初めての布おむつの選び方は?おむつ交換や洗濯に必要な準備

3963a6cbe12c256cdec0483d8eb3bd4c

この記事の読了時間は約 11 分です。

布おむつを使い始めるまでのハードル

赤ちゃんが産まれるまでは、「布おむつを使ってみたいなぁ。」と思っているママも、いざ育児を開始すると紙おむつを使うことが多いのではないかと思います。

理由はいくつかありますが、1つは布おむつ自体の理解の面倒臭さです。布おむつには主流の形はありますが、それでも様々な種類があり、いざ選ぼうとすると種類の把握をしなければいけません。

また、布おむつには素材の種類もあります。赤ちゃんの肌や月齢に合わせて、各素材のメリット・デメリットを知っておいた方が良いでしょう。

もう1つの理由は、手順を覚える面倒臭さです。布おむつのおむつ交換は、紙おむつよりも少し手間がかかります。また、おむつ交換後は、布おむつを洗う手順があります。

紙おむつもメーカーの種類やおむつ交換の手順はありますが、どれを使ってもほぼ同じで、特に面倒臭さは感じません。それでも、「赤ちゃんのことを考えたら、布おむつを使いたい!」というママもたくさんいます。

そこで今回は、初めての布おむつを選ぶために、布おむつの種類・素材と洗濯に必要な準備についてお話したいと思います。

布おむつとは

布おむつとは、吸水性のある綿布を赤ちゃんの股間にあて、それを覆うおむつカバーを身体に固定するおむつの形式を言います。

元々、おむつと言えば布おむつでしたが、紙おむつが普及したため、布おむつと区別する言い方が一般化しました。特徴は、使い捨ての紙おむつに対して、布おむつはおむつもおむつカバーも、洗濯して繰り返し使えることです。

布おむつにはいくつかの種類があります。

布おむつの種類1.輪おむつ

輪おむつとは、輪の形に縫い合わせたさらしやドビー折りの綿布をおむつカバーとセットで使う布おむつの種類です。

輪おむつを用途や成長に合わせた畳み方で使えるため汎用性が高く、洗濯後も広げて干せるため速乾性もあります。

布おむつの種類2.成形おむつ

成形おむつとは、輪おむつとは違い予め畳んだ状態で縫い合わされており、そのままおしりに当てておむつカバーとセットで使う布おむつの種類です。

おむつを畳む必要がないため、使用時や洗濯時の手間が軽減でき、層状のため吸収力が高いことも特徴です。反面、輪おむつよりも乾きにくくなります。

布おむつの種類3.その他のおむつ

おそらく今の日本で使う布おむつは、輪おむつか成形おむつのどちらかだと思います。ただ、他にも、一体型布おむつ、フィット型布おむつ、ポケット式布おむつなどがあります。

一体型布おむつは、布おむつとおむつカバーが一体になったおむつのことです。紙おむつと同じように使えて、使用後は洗って繰り返し使えます。

便利な半面、洗濯後は乾きにくいため、最低20-30枚は必要です。そして、1枚が2,000-3,000円前後と値段が高いため、一体型布おむつだけを使うと初期に5-6万円ほどかかります。

フィット型布おむつは、紙おむつのような形をした布おむつです。ぴったりフィットするためおむつズレの心配がありません。ただし、フィット型布おむつ自体は防水ではないため、おむつカバーも履かせる必要があります。

ポケット式布おむつは、おむつカバーの中にポケットがついていて、中に吸収体ライナーを入れて使うおむつのことです。もちろん、おむつカバーは毎回洗濯が必要です。ただし、今は貼り付け型のライナーもあるため、わざわざポケット式を使う必要はないですね。

おむつカバーの素材の種類

次に、布おむつを包むおむつカバーの素材についてです。おむつカバーは、腰回り、太もも周りなどに直接当たって擦れるため、素材によっては赤ちゃんの肌を傷つけてしまいます。

おむつカバーの素材は、綿(コットン)、ウール、ポリエステルが多いでしょう。

おむつカバーの素材1.綿(コットン)

綿は、最もよく使われる一般的なおむつカバーの素材です。パッケージには綿、木綿、コットンなどと違う表記で書かれていますが、どれも同じです。

綿素材のおむつカバーは、肌に優しく、値段も安く、通気性も良く、洗いやすいため、最初に使うおむつカバーとして適しています。

ただし、水分を通しやすく乾きにくいため、大量のおしっこをすると横漏れや染み出しの危険性があります。また、洗濯後も他の素材に比べると乾きにくいですね。

おむつカバーの素材2.ウール

次にウールのおむつカバーです。ウールは保湿性・保温性に優れているだけでなく、通気性もよく、洗濯後の乾きも早いです。そのため、夏でも冬でも使いやすく、蒸れも抑えられます。もちろん、ウールなので赤ちゃんのお肌を優しく包んでくれます。

ただし、お値段が少しお高めなだけでなく、洗濯機で洗うと縮む可能性があります。最も良い素材ですが、1番手間がかかる素材でもありますね。

おむつカバーの素材3.ポリエステル

ポリエステルのおむつカバーは、最も安価で、防水効果が高く、洗濯後の乾きも早いため、おしっこやうんちの量が増えてきたときに安心です。

その代わり、蒸れやすく、3つの素材の中では肌への刺激もあるため、赤ちゃんが慣れてからでなければ使えません。肌質が弱い赤ちゃんや夏場は、おむつかぶれの原因になるため注意しましょう。

どちらにしても、ポリエステル素材のおむつカバーは70サイズ以上が一般的なため、生後5-6か月以降での使用に適しています。

布おむつに必要な準備

布おむつがどのようなものかわかったら、次は布おむつで育児を行うために必要な準備を整えましょう。布おむつに必要なものは、布おむつ、おむつカバー、蓋付きバケツ、赤ちゃん用洗濯洗剤の5つです。

布おむつに必要な物1.布おむつ

布おむつは、おしっこやうんちを直接受け止める布です。前述した通り、おむつカバーとセットで使うため、輪おむつや成形おむつを選びましょう。

輪おむつ、成形おむつのどちらでも良いのですが、折り畳みを考えると面倒なのは輪おむつです。ただし、輪おむつは用途に合わせて折り畳んだり、男の子用・女の子用の畳み方ができるため、慣れると使い勝手が良くなります。

また、布おむつの素材はサラシタイプとドビー織タイプがありますが、主流はドビー織タイプです。もし、親から「昔使ってたのがあるけど~~」と言われてもサラシタイプなら、新しくドビー織タイプを買った方が良いと思います。

布おむつに必要な物2.おむつカバー

おむつカバーも前述した通り、まずは綿タイプを購入すると良いと思います。ただし、最初に大量におむつカバーを買わないでください。

出産直後の赤ちゃんの平均体重は3kg弱ほどですが、生後1か月で1.8kg、生後2か月で1kg、生後3か月で0.8kgほど体重が増え、3か月で体重が倍以上になります。そのため、50サイズはすぐに履けなくなります。

月齢別赤ちゃん・子どもの平均体重と平均身長の一覧

まずは安価な綿のおむつカバーで様子を見て、生後3-4か月過ぎに綿が良いか、ウールが良いかを考えましょう。

また、新生児期には1回のおしっこの量が5-20cc程度、うんちの量が5-15グラム程度だったものが、生後6か月を過ぎると1回のおしっこの量が40-80cc程度、うんちの量が60-100グラム程度まで増えます。

新生児から3歳までの1日のおしっこ・うんち回数と量の目安

そのため、赤ちゃんの肌質を見ながら、綿やウールのままで良いか、ポリエステルを使うかを考えてください。

布おむつに必要な物3.蓋付きバケツ

使った布おむつを入れておくために、蓋付きバケツが必要です。バケツはうんち用とおしっこ用で洗い分けるため、2つあると良いですね。蓋はうんち用だけで良いですが、値段が変わらないのでどちらも蓋付きで良いと思います。

また、バケツの素材は何でも良いですが、サイズは7-10リットル程にしましょう。バケツは水とおむつでいっぱいになるため、持てるサイズが良いですね。ひっくり返すと洒落になりません。

基本的にバケツの中は水ですが、布おむつの手洗いを楽にするために、うんち用のバケツにはぬるま湯+重曹(水2リットルに対して15グラムほど)を入れて、付け置きをしておきましょう。

おすすめのバケツは、蓋に取っ手がついていて、折り畳めるタイプです。収納に困らないため、おむつ時期が過ぎても使えて便利だと思います。

布おむつに必要な物4.赤ちゃん用洗濯洗剤

おむつを洗う洗剤は、赤ちゃんの肌に合わせた赤ちゃん専用の洗剤が良いと思います。使用済みおむつをすぐに浸け置きし、しっかり手洗いすれば大抵の汚れは落ちます(色は残る)。

赤ちゃん用洗濯洗剤は色々なメーカーが出していますが、「アラウベビー」は割と定番の赤ちゃん用洗濯洗剤ですね。好みや赤ちゃんの肌に合う・合わないの問題もあるので、気になる人は調べてみてください。

布おむつにあると便利な準備

さて、布おむつ育児をに必要なものは挙げましたが、さらに以下の準備をするとより便利に布おむつを使いこなせます。布おむつ育児で便利なものは、おしりふき、使い捨てライナー、洗濯板、酵素系漂白剤、ゴム手袋の5つです。

布おむつに便利な物1.おしりふき

輪おむつを使うと、その布の一部でうんちを拭くこともできるため、おしりふきはいらないと教わったママもいるでしょう。

ただ、布おむつは乾いているためうんちが拭き取りにくく、ゴシゴシこすってしまうと赤ちゃんのおしりを傷つけて、おむつかぶれの原因になります。

もちろん、布おむつを濡らして使っても良いのですが、使いやすいおしりふきがあるとママも便利ですし、赤ちゃんにも有用です。おすすめは、水99%以上の厚手タイプです。

これは赤ちゃん・子ども関係なく日常生活でも欠かせなくなってしまいました。

布おむつに便利な物2.おむつライナー・使い捨てライナー

赤ちゃんが生後6か月を過ぎてうんちやおしっこの量が増えた場合は、布おむつとおしりの間に入れるおむつライナーを検討しても良いでしょう。

おむつライナーを使うと、大量のうんちやおしっこでも漏れる心配が減りますし、特にうんちのみはおむつライナーが受け止めてくれるので、布おむつの洗濯が楽になります。

通常は洗濯ができるおむつライナーを使えば良いのですが、外出する場合は使い捨てのライナーを用意しておくと荷物もかさばらず便利です。

布おむつに便利な物3.洗濯板

布おむつを手洗いをするときは、洗濯板がある方が数段便利です。特に選ぶ必要はないのですが、小さなハンディタイプだと1日20枚洗うのは手間なので、そこそこ大きなものが良いでしょう。

布おむつに便利な物4.酸素系漂白剤

布おむつは何度もうんちをすると黄ばみが目立つようになります。気になる場合は、酸素系酸素系を使って黄ばみを落としましょう。

特に何がおすすめということはありませんが、「ベビーホワイト」は人気がありますね。必ず酸素系の漂白剤を使ってください。

布おむつに便利な物5.ゴム手袋

ゴム手袋もあった方が良いと思います。「何当たり前のことを……。」と思うかもしれませんが、意外と20代のママは気にせずに素手で洗います。

でも、30代を過ぎると手荒れがひどくなるので、絶対に今からケアた方が良いと思いますよ、マジで……(^_^;)

赤ちゃんにもママの手がガサガサより、すべすべの方が絶対に良いですよね。特に冬場の夜中のおむつ替えの後は、手が水に濡れるだけで心まで寂しさを感じます……。

布おむつの洗い方・酵素系漂白剤の使い方

では、最後に簡単に布おむつの洗い方を説明したいと思います。

通常の布おむつの洗い方

布おむつの洗い方
1.おしっこ用のバケツに2リットルほど水を入れ、重曹も入れておきます
2.重曹は水2リットルに対して約15グラムを入れて軽くかき混ぜます
3.おむつ交換でおしっこだけのおむつは流水で軽く流してバケツに入れます
4.うんちをしたおむつはトイレでうんちを流し、強めの流水で流します
5.うんち用のバケツにぬるま湯を入れて重曹を溶かしてからおむつを入れます
6.うんちが何回か出た場合はその度にぬるま湯を足すと汚れが落ちやすくなります
7.朝まで浸け置きをして、まとめて洗濯板で汚れを落とします
8.洗濯機でまとめて洗います

うんちの量が増えてきた場合は、赤ちゃん用洗濯洗剤をバケツにいれて浸け置きしておきましょう。その場合は、水4-5リットルに対して、カップ1/2ほどの赤ちゃん用洗濯洗剤をバケツに入れます。

漂白剤での布おむつの洗い方

漂白剤で布おむつの洗い方
1.汚れが気になる布おむつをバケツの中に入れます
2.40度のお湯2リットルに酵素系漂白剤を15グラム入れます
3.20-30分ほど浸け置きした後に、洗濯機に布おむつを流し込み、洗剤を入れずに洗います

成形おむつは布の目地の中に汚れや色素が詰まりやすいため、何度か繰り返し洗うことをおすすめします。

息子と娘は紙おむつ

さて、ここまで布おむつの説明をしてきましたが、実はうちの息子と娘は紙おむつオンリーで育てました。

ただ、布おむつは20代前半でかなり使っていました。というのも、わたしは職業柄、20歳過ぎで布おむつを毎日洗って、未就園児たちのおむつ交換をしていたからです。

そして、その経験があったため「よし!うちの子も布おむつにしよう!」とはならず、「……面倒だから、紙おむつだな……。」という決断をしました。

まぁ、紙おむつを選ぶか、布おむつを選ぶかは好みや家庭環境も関係するので、好きな方を選んでください。布おむつと紙おむつの比較は、以下を参考にしてください。

紙おむつと布おむつ徹底比較!使用枚数、費用、メリットデメリット

ただ、たまに布おむつじゃないと赤ちゃんが可哀想、紙おむつを使うのは育児の手抜きだという強迫観念を持っているママに会うこともあります。

紙おむつには紙おむつの良さがあり、布おむつには布おむつの良さがあります。どちらのおむつを使っていても、“育児の作業”に必死になって子どもと向き合えなければ意味がありません

どのような理由でどちらのおむつを使っていても育児は大変ですし、子どもを育て上げることは、それだけで十分尊敬されるべきことだと思いますよ。

記事のURLとタイトルをコピー