ママ?テレビ?友達?子どもの言葉遣いに与える影響ランキング

6c71b5b5b2308f04b245673f89f55751

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

子どもの言葉遣いが変わるのは当たり前

わたしの経験上、ほとんどの子どもが2-3歳、または4-5歳のどちらかで口調とガラリと変わる時期がきます。

2-3歳の子は、自我の目覚めによるイヤイヤ期のため反抗的な口調の子が増えます。

4-5歳の子は、集団行動の中で自分の立ち位置を作り始めることで、人と比べて恥ずかしい気持ちや引っ張って行きたい気持ち、自分がどうありたいかという思いが口調に現れる子が増えます。

子どもの口調が変わってしまうのは、自我を持った上で家庭環境や社会環境の影響を受けているからです。つまり、子どもが言葉の影響を受けやすい時期に、影響を受けるきっかけがあるということです。

文化庁が毎年行っている「国語に関する世論調査」の中で、「子供の言葉遣いに与える影響が大きい人やもの」というアンケート(複数回答可)があったので、この結果を1つずつ見ていきましょう。

0ba7a89607a6d837c4d768bfcf676bd1

引用|平成 26 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要|文化庁

この調査は16歳以上の男女が対象のため、実際に子育ての経験ではなく、「子どもが影響を受けるであろう」という予測も結果に含まれています。

子どもの言葉遣いの影響1.テレビ|81.4%

たしかに、子どもの言葉遣いに与えるテレビの影響は大きいですね。

その言葉遣いが良い悪いではなく、子どもはすぐに流行り言葉を覚えますし、幼稚園や保育園でもテレビ番組が話題になるので、子どもが真似をするのもとても早いです。

欲しいおもちゃの名前を覚えるのも早いですしね……(^_^;)

子どもにテレビを見せている家庭では、テレビが子どもの言葉遣いに影響を与えないことはないと思って良いでしょう。

ちなみに、子どもが1日にテレビを見る時間は2-3歳の時期が1番多く、年齢を重ねるに連れて時間が減る傾向があります。

0-6歳の子どものテレビ平均視聴時間は?5機関の調査結果

子どもの言葉遣いの影響2.母親|72.3%

子どもが1番長くいっしょに時間を過ごすのはママなので、言葉遣いの影響を1番受ける人物もママです。

もちろん、子どもがママから受ける影響は言葉だけでなく、態度や生活習慣など幼児期の人間形成における様々な影響を受けます。

2-3歳までは男の子・女の子は関係なくママの口真似をしますが、4-5歳になってくると特に女の子がママの言葉遣いに影響を受けることが多くなります。

特に女の子がママから影響を受けやすい言葉遣いは、「ちょっとぉ~」とか「もぉ~」とか「○○しなきゃダメでしょ!」という注意や叱り口調が多いですね。

子どもの言葉遣いの影響3.父親|67.8%

ママとは逆で、パパの言葉の影響をうけやすいのは男の子です。

男の子が4-5歳になると、「お前」「おい」「なぁ」「食った」などはすぐに真似をします。また、あとは男女ともに「うるさい!」も、子どもが影響を受けて使いやすい言葉ですね。

このような少し乱暴で汚い言葉遣いを敬遠するママは多いですね。うちの息子は口が悪いパパの影響を強く受けているようで……まぁ特に気にはしませんけど(^_^;)

汚い・乱暴・恥ずかしいと親が感じる子どもの言葉遣い10種

パパの口真似は、パパの前では使わずにママの前だけで使うなど、意外とずる賢い面も見えたりします。

そのため、パパは子どもに口調を真似されていることに気付いていないことも多かったりします。子どもの前での口調には、少し注意をした方が良いかもしれませんね。

子どもの言葉遣いの影響4.友だち|63.4%

言葉は伝染していくものです。子どもはテレビ、パパ、ママの言葉遣いに影響を受け、それを保育園や幼稚園で披露することで、お友だちの言葉遣いにも影響を与えます。

冒頭でもお話しましたが、4-5歳の子は集団行動の中で自分の立ち位置を作り始めるものです。特に男の子は、「○○ができる・できない」ということによる優劣をつけ始めます。

そこで、自分の立ち位置を明確にするために、乱暴な言葉遣いになることはよくあります。

初めて息子が「俺」「○○じゃん」と言ったときは、「おぉー、男っぽくなったな。」と思ったものです。

子どもの言葉遣いの影響5.ゲーム機|47.5%

ゲームで乱暴な言葉遣いはあまり聞いたことがないため、おそらくゲーム内のキャラクターのセリフなどだと思います。

今なら「ニンテンドー3DS」「Wii U」だったり、スマホのゲームということも有り得ますね。

子どもの言葉遣いの影響6.漫画|45.0%

保育園・幼稚園の子は、まだあまり漫画を読めないため、漫画から言葉の影響を強く受けだすのは小学生になってからでしょう。

ただし、お兄ちゃん・お姉ちゃんがいる場合は、早くから上の真似をして漫画を読み始めるようになり、言葉の影響を受けやすくなります。

子どもの言葉遣いの影響7.インターネット|39.2%

インターネットで影響を受ける言葉遣いとは、文字情報ではなく圧倒的に動画が多いはずです。

こちらも小学生になってから、特に高学年になるとスマホを持つ子も出始めるため、子どもの言葉遣いに与える影響は大きくなります。

ただし、スマホでユーチューブを見たり関連動画を探すことができるのはもっと早くて、3歳ごろからです。

ママが子どもをあやすためにスマホで動画を見せることが普通になると、いつの間にかお気に入りのユーチューブチャンネルもあったりします。

子どもの言葉遣いの影響8.兄弟姉妹|37.7%

お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子の家庭では、子どもの言葉遣いに1番影響を与えるのは、ママよりも「兄姉」なのかもしれません。

お兄ちゃんやお姉ちゃんが保育園で身に付けた言葉を弟妹が使うという構図は、兄弟姉妹が思春期になるころまで続く場合があります。

弟妹が保育園や幼稚園で集団生活をするようになり、それぞれの性格が違うことを認識し始めると、影響を受ける言葉と受けない言葉が分かれていきます。

子どもの言葉遣いの影響9.保育士|34.2%

わたしは保育士なので、家庭での子どもとの接し方もどちらかというと保育士ノリに近いのかもしれません。

ワントーン声を上げて接することが多いですね。意識しているわけではなく職業病です。

保育士の言葉遣いを真似て話をする子はそれほど多くないため、保育士に影響を受けるのは冒頭で説明した通り、イメージの部分が大きいのかな?と思っています。

ただし、特徴があって、人気がある保育士の場合は、子どものモノマネの対象になることは多いですね。

子どもの言葉遣いの影響10.祖父母|29.8%

じいじ・ばあばと接触する機会が多い子どもは、言葉遣いも影響を受けます。

それは、言葉遣いが良い悪いではなく、方言だったり、昔ながらの独特な言い回しを子どもが真似ることが多いからです。

息子と娘も月に何度がじいじばあばに会うことがありますし、たまにお泊りにも行っているため、帰ってくると方言全開になります。

子どもの言葉遣いの影響次点.携帯電話での通話|28.2%

携帯電話での通話は、子どもがパパやママが通話している姿を見て、それを面白がって真似するということだと思います。

電話なので声がワントーン上がったり、丁寧な言葉遣いをするなど、普段とは違う雰囲気で話をしているのを見ると、子どもにとっては新鮮で面白い光景に映るのでしょう。

子どもの言葉遣いに与える影響は変わるもの

冒頭の「国語に関する世論調査」の結果グラフには、最新の平成26年の調査といっしょに平成19年、平成12年の調査結果も記載されています。

テレビや両親が子どもの言葉遣いに与える影響は今後も高いままだとは思いますが、比較的新しいゲームやインターネットの影響も上がっていくことは予想できます。

特に、インターネットは3-4歳の子がスマホを使って動画を見ることが当たり前になってきました。子どもに与える影響が良いか悪いかは別として、この流れに歯止めをかけることは難しいですよね。

子どもの口調、言葉遣いが変わってしまうのは生活環境の影響が大きいのですが、たとえ言葉遣いが悪かったとしても、それが子どもの心が荒んでしまったからだとは受け止めないでください。

子どもの言葉遣いは「興味本位の真似」と「集団生活の環境作り」のためです。

幼児期の言葉遣いは家庭・集団・社会生活を通して3回変わる

もしも、相手を傷つける言葉やケンカにつながる言葉を頻繁に使っているようなら、正しい言葉遣いを教える必要がありますが、新しい言葉を覚える興味関心や集団生活の環境作りを阻害してしまう言葉の矯正にならないようにしましょう。

子どもの言葉遣いを直したい、子どもの言葉遣いが気になるという人はこちらを参考にしてみてください。

子どもの乱暴な言葉遣いを直す7つの方法と悪い言葉の予防法

記事のURLとタイトルをコピー