0歳から6歳の育児の悩みランキング-厚労省調査

7683b37bdd74b079a532ee3242622f05

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

あなたの育児の悩みは?

育児には様々な悩みがつきものですが、一言で「育児の悩みはなんですか?」と聞いても、各家庭の状況や子どもの年齢が違うため、簡単に特定することは難しいですよね。

特に乳幼児期(0-6歳)の子どもは成長が早いため、育児の悩みや抱えている不安もすぐに変わってしまいます。

ところで、厚生労働省が行っている「21世紀出生児縦断調査」を知っていますか?

21世紀出生児縦断調査とは、最初に0歳の子どもを調査対象とし、1年毎に同一対象を追跡する縦断調査のことです。

特定の調査対象に対して、0-1歳、1-2歳、2-3歳、3-4歳、4-5歳、5-6歳などの期間でアンケート調査を行なうことで、子どもの成長に合わせてどのような変化があるかを研究して、明らかにすることができます。

この21世紀出生児縦断調査の中に、「子どもを育てていて負担に思うことや悩み」の調査があります。

今回は、この調査結果を参照して、0歳から6歳の子どもを持つ親の育児の悩みについてお話したいと思います。

全て2017年2月時点での情報です。

21世紀出生児縦断調査の概要

21世紀出生時縦断調査は、平成13年出生の子どもを対象にスタートし、これまでに全14回行なわれています。つまり、0歳で調査を開始した子どもが14歳になっているということです。

また、厚生労働省は並行して平成22年出生の子どもを対象にした調査も始めており、これまでに全5回が行なわれています。

今回は、0-6歳の子どもの育児の悩みなので、平成13年-18年の6回分の調査結果内容を見ていきます。

「育児の悩みはなんですか?」という質問内容に対して、選択肢は「悩みがある」「悩みはない」「わからない」の単一回答で、悩みがある場合は以下の選択肢から複数回答を選ぶというものです。

・子育てで出費がかさむ
・自分の自由な時間が持てない
・子育てによる身体の疲れが大きい
・気持ちに余裕をもって子どもに接することができない
・子どもが言うことを聞かない
・仕事や家事が十分にできない
・しつけのしかたが家庭内で一致していない
・子どもを一時的にあずけたいときにあずけ先がない
・子どもについてまわりの目や評価が気になる
・子どもの成長の度合いが気になる
・目が離せないので気が休まらない
・配偶者が育児に参加してくれない
・しつけのしかたがわからない
・子どもが急病のとき診てくれる医者が近くにいない
・子どもが病気がちである
・子どもをもつ親同士の関係がうまくいかない
・子どもが保育所・幼稚園に行きたがらない
・子どもを好きになれない
・その他

0-1歳児の育児の悩み

まず、0歳児に対する「育児の悩みは特にない」と答えたのは、全体の20%弱の家庭でした。それ以外の育児の悩みは以下の順番になっています。

負担に思うことや悩みは特にない|19.7%

0-1歳児の育児の悩み
1位.自分の自由な時間が持てない|56.5%
2位.子育てによる身体の疲れが大きい|40.2%
3位.子育てで出費がかさむ|33.7%
4位.仕事や家事が十分にできない|11.8%
5位.その他|6.0%
6位.子どもが病気がちである|3.3%

0-1歳児は、とにかくずっとつきっきりでお世話をしなければいけません。そのため、主な悩みは「自由な時間」というよりも、単純に「時間がない」という悩みでしょう。

また、夜中の授乳や夜泣きで眠れない日々を過ごすため、身体の疲れも溜まっていきます。もちろん、身体の疲れは病気やストレスに変わるのですが、時間がないためなんとか乗り切るしかありません。

1-2歳児の育児の悩み

次に、1歳児に対する「育児の悩みは特にない」と答えたのは全体の12%で、0歳児の育児よりも悩みが増していることがわかります。それ以外の育児の悩みは以下の順番になっています。

負担に思うことや悩みは特にない|12.2%

1-2歳児の育児の悩み
1位.自分の自由な時間が持てない|64.6%
2位.子育てによる身体の疲れが大きい|39.7%
3位.目が離せないので気が休まらない|34.1%
4位.子育てで出費がかさむ|26.4%
5位.仕事や家事が十分にできない|15.8%
6位.子どもが病気がちである|6.3%
7位.その他|3.9%

1-2歳児は、ママの後をずっと追いかけてきたり、周囲の様々なものに興味を持ったり、自分の主張をし始める年齢です。

「0歳児のお世話からやっと解放される……。」と思ったら、今度は子どもからやって来ます。また、目を話した隙に、水たまりに座ったり、どこでもよじ登ったり、引き出しを開けまくったり……といたずらし放題です。

可愛いけどイライラ…1・2・3歳の子どものイタズラ32選

そのため、時間が取られ、目が離せず、身体の疲れも大きくなってしまいます。

2-3歳児の育児の悩み

2歳児に対する「育児の悩みは特にない」と答えたのは、全体の13%です。それ以外の育児の悩みは以下の順番になっています。

負担に思うことや悩みは特にない|13.0%

2-3歳児の育児の悩み
1位.自分の自由な時間が持てない|59.4%
2位.子育てによる身体の疲れが大きい|32.1%
3位.子育てで出費がかさむ|25.4%
4位.目が離せないので気が休まらない|22.7%
5位.子どもが言うことを聞かない|21.9%
6位.仕事や家事が十分にできない|19.8%
7位.子どもを一時的にあずけたいときにあずけ先がない|12.0%
8位.しつけのしかたが家庭内で一致していない|9.2%
9位.しつけのしかたがわからない|8.6%
10位.子どもの成長の度合いが気になる|7.0%

2-3歳児の育児の悩みの特徴は、時間がない、身体の疲れが大きいこと以外にも悩みが多岐にわたることです。

子どもの自我が芽生え、言葉や行動による主張が増えるとイヤイヤ期が始まり、しつけの悩みも増えてきます。子どもには、大なり小なり第一次反抗期が訪れることを自覚しておかないと、「わたしの育児が間違っているの……?」と悩んでしまいます。

3-4歳児の育児の悩み

3歳児に対する「育児の悩みは特にない」と答えたのは、全体の12%です。それ以外の育児の悩みは以下の順番になっています。

負担に思うことや悩みは特にない|12.1%

3-4歳児の育児の悩み
1位.自分の自由な時間が持てない|53.4%
2位.子育てで出費がかさむ|31.2%
3位.子育てによる身体の疲れが大きい|30.5%
4位.子どもが言うことを聞かない|27.5%
5位.気持ちに余裕をもって子どもに接することができない|23.0%
6位.仕事や家事が十分にできない|19.9%
7位.目が離せないので気が休まらない|15.1%
8位.しつけのしかたが家庭内で一致していない|11.7%
9位.子どもを一時的にあずけたいときにあずけ先がない|11.1%
10位.子どもについてまわりの目や評価が気になる|8.2%

3-4歳児の育児の悩みは2-3歳児と大きく変わらないのですが、保育園などの集団生活が始まるため、一層しつけや周囲の子どもとの比較評価が気になり始めるころでもあります。

4-5歳児の育児の悩み

4歳児に対する「育児の悩みは特にない」と答えたのは、全体の15%です。それ以外の育児の悩みは以下の順番になっています。

負担に思うことや悩みは特にない|15.5%

4-5歳児の育児の悩み
1位.自分の自由な時間が持てない|41.8%
2位.子育てで出費がかさむ|33.8%
3位.気持ちに余裕をもって子どもに接することができない|26.2%
4位.子育てによる身体の疲れが大きい|24.0%
5位.子どもが言うことを聞かない|23.0%
6位.仕事や家事が十分にできない|17.0%
7位.しつけのしかたが家庭内で一致していない|11.2%
8位.子どもを一時的にあずけたいときにあずけ先がない|10.5%
9位.目が離せないので気が休まらない|8.7%
10位.しつけのしかたがわからない|7.8%

4-5歳児の育児の悩みの特徴は、育児による身体と時間の負担が減ってくる代わりに、心の負担が増してくることです。

子どもが保育園や公園でお友だちと元気に遊ぶことは嬉しいのですが、反抗的な言葉や生意気な言葉を使い始めるため、イライラすることが増えます。生意気なときと甘えん坊のときが極端なことも、悩みの原因ですね。

5-6歳児の育児の悩み

5歳児に対する「育児の悩みは特にない」と答えたのは、全体の15%です。それ以外の育児の悩みは以下の順番になっています。

負担に思うことや悩みは特にない|15.6%

5-6歳児の育児の悩み
1位.子育てで出費がかさむ|42.3%
2位.自分の自由な時間が持てない|37.8%
3位.子育てによる身体の疲れが大きい|24.2%
4位.気持ちに余裕をもって子どもに接することができない|23.9%
5位.子どもが言うことを聞かない|19.3%
6位.仕事や家事が十分にできない|16.4%
7位.しつけのしかたが家庭内で一致していない|11.5%
8位.子どもを一時的にあずけたいときにあずけ先がない|10.6%
9位.子どもについてまわりの目や評価が気になる|8.5%
10位.子どもの成長の度合いが気になる|7.8%

5-6歳児の育児の悩みは、育児に出費がかさむことです。習い事をする子も増えますし、自転車の買い替えや小学校入学の準備など、立て続けに大きな出費が重なります。

お金の悩みは、心も身体もどっと疲れますよね。そんなときに子どもが言うことを聞かなかったり、反抗的な態度を取ると、一瞬子どもだということを忘れて怒鳴りそうになってしまいます。

育児の悩みにどう向き合うか

冒頭でお話した通り、育児の悩みは、各家庭の状況によって大きく異なります。また、育児をするパパやママが何を負担に思ったり、何に悩みを抱えるかによっても回答の傾向は違うはずです。

b864856e93b9774af8734c15c2cdbd90

引用|厚生労働省:第6回21世紀出生児縦断調査結果の概況

ただ、上記通りパパやママは一貫して育児に時間を使わなければいけませんし、子どもに振り回されることで、心と身体が常に疲弊している状態です。

いくら子どもが可愛くても、ある程度イライラすることは仕方がありませんし、悩みを抱えて考えこんでしまうことは誰にでもあると思います。

もちろん、育児には悩みがつきものですが、それ以上に家族を明るくしてくれますし、子どもを慈しむ気持ちや様々な驚き・気付きを与えてくれます。

これらの育児の悩みはまだ子どもがいない夫婦に対する恐怖の対象ではなく、事前に知っておくべき心構えとして受け取ってもらえれば。

詳しくは、厚生労働省の21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)を参照してください。

記事のURLとタイトルをコピー