子どもがあいさつしない・できない理由は?させる方法は?

c648b57c292d9bc0dcd0f87b028133d7

この記事の読了時間は約 5 分です。

子どもがあいさつしないんだけど…

「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」など家族と交わすあいさつだけでなく、近所などさまざまな場所でする「こんにちは」「さようなら」など、あいさつにはたくさんの種類があります。

育児で最も大切なことは子どもとコミュニケーションを取ることですが、わたしはその根幹にある要素が「あいさつ」だと思っています。

もちろん、親なら誰でも「元気にあいさつができる子になって欲しい!」と思いますが、子どもにとってあいさつは難しいことですし、大人でも感情によって面倒と思う場合があります。

そのため、いつの間にかあいさつがおざなりになってしまうこともあるでしょう。もしかしたら、子どもがおはよう・おやすみを言わないことに、「そんなこともある。仕方がない。」と容認しているかもしれません。

でも、それは良いこととは言えません。平成22年3月の内閣府の調査によると、子どもの朝のあいさつの有無と非行には相関関係が見られます。

bac937497e7f845e8bf1499fa7f8dcf5

出典|非行原因に関する総合的研究調査|内閣府

この調査からは、非行少年だからあいさつをしないのか、あいさつをしないから非行の素養を持つのかはわかりませんが、非行少年が朝のあいさつをしない割合は顕著です。そのため、あいさつをしないことが常態化してはいけないのです。

では、子どもがあいさつをしない理由とは何でしょうか。どうすれば、子どもはあいさつをするようになるでしょうか。

今回は、子どもがあいさつしないをしない理由と自然にあいさつをさせる方法についてお話したいと思います。

子どもがあいさつをしない理由

子どもは4-5歳になると、保育園や習い事、近所など様々な場所であいさつをする機会が生まれます。そこで、ママが「ほら、あいさつは?」と言ってもなかなかできない子もいますね。

子どもがあいさつをしない・できないことには理由があります。

1.人見知りをしてしまうため

人見知りが強い子や恥ずかしがりやの子の場合、初めて会った人やよく知らない人にはあいさつができないことがあります。

2.場所見知りをしてしまうため

初めて行った場所や悪い思い出がある場所に行くと萎縮してしまい、言葉がうまく話せない子もいます。

3.叱られた後など情緒不安定のため

子どもは、叱られた後などに拗ねてしまったり、感情が整理できないとあいさつできない場合があります。これは大人でもよくあることです。

4.あいさつする気分ではないため

まだあいさつが習慣化していない子どもは、その時の気分によって何となくあいさつをしたくないという場合もあります。

5.他の楽しいことに集中しているため

子どもはお友だちと遊んでいたり、好きなテレビ番組を見ていると、他のことが全く頭に入らないことがあります。そのようなときは、声掛けをしても何も反応がありません……。

子どもが自然にあいさつできる方法

では、どうすれば子どもが自分からあいさつできるようになるのでしょうか。

1.親があいさつする姿を見せる

小さな子どもにとって親の行動は全ての基本です。そのため、親がいつでも・どんなときでもあいさつをしていなければ、あいさつをしなくても良い場合があると子どもが学んでしまいます。

そのため、たとえ夫婦間でも「ありがとう」「ごめんなさい」を言い合える関係を子どもに見せ続けましょう。

2.常にあいさつが大切だと伝える

交通ルールを教えたり、電車・バスのマナーを教えることと同じように、「あいさつは大切なことだから必ずする。」と教えましょう。

ここでは特に「なぜ大切なのか」の理由は必要ありません。あいさつをすることはルールだということを徹底して伝えれば良いでしょう。

3.自発的なあいさつを待つ

子どもは、つい「おはよう」「おやすみ」「いってきます」「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」などを言い忘れてしまいます。

そんなときは、子どもに注意を促し、あいさつを忘れていることを理解させ、子どもの自発的なあいさつを待ちましょう。

4.いっしょにあいさつするよう促す

叱られた後など子どもが気分によってあいさつできない場合、初めて会う人に恥ずかしくてあいさつができない場合は、親がいっしょにあいさつをしてあげましょう。

特に叱られた後の子どもは、様々な感情であいさつできないことがあるため、夫婦のうち叱っていない方が子どもといっしょにあいさつすることを促すと良いでしょう。

5.あいさつができたらもちろん褒める

あいさつを忘れていた子ども、気分によってあいさつしなかった子どもがあいさつをした場合は、もちろん子どもを褒めます。大げさに褒めることは大切なことです。

6.あいさつをしなくても叱らない

子どもがあいさつをしなくても突発的に叱らず、「待つ」「促す」「いっしょにする」を心がけます。あいさつは、人のコミュニケーションの基本です。そのため、基本のあいさつ自体に嫌なイメージを持たせないようにしましょう。

7.習慣になるまで徹底的に続ける

よる寝る前に歯を磨いて、トイレに行ってから寝るように、あいさつが自然にできる習慣になるまでは、あいさつしないことを容認しないで徹底的に続けるようにしましょう。

あいさつは一生かけて身につけるもの

子どもがしっかりあいさつできないと、イライラする親もいると思います。ただ、あいさつは、教えてもすぐに身につくものではありません。

なぜなら、あいさつの種類は膨大にあり、時間や状況によって使い分ける判断が必要な難しい行為だからです。そのため、パパやママにとって当たり前のあいさつを子どもがすぐにできないからといって、「なぜできないんだ!!」と叱るのはエゴです。

ちなみに、しらべぇが20-60代男女1671名に行ったアンケート調査によると、家族内であいさつをする人の方が生活満足度が高いことがわかります。

3a4f695a458cb0ac0aceaa2eb13ac2dd1-600x323

出典|【驚きの効果も判明】〇割いる「家族にあいさつはしない」派の理由とは? – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

大人になってもあいさつができない人はたくさんおり、それが生活満足度に影響を及ぼすと理解できれば、地道に時間をかけてあいさつを身につけさせた方が、将来子どもが幸せになる可能性が高くなることも理解できるはずです。

ちなみに、子どものあいさつ教育は、言葉が通じない赤ちゃんのときから「語りかけ」の一環として行ないます。パパやママの習慣化のために、妊娠中のお腹に語りかけの練習をしても良いですね。

赤ちゃんの言葉の理解が早くなる!聞き取りやすい語りかけ方とは

子どもにあいさつの大切さを教える、あいさつ自体に楽しいイメージを持ってもらうように動画を活用しても良いでしょう。

子どもの正しい言葉遣いはあいさつから!あいさつの歌・動画5選

記事のURLとタイトルをコピー