ2.親子の服装

七五三の服装は、子供もパパママもとくに決まりはありません。和装はお金がかかる、面倒くさい、趣味ではないなどの理由で洋装で行う人もいます。

ただし、七五三のお祝いは神社に行きますし、10月-11月は七五三の家族ばかりなので比較的きっちりした和装or洋装でなければ浮きます。

男性であればスーツやジャケット、女性もセミフォーマルかスマートカジュアルでキレイめなスタイルが無難です。子供の衣装は神社でレンタルできる場合もあるので事前に調べておくと良いでしょう。

また、写真館で写真の前撮りをする場合、当日の着物レンタルを行なっていることが多いため、そちらを利用しても良いでしょう。

うちは、子供の着物はカメラのキタムラで前撮りをして、七五三当日の着物のレンタルもしました。もちろん着付け込みです。

七五三の流れ3.初穂料の金額

祈祷料として神社に納める「初穂料」ですが、水引が印刷されたタイプで構わないので、のし袋に入れて納めます。

表書きには「初穂料」または「御初穂料」と書き、表下段には子供の名前をフルネームで書きます。中袋には住所、子供の名前、包む金額を書きます。初穂料の相場は大体5,000円~なので、うちも子ども1人あたり5,000円納めました。

七五三の流れ4.家族揃っての食事

七五三の後は仰々しく食事会をする必要はなく、家族で普通に食事をすれば問題ありません。うちの場合は夫の両親も来てくれたので、和食料理屋さんを予約しました。

形式にこだわる場合は、法要の食事を用意してもらえるお店を予約します。時期的に「七五三の食事をしたい。」と言えば、わかってもらえます。

昼間は大人1人あたり3,000円-5,000円、夜は5,000円-10,000円が目安です。七五三プランを用意しているお店、ホテル…はお高いので気をつけてください。

七五三の主役は子供なので、個室があれば和風ファミレスでも全く構いません。

七五三の流れ5.両親への手土産

わたしのように夫の両親が来る場合、手土産は普通用意しますね。嫁姑の関係もありますし。好みによりますがお菓子など消え物が無難です。目安も3,000円-5,000円ほど。

七五三の流れ6.お祝い返し

両親や親戚から、七五三のお祝いをもらうことがあります。

七五三の内祝いには千歳飴、赤飯、お菓子が一般的です。お祝いがお金の場合は、頂いた金額の3分の1から2分の1程度を目安にお返しを選びます。一般的な内祝いの考え方は以下を参考にしてください。

内祝いとお祝い返しのルール
・帯祝い・お七夜祝い・お食い初め祝いなどは一般的に不要
・初節句・七五三祝いは基本的に御礼状で、内祝いを贈る場合は子供の名前で贈る
・入学・卒業・成人式祝いは基本的に御礼状で、内祝いを贈る場合は子供の名前で贈る
・就職祝いは基本的に御礼状で、お世話になっている人にはお返しを贈る
・新築祝いは食事会に招待するなど、内祝いを贈る場合は世帯主の名前で贈る
・定年退職祝いはお礼状を贈る
・お中元・お歳暮はお世話になっている人には同額返しをした方が無難

また、内祝いやお祝い返しは物を選ぶこと自体が楽しいという人もいますが、相手の好みがわからない場合はやっぱりカタログギフトが無難です。お祝い品はカタログギフトがもう当たり前なので、個人的にはありがたいですね。

頂いたものに合わせた価格帯のラインナップが充実していますし、雑貨、食べ物、旅行などの種類も充実しています。北欧風、ファンシーなどの雰囲気でも選べます。

ソムリエアットギフトの「プレミアムカタログギフト」は、2,800円、3,300円、3,800円、4,300円、4,800円、5,800円、8,300円、10,800円、15,800円、20,800円、25,800円、30,800円、50,800円、100,800円のコースから選べて、さらに割引があることが魅力です。

例えば、「2800円コース」の販売価格は、1冊税込3,024円が税込2,322円、「5800円コース」は、税込6,264円が税込4,471円といった感じ。購入前はサイト内の電子カタログで内容をチェックし、購入時にのしや包装紙、メッセージカードなども希望できます。

⇒ソムリエ@ギフトの「プレミアムカタログギフト」公式サイト

七五三前の写真と着物の準備

七五三の事前準備で大切なことは、衣装と写真撮影です。とくに女の子は衣装だけでなく、どこで髪結いをするか早めに決めて、当日の良い思い出を作りましょう。

七五三の準備1.記念写真

「スマホで撮ればいいじゃん。」……気持ちはわかりますが、プロが撮った写真と素人ではまったく別物なので、撮ってもらった方が良いと思います。写真館は探せばたくさんありますが、迷ったり選びきれない場合は以下の大手写真館を近場で探してください。

東京都内ですが、こちらも最近人気のおしゃれな写真スタジオです。貸し切り型のハウススタジオになっているため、子供の人数が多くても、ちょっとぐずっても心配の必要はありません。


出典|オシャレな子ども写真館【 LOVST 】

各社写真撮影の相場は撮影料が3,000円-5,000円ほどですが、七五三の撮影はパックになっていることが多く、撮影料に加えて台紙やキーホルダーなどのセットで30,000円-70,000円ほどです。

時期を外すと安くなりますが、うちは時間の余裕がなく直前に七五三撮影パックにしてしまいました。それぞれの両親に写真を額縁に入れてプレゼントしたので総額7万円ほど……。

時間があれば、記念撮影に正直7万円もかける必要はありません。写真データをもらったので、それ引き伸ばして自分たちで額縁を選んでプレゼントすれば良かった(´;ω;`)ウッ………というわけで、写真のデータをもらえる写真館を選びましょう。

また、最近はカメラマンの出張撮影マッチングサービスの「フォトワ」が人気です。1時間の出張撮影で平日19800円、土日祝日23800円と安くて使いやすいサービスです。以下詳細をまとめたので、興味があれば読んでみてください。

七五三の準備2.着付け、美容院の予約

写真館では、着物のレンタルと当日の着付けを行っているところも多いです。うちは料金の中に当日着物レンタル+着付けが含まれていました。

神社で着物をレンタルする場合は、早めに着付けや美容院の予約しておかないと準備ができなくなります。とくに女の子は、髪結いをどうするか考えておきましょう。11月15日前後の土日は混むので美容院の予約はお早めに。

その他七五三の注意点

いくら仰々しく七五三をお祝いしても主役は子供です。子供が飽きたり、何かやらかさないように必要な準備や心構えがあります。

注意点1.草履以外の靴を用意する

神社によっては鳥居から境内まで長い距離を歩くことがあるため、子供には草履以外の歩きやすい履物も用意しておきましょう。

注意点2.着付け前にトイレを済ませる

慣れない着物を着るため、着付け前にトイレを済ませます。3歳で七五三に行く場合は、もしものためにその日だけおむつにしても良いでしょう。

注意点3.お菓子やおもちゃを用意する

とにかく長く歩いたり、待ち時間があるので、お菓子・おもちゃ・絵本を少しは持って行きましょう。

注意点4.飲み物は水筒で持っていく

神社の近くに自販機がないこともあるので、水筒を持っていきましょう。ストローで飲めるタイプが良いと思います。

注意点5.動きやすい普段着も準備

神社での参拝が終われば七五三は終了です。子供たちはすぐに着物を脱ぎたがります。そのまま食事に行くこともあるため、普段着も用意しておきましょう。

七五三は子供の記憶に残るので大切に!

子供が3歳だとぼんやりになると思いますが、5歳の男の子、7歳の女の子にとって、七五三はしっかりと記憶に残る家族行事です。

この子たちが大人になって次の世代に七五三のお祝い行事を引き継ぐためにも、記憶に残る素敵な思い出にしなきゃダメ!(と母親に言われました)

七五三の当日は、娘が可愛い着物を着たことが嬉しくて大はしゃぎ、息子はかっちりした着物が面倒で終始「だりぃー。」という感じでしたね……(^_^;)

この辺りは娘がモロにわたし似で、息子がパパ似でした。でもみんなでワイワイ楽い良い思い出ができましたよ。

ちなみに、プリンセス好きの娘は着物が相当気に入ったようで、「誕生日プレゼントは、着物着て写真とるー。」というくらいです。

パパは、そんな愛らしい娘の姿に期待して良いと思いますよ。